2013年06月08日

日本の食材を世界にと、安倍総理がトップセールス、「江戸東京野菜」も大統領の口に!!


フランスのフランシス・オランド大統領が6日夜、国賓として日本を訪れた。
安倍晋三総理は首脳どうしの信頼関係を築きたいと非公式の夕食会を共にした。
フランス大統領が国賓として日本を訪れるのは17年ぶりで、3人目となると云う。



キャプチャ4.JPG


上の写真をクリックすると在日フランス大使館にリンクする。
オランド大統領は7日、天皇皇后両陛下による公式歓迎行事に出席したあと、安倍総理と会談、共同記者会見に臨んだ。

また、昼食の模様は、当ブログ告知でご案内したTBSテレビ「Nスタ」で報道され、食材として江戸東京野菜が料理され、生産者・木村重佳さんが紹介された。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2013年04月18日

「子どもたちに笑顔を!  特別メニュー」の案内をいただいていた。


第5回「子どもたちに笑顔を! 」プロジェクトで、仙台市立東宮城野小学校で荒浜小学校の生徒さんたちに会ってきたことは、当ブログで紹介したが、



1-1キャプチャwe.JPG


上の写真をクリツクする
三國シェフの「子どもたちに笑顔を! 復興支援プロジェクトの報告」が先月届いた。
2012年3月1日〜2013年2月28日の、寄付金で各小学校の希望するものを贈られたと、一覧表が掲載されていた。

プロジェクトでは「子どもたちに笑顔を!  特別メニュー」を用意していたので、伺わなくてはと思っていたが、先日皆さんの日程調整が付いたので伺った。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2013年03月21日

TBSラジオ20日、「JA全農プレゼンツ・田中雄介の食卓応援隊」で今が旬の亀戸大根が紹介された。


20日(春分の日)18時より、TBSラジオ「JA全農プレゼンツ・田中雄介の食卓応援隊」で、『江戸東京野菜』をテーマに、〜守り継がれる味 江戸東京野菜〜が、1時間の特別番組で放送されることは、当ブログで紹介したが、楽しみにしていた番組が放送されました。



130320-03.jpg

上の写真をクリックすると番組ブログへ
私の話は、上手に鋏を入れていただいたので、テンションが上がった話題で次につながった。

続いて、江戸川の木村重佳さんは、亀戸大根から農業を学んだと、そして亀戸大根に感謝だとも・・・。

第二亀戸小学校の生徒さんたちは、栽培の経験をもとに、地元の野菜への愛着を一人一人が語ってくれた。
また、亀戸大根から地元の歴史文化も学んでいる。

三國清三シェフは、東京の農業は野菜栽培に一番向いている土壌だと、亀戸大根を例にとって説明。近くにあるから鮮度抜群なんだ、と・・・・。
テーブルに置いてあった、亀戸大根をかじって・・・・・、そこからレシピがわいてきたと、亀戸大根ドレッシングを紹介した。

そして番組は、田中雄介さん宅のキッチンに場所を移して、亀戸大根のお料理。

始めは、三國シェフに習った、亀戸大根のおろしにオリーブオイルに粒マスタードなどを入れたドレッシングを作り、マグロと絡めて食べるというもの、亀戸大根の香りがいいなど、美味しい会話が続いた。

次に、木村さんお勧めのペペロンチーノは、葉っぱの苦みがい、と二人の会話を聞いていると食べたくなる。
亀戸大根は、和洋中カテゴリーを選ばない。で締めてくれた。

木村アナが、「地域おこしばかりか、食は文化だから、伝統野菜の江戸東京野菜は守っていかなければいけないと思った。」と・・・

チーフディレクターの植木和代さんからは「色々と取材をして改めて江戸東京野菜は、人を、地域を元気にする力があると感じました。」と、メールが来ていたが、素晴らしい番組に仕上がった。

田中雄介さん、木村郁美アナ、そして植木さん、ありがとうございました。




posted by 大竹道茂 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2013年03月06日

第5回「子ども達に笑顔を!」プロジェクト、宮城県仙台市の東宮城野小学校へ


2011年6月、いち早く東日本大震災復興支援活動を実施した三國清三シェフをはじめとする日本フランス料理技術組合と東急グループの取り組みは、今回で第5回を迎えた。

第4回の気仙沼で初めてお手伝いをさせていただいたが、個人的にも得るものが大きかった。

今回のプロジェクトは、初めての仙台市で、同市立東宮城野小学校(千葉龍正校長) を訪ねた。
同校は被災は免れたが、同校の校舎で大きな被害を受けた仙台市立荒浜小学校(川村孝夫校長) の授業が行われている。



1-1mikunin1.jpg


上の写真をクリックする
3日の23時に、「子ども達に笑顔を!」プロジェクトは、赤坂エクセルホテル東急をバス2台で出発、日の出前に被災地域に到着した、除塩作業が終わったところから新たな土が盛られていた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2013年02月27日

「羽鳥冬子さんと三國清三シェフのコラボレートチャリティーランチ」に招かれた。


アロマテラピーインストラクターの羽鳥冬子さんから久々に、メールをいただいた。
昨年の11月、東京国立近代美術館内にできた「ラー・エ・ミクニ」のオープニング、レセプションでお見かけしたが、会場が混み合っていたので、挨拶はできなかった。
お話ししたのは、一昨年の11月に「アロマテラピー使い切り・組み合わせ事典」を出版したときにお会いして以来だ。

その後、2012年6月には 「手作り石けんと化粧品で ナチュラルスキンケアきほんBOOK」(マイナビ出版)を、出版するなど精力的にお仕事をされている。

メールには、昨年、「三國シェフと羽鳥冬子のコラボランチ」のイベントを3回開催し、今年も2月、7月、10月に開催が決定したそうで、私が三國シェフをご紹介したご縁で、2月26日のチャリティーランチにお誘いを受けたもの。



1-1064.jpg

毎回、テーマを変えて、楽しんでいただいているとのことだが、今回は、「美味しく楽しくヘルシーライフ」をテーマに、健康的な食生活と体内時計の関係について、話された。上の写真をクリックする

改めて体内時計を意識することで、女性は美しく、我々は老化防止になるという。
朝昼晩の食事の大切さを、切り口を変えてわかりやすく教えていただいた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2013年02月20日

都市大学付属小学校4年生の 第11回 ミクニレッスン 調理実習。


4年生の桜組、桐組が野菜の収穫作業を行ったが、10時30分から桜組の調理実習が、ミクニレッスンをプロデュースしている松木直也氏(株・豆豆社代表)の進行で始まった。

三國シェフから生徒たちに、前回の授業で作り方のテキストを渡しましたが、みんなちゃんと予習をしてきましたか!。に、元気な声で 「ハァーイ。」



1-1029.jpg


上の写真をクリツクする。
「今日は、皆さんのご父兄もいらっしゃいますので、みんないい所を見せて、頑張ろう!。
今日は、大勢のシェフの先生が応援に駆け付けてくれています」と、シェフのみなさんを紹介。
サービスのプロ、檜垣依子さん、岡本孝一さんも見えていた。
続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2013年02月19日

東京都市大学付属小学校4年生の「三國レッスン」調理実習に先立ち行われた、サラダ用野菜の収穫作業。


東京・世田谷にある東京都市大学付属小学校(重永睦夫校長)の4年生が受講している、「三國レッスン」。
中でも生徒たちが一番楽しみにしている、ハンバーグと野菜サラダの調理実習が2月18日、実施された。

調理実習に先立ち、桜組と桐組の収穫作業が行われたので、その様子を紹介する。


1-1016.jpg

収穫は桜組(池邉希世先生38名)、桐組(三輪洋資先生40名)の順に行った。
種まきをしたのは、11月12日で、当ブログで紹介しているが、あの日から64日を経過した。
この事を生徒に伝え、この時期に、2ヶ月で野菜が生育する大きさを確認させた。

前回、宮寺氏がタネが芽を出すのに必要な条件を教えたが、復習として覚えているか質問してみた。
「水」、「空気」、「適温」の答えが、ばらばらと出てきた。覚えていてくれた。
そして、さらに生育するに必要な条件の質問にも、「太陽の光」の声。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 01:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 三國シェフと江戸東京野菜

2012年11月15日

東京都市大学付属小学校での三國レッスンは、「秋の種まき、調理実習で使う野菜を育てよう!」


東京都市大学付属小学校(重永睦夫校長)での、2012年度 ミクニレッスンは、7月に伺って東京産の野菜についてお話ししたことは、当ブログで報告している。

今月の第7回ミクニレッスンは、今月12日(月)に、桜組(10:40〜11:20)と、桐組(11:30〜12:10)、の、2クラスで行なわれた。
今回のテーマは「秋の種まき、調理実習で使う野菜を育てよう!」 と云うもので、来年、2月18日調理実習のメニューに加えるサラダの材料を栽培しようと云うもの。

学校への道すがら、小雨が降っていたので、どうしたものかと思っていたが、10時半には雨も上がったので予定通り、菜園でタネ蒔きをすることになった。




1-1015.jpg

三國清三シェフは、各クラス毎に、
「みなさん、おはようございます。みんな元気だったかな?
今日は、ちょっと大事なお話があります。それは、来年の2月18日のミクニレッスンの授業で、みんな一緒にお料理をつくります。
メニューはみんなの大好きなハンバーグ、それからフレッシュサラダです。
今日は、そのときにサラダでつかう野菜のタネ蒔きをします。
みんなで育てて、美味しいサラダをつくります。」と生徒たちに語りかけた。

今回もゲスト講師として呼んでいたたいたが、栽培指導は昨年同様に小平の宮寺光政さんが招かれていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2012年11月11日

「とうきょう野菜試食交流会」がミクニマルノウチで開催される。


東京都では、「とうきょう特産食材使用店登録制度」を設けて今年で3年目になるが、

東京産の食材を使用する店も年々増えて、24年度60店が追加されて、トータル197店舗となった。
東京都とJA東京中央会では、都内産野菜を、飲食店菜と業者の皆さんに試食していただこうと、「ミクニマルノウチ」で交流会を開催するという。

同店では、2010年8月に、地産地消を推進する三國清三シェフの肝いりで、大手町、丸の内、有楽町等の飲食店代表者を招いて東京産の農林水産物の試食会を実施たが、このことは、当ブログで紹介している。




1-1キャプチャuhg.JPG




今回は、東京都とJA東京中央会が主催することで、江戸東京野菜の栽培農家を初め、地場産野菜の生産者やJA東京グループの代表者が、売り込む場になる。

15時からは、三國シェフを初め、農家、流通業者などが、地場産野菜・東京の野菜についてのショート講演も予定されている。

尚、参加には、事前の申し込みが必要で、上のチラシをクリックする





posted by 大竹道茂 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2012年11月07日

「東京の地産地消をアートする」ラ・エ・ミクニが東京国立近代美術館内にオープンした。


東京国立近代美術館内に、フランス料理レストラン 「ラー・エ・ミクニ」が今年の10月16日より開業していた。
三國清三シェフが長年の夢だった「芸術と料理」というテーマを「l’art et Mikuni」が具現化する場で、東京国立近代美術館という理想的なステージにおいて開業することができたとして、オープニング レセプション パーティの案内状をいただいた。

「食を文化に発長させるためのメッセージを発信していく」という思いと、「東京の地産地消をアートする」というコンセプトのもとスタッフ共々全身全霊で頑張る所存です。」とあり、ミクニ マルノウチともども江戸東京野菜を初め、東京の食材にこだわっていただけるようで、ありがたい。



1-1mikuni (2).jpg

パーティは、17時から、熊倉正幸支配人の進行で、
ラー・エ・ミクニのオーナー三國シェフが挨拶に立ち、一流の冗談で出席者を和ませたが、近くにいた、服部幸應先生に声をかけて、しばらく面白いトークショー。

次に、加茂川幸夫(独立行政法人国立美術館東京国立近代美術館館長・写真右)が、今年で同美術館開館60周年の年に、三國シェフの店を招くことができたと喜びの挨拶があった。

上の写真をクリックする
引き続き、乾杯は三國シェフの予定だったが、前の方にいた、辰巳琢郎氏の腕をつかんで強引に引っ張りだした。「聞いてないですよ」「前もって言っておいてくださいよ」と、抗議する辰巳氏に、会場は笑いの渦。
三國シェフはそれを無視して・・・、
根負けした辰巳氏は三國さんとは女性の好みが一緒だから・・・と、楽しいトークに続いて無事乾杯となった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2012年10月26日

気仙沼の唐桑小学校で三國シェフの「第4回 子どもたちに笑顔を! プロジェクト」が開催された。


三國清三シェフが東京都市大学付属小学校で食育の授業「三國レッスン」を実施していて、お手伝いをさせていただいていることは当ブログで紹介している。

三國シェフが、気仙沼のホヤ大使に任命されていて、食育を通して支援活動をされていることは、報道で知っていたので、次回はお手伝いさせていただけないかとお願いしていた。

10月22日に、気仙沼市立唐桑小学校で「第4回 子どもたちに笑顔を! プロジェクト」が開催されると云うので、NPO法人 子どもの食育推進協会理事の立場で、メンバーに加えていただいた。



1-1082.jpg
元全日本バレーボール選手大山加奈さんも生徒と一緒に・・・

三國シェフは、フランスのシェフ達がスローフードの考えをもとに始めた、味覚の教育を日本に取り入れ、1998年にNHK-TVの「 課外授業ようこそ先輩」で母校の増毛町立舎熊小学校で後輩たちに、地元の食材の素晴らしさを教えている。

2000年には、「キッズ゜シェフ」をスタートさせ、気仙沼市立階上(はしがみ)小学校へも行っている。
さらに、2002年からは「気仙沼プチシェフ コンテスト」を始めた。
2011年は第10回の記念の年だったが、3.11震災が発生した事で、コンテストは延期となった。

三國シェフは、「子どもたちを元気にしよう」と日本フランス料理技術組合と、東急グループの協力を得て、同年 6月6日 以前何度か訪れた階上小学校で「第1回 子どもたちに笑顔を! プロジェクト」を実施した。

その後、10月31日には 宮城県の女川町立女川第一、第二、第四小学校で、また、今年の3月 5日には、福島県のいわき市立磐崎小学校で開催し、今回は第4回として、唐桑小学校で開催されたもの。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2012年09月22日

村上信夫総料理長が書いた「帝国ホテル厨房物語」に、若き日の三國清三シェフを見た。


「地元野菜の魅力再発見」をテーマに、先日「野菜の日」に三國清三シェフとのトーク企画があった

これまで、何回か三國シェフの料理人人生の話をお聞きしたが、苦労された話をシェフ一流のウイットに富んだ話術で話すものだから、いつもつい引き込まれてしまう。




0007.jpg

三國シェフは、幾つもの人生の分岐点を、ポジティブに、不屈の精神で我が道を切り開いてきた。

家庭の事情で高校に行けず、札幌で住み込みの丁稚生活でハンバークと出会う。

札幌一のハンバーグを作りたいと、奇襲作戦で札幌グランドホテルに採用される。

神様・村上信夫シェフを頼って、帝国ホテルにパートで勤める。

そして、20歳のパートが、村上総料理長の推薦でスイスの日本大使館付き料理長にと、挫折しどん底から、大きく飛躍するチャンスを得た。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2012年09月02日

野菜の日 「地元野菜の魅力を再発見 !」農業・農村ギャラリーで開催。


野菜の日のイベントとして、農協観光の提案を、全中の「みんなのよい食プロジェクト」が採用して、三國清三シェフとのトークショーが実現した。
野菜の日のイベントは、全国各地で様々な企画のイベントが行われたが、農業・農村・国産農畜産物の魅力点情報を発信する、大手町のJAビル4階「農業・農村ギャラリー」では、地元野菜の魅力を再発見!が行われた。


1-1009.jpg

上の写真をクリックする
このイベントのご案内は、当ブログで紹介している。

前田健喜課長(JA全中広報部よい食プロジェクト推進課)の司会進行でスタートした。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2012年08月18日

猛暑の中、「野菜の日」の打ち合わせに、三國シェフを訪ねる。


日本列島が高気圧に覆われて猛暑日になった。
一昨年の猛暑日に、オテル・ドゥ・ミクニで「東京の地産地消」というランチセミナーがあった。

その時、迎賓館赤坂離宮前の公園の水場で、暑さをしのぐために、雀が水浴びをしていた。

再び、四ツ谷駅に降り立ち、オテル・ドゥ・ミクニに向かったが、少し早かったのであの日のことを思い出して、遠回りをして公園に寄ってみた。



1-1001.jpg


上の写真をクリツクする。いたいた、!。
あの日と同じように、何羽もが飛んできては水浴びして飛び立つ、
そんなところをしばらく見ていた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2012年07月14日

7月13日のNHK総合テレビ「キッチンが走る!」は、「料理人のひらめきはこう走る!」だった。


かねてから案内してきた、三國清三シェフの「キッチンが走る!」(13日)は、今年2月3日に放送された「冬の山里でフレンチ巨匠が渾身料理! 」が、好評だったことから、



1-1キャプチャ.JPG
上の写真をクリツクするとリンクする


特別篇として、食材を手にして料理人はどのように゜新しい料理を考え出すのかを、「料理人のひらめきはこう走る!」として、2月3日の放送内容をリニュアルしたもので、三國清三語録は、味わいがあった。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2012年07月13日

「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2012」のレセプションでアランデュカス氏にお会いした。


「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク 2012」のプレス発表が11日、港区南麻布のフランス大使館で行われ、引き続きレセプションが大使公邸で開催された。

「フランス レストランウィーク」は昨年に続いて2回目の開催で、昨年は関東及び関西の限定されたレストラン322店に、25千人のお客さんが足を運んだ。

今年は"フランス料理で日本を元気に!"エリアを全国に拡大し、期間も2週間に延長するとしている



1-1032.jpg


開会にあたって、駐日フランス大使のクリスチャン・マセ氏が挨拶に立ったが、
フランスで開催している「コレージュ・キュリネール・ド・フランス」の代表である、アラン・デュカス氏を特別なお客様として紹介した。

アラン・デュカス氏は、史上最年少で3つ星を獲得したモナコ国籍のシェフで、世界各国でレストランを経営している。

上の写真をクリツクする
クリスチャン・マセ大使及びスポンサーのファブリス・ルノー氏が挨拶を行った。

大使公邸には、約300名(内メディア130名)が招かれてた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2012年07月11日

東京都市大学付属小学校の 4年生を対象にした「ミクニレッスン」は東京の野菜。


今年も東京都市大学付属小学校( 重永睦夫校長 )の 4年生を対象に三國清三シェフの「ミクニレッスン」が開催された。

三國シェフは日頃から地産地消を推進していて、同校で開催される「ミクニレッスン」では東京の野菜にこだわっていただいている。

昨年同様、7月のレッスンは、同校のある東京の地場野菜について勉強する時間で、今年も特別講師として招かれた。



1-1キャプチャ.JPG

授業の1時間前に同校に集合し、同レッスンを仕切っている松木直也氏から授業の流れについて説明を受けた。

上の写真をクリックする
10時から桜組 (担任池邉希世先生) 38名、11時から桐組(担任三輪洋資先生)39名にご父兄73名が参加された。
昨年同様の流れだったが、今回は昨年の経験を踏まえて「東京の野菜」のパワーポイントを作っていった。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2012年06月30日

朝日カルチャーセンターの講座「ミクニマルノウチ」で江戸東京野菜を食べる。


朝日カルチャーセンターが、実施している「美味しい野外講座」、今年から「江戸東京野菜」が加わり、年間の予定表が発表されたことは、当ブログでも紹介した。

この企画、フードコミュニケーションプランナーの佐野弥生子さんが企画したもので、 ミクニマルノウチで、江戸東京野菜の話を聞きながら食べるというものだ。

佐野さんには、これまでも何回か、江戸東京野菜の講座を開いていただいている。




1-10026.jpg

当初の予定では、三国清三シェフは、東京を離れているということだったが、開会の11時に、お馴染みのクツクコートで現れた。

講座の初めに、私から三國シェフを紹介させていただいたが、
シェフは、ミクニマルノウチをこの地にオープンしたいきさつ、地産地消、フードマイレージからも東京の食材にこだわっていることや、「江戸東京野菜」の魅力についてもお話しいただいた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2012年04月19日

新緑の中で「シェフおすすめの東京素材たっぷりなメニュー」を味わった


新緑の美しい季節になった。
先日、新聞社の人との打ち合わせでミクニマルノウチに招かれた。

街路樹も芽吹き、東京駅丸の内南口の三菱ビル前まで来ると、日の丸の観光バス・スカイバス乗り場には、3台のバスが、待機していて時間が来ると1台ごとに出発していった。

スカイバス東京は、途中下車なしで皇居一周の主要施設を巡る。所要時間45分だからその後の予定が立てやすいから、人気のコースだ。



1-1001.jpg

上の写真をクリツクする。
東京駅の「丸の内」側駅舎を、建設当時に復元する工事の覆いも取り払われ、6月のリニューアルオープンに向けて、わずかとなった。

ミクニマルノウチの二階から公園側にマロニエがあるが、柔らかい若葉の間から、花芽が伸びていた。ゴールデンウイークの頃には白い花をつけるだろう。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2012年03月24日

食の安全・安心セミナー「地産地消のすすめ」で三國清三シェフが語る。


東京都の農林水産部食料安全課が主催した食の安全安心セミナー「地産地消のすすめ」は当ブログでも紹介したが、会場は満席になった。

同課では食の安全・安心を確保するため、環境保全型農業を推進している。

農薬の適正使用の指導、残留農薬の検査、農薬と化学肥料を削減した農業の推進、生産情報を記録・情報も提供している。



1-1003.jpg

昨年からは、東京都産の農産物で地産地消を進めようと、都有地(八王子)で野菜をつくって学校給食に提供している。
また、東京の食材を利用しているレストラン等の飲食店を東京食材使用店として募集し、都のホームページやガイドブックで広く紹介している。

同課の平野直彦課長は、「食の安全・安心を広めていくには、生産者、消費者等、食に関わる様々な方法で情報交換を行い実践していくことが重要だ。

様々な方々の意見交換の場として食の安全・安心のシンポジウム「三國清三シェフを講師に迎えて「地産地消のすすめ」を開催した。」と語った。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜