2023年01月27日

拝島第二小学校の3年生が栽培した東京ベカ菜が給食に出された。


昭島市立拝島第二小学校(小瀬和彦校長)の3年生が江戸東京野菜の
東京ベカ菜を栽培しているが、今年になって学年主任の佐伯瞳教諭から
電話で、いつになったら収穫できるか、と聞かれた。

しばらく学校菜園を見ていなかったので見に行ったが、乾燥が
続いていたので生育は遅れていた。

青柳栄養士も葉をつまんで食べた様で、美味しいと云うので、19日
生徒達が生育している東京べか菜を選んで収穫したようだ。
同校は自校給食だから青柳栄養士の判断も早い。




1-1-5.JPG

上の画像をタップする
生徒たちは、収穫した東京ベカ菜の根を洗って、
調理のおばさんにコンテナを渡した。

収獲した東京べか菜をすぐ調理をしたことから、
みずみずしく、鮮度抜群!






2-1.JPG

上の画像をタップする
東京ベカナは、山東菜の若採りだから、非結球の白菜のようなもので
癖が無く、中華でもサラダでも美味しい。

イカの生姜焼き、ホイコーロー、中華コーンスープ、麦ごはん等で、
中華コーンスープで使われた。

生徒たちは、自分達が栽培した野菜を食べるのは初めてだったようだ。
posted by 大竹道茂 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2023年01月25日

練馬ダイコンと千住ネギで作った郷土料理の「すずしろ汁」に、小学生の人気NO1の「練馬スパゲティ」を調理した。


東京女子学院高学校(野口潔人校長)のフードカルチャーコースの2年生に対して、江戸東京野菜の栽培指導と、調理実習の協力を行ってきたが、先日フードカルチャーファームで、栽培していた練馬大根と千住ネギの収穫をしたことは紹介している。

練馬ダイコンと千住ネギで作った郷土料理の「すずしろ汁」に、
小学生の人気NO1の「練馬スパゲティ」を調理するという。

すずしろ汁は、JA東京あおばの大泉地区女性部が、16年前に第1回
練馬大根引っこ抜き大会の会場で振舞ったもので、その後、大会の
都度、選手や応援団に振舞っていることを紹介して、昨年2月に
初めて調理したが、
その時の大根は、大泉の村田農園が
栽培したものだったが、今年は同じ種で生徒たちが栽培したもの。

収獲した練馬大根は、保積栄理教諭が調理室の前に展示したから、
先生方を始め、全校生徒の目に触れ、皆さん驚かれたという。






1-1.JPG

野口校長は、時々調理室に来て、生徒たちを励ましているが、
今回も顔を出されたので、写真を撮らせていただいた。
この写真は、同校の校長ブログに「満点☆レストラン TJG版
FCコースの授業一コマ、として掲載されている。

上の画像をタップする
収獲した練馬大根は、十分に畑が耕されていなかったので
大きく曲がったものも収穫されたが、保積先生は、生徒達
が作ったので大切な赤ちゃんを抱くように持たれた。

収獲した千住ネギも、根深ネギになっていて
すずしろ汁にも十分使える。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2023年01月24日

杉並区立松の木小学校の学校公開日に、江戸東京野菜の出前授業を行った。


杉並区立松の木小学校の浅野奈穂子養護教諭から電話を頂いた。
年が明けてから3年生の社会科で、自分達の住んでいる町や
地区での農業の様子について学ぶことから、
江戸東京野菜の話を聞きたいという。

杉並と云うと2014年に教育委員会から招かれているが、昔の話しだ。

浅野教諭の電話に先立って、協会の松嶋あおい理事から浅野教諭が
出前授業を頼みたいと云うので、電話番号を教えたと聞いていた。

そもそもは、浅野教諭が小金井市立東小学校時代の
同僚島崎聡子栄養教諭に、江戸東京野菜の講師を相談したら、
松嶋理事を紹介されたという。

松嶋理事とは同じ小金井の子供会で、一緒に活動をされたこともあり、
話がつながった。





1-1.JPG

小金井市の島崎栄養教諭は、コンシェルジュ2期で、小金井市の栄養士
に対して勉強会を開催してくれたこともあったし、
2014年には松嶋理事も講師として、度々島崎栄養教諭に招かれていた。

今回も松嶋理事で良かったと思うが、松嶋理事から地元と違って
杉並区と云う事もありと、話は回ってきた。

上の画像をタップする
同校からお話が合った後、杉並図書館で写真などを探したが、

杉並の名は、かつて杉丸太を販売していた歴史がある。
同校の辺りは松の木が生い茂っていたことから
豊多摩郡和田堀町大字和田字松の木、の地名が付いていた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2023年01月22日

東京女子学院高等学校のフードカルチャーファームで、練馬大根と千住ネギの収穫が行われた。


昨年の11月以来、今年になって初めて、
私立東京女子学院高等学校のフードカルチャーファームで
江戸東京野菜を収穫すると、保積栄理教諭からメールをもらった。

収獲する野菜は、練馬大根と千住ネギで、日を改めて23日には、
すずしろ汁をつくるという。

21日の収穫には、先約があったので、私も栽培指導をしている
渡邉和嘉さんも行けなかったので、様子だけは後で教えて下さいと
お願いしていたので、写真を撮って送って頂いた。





1-1.JPG

練馬で、練馬大根を栽培している農家では、収穫は12月中に行われ、
沢庵にする分は干し大根にして、漬け込みも終わっているが、
同校では生育が遅れていたので昨日の収穫となったもの。

上の画像をタップする収穫した練馬大根と千住ネギ。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2023年01月12日

拝島第二小学校の3年生が栽培する、東京べか菜は収穫を間近にしていた。


拝島第二小学校から3年振りに出前授業の依頼が来たのは9月だった。

一昨年から昭島市立の小学校では、江戸東京野菜の授業が始まり
昭島市中神小学校が、拝島ねぎの復活栽培を始めたのに続いて、

光華小学校は9月になって、江戸東京野菜の金町コカブと品川カブの
栽培を始め、拝島第二小学校でも9月末から、東京べか菜の栽培を
始め、拝島ネギについては、播種の時期が遅いと云う事で、
中神小学校の余った苗を分けて頂いて定植をしている。





1-1--.JPG

拝島第二小学校3年担任の佐伯薫教諭から、10日に電話を頂いた。
東京べか菜は、いつ頃収穫ができるかというので、
早速、生育状況を見に同校に伺った。

昨年の11月に様子を見に行って以来、見に行っていなかった。

この所、20日も雨が降らす、乾燥した日々が続いていたのと、菜園が
南向きで校舎に当たった風が舞うものだから、ネットの中を吹き抜けて
乾燥し、水不足で下葉が黄ばんでいた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2022年12月28日

昭島市立光華小学校の5年生から、かぶパーティーに招かれた。


昭島市立光華小の5年生に江戸東京野菜のカブ栽培をさせたいという
眞砂野裕校長に、金町コカブと品川カブを推薦したのは6月で、
その後出前授業を行っている。

拝島ネギ生産者の井上泰男さんの指導で播種が行われていて、

その後順調な生育を見せていた。

西本幸子栄養士から、カブの栄養価の話や調理について学んでいる。

調理実習では、美味しく出来たことから、生徒たちは意欲が高まり、
その喜びを誰かに伝えたくなってしまうほどだという。

伴野美春教諭のメールには
子供たちは「大竹さんにも食べさせたい!井上さんにも食べさせたい!
家族にも食べさせたい」と次のステップに向けて進み始めています。



1-1.JPG

一部、調理のために収穫されたトンネルには、
金町コカブと品川カブがまだたくさん残っていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2022年12月16日

第一亀戸小学校の出前授業は、3年生3クラスで3時間、楽しく話してきた。


第二亀戸小学校に11月11日に伺った後に、
第一亀戸小、水神小、浅間堅川小に、電話でそろそろ亀戸大根の
播種の準備をするように伝えていたが、11月末に、第一亀戸小
(関哲也校長)3年の担任岡山結衣教諭からメールをいただいた。

12月中旬で何日か書いてあって13日に伺った。
授業は3クラスあり、クラス毎にお願いしたいというが、
スクリーンよりモニターの方が映像がはっきりするので了解した。





1-1-.JPG

授業では、亀戸地区の歴史から入り、
亀戸の名の起りについて話した。

上の画像をタップする
生徒達は調べ学習で、自分も知っていることも在ったろうが、
初めて聞くようなことは、必ずメモを取るように生徒に
伝えているので、生徒達は盛んにメモを取っていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2022年12月05日

昭島市立光華小学校 5年が栽培中の金町コカブと品川カブの調理実習が行われた。


光華小学校(眞砂野裕校長) 5年担任の伴野美春教諭から
写真添付のメールをいただいた。

市立福島中学と昭和中学を指導している西本幸子栄養士は、
光華小学校の5年生が栽培しているカブについて、栄養士の立場から
授業をされたことは、紹介した。




1-1.JPG

上の画像をタップする。
収穫はどの様にしたのか、聞かなかったが、各クラスとも、担当が
決められていて、「レシピ課」の生徒が収獲してきたのだろう。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2022年12月02日

江東区立香取小学校の3年生が、亀戸大根の収穫を行った。


江東区立香取小学校の3年生が取り組んだ、亀戸大根の収穫が
先週の金曜日に行われたと堂前大貴先生から写真添付の
メールをいただいた。

11日に第一亀戸小学校に行ったので、
帰りに香取小学校に寄ってみたことは、紹介した。

その後、水をやって元気を取り戻したことから、
25日(金)に収穫を行ったという。



1-1.JPG

3年生が屋上に集合して、自分のペットボトルから、亀戸大根を
収穫するにあたり、土がこぼれてもいいように、
菜園にペットボトルの土をこぼして、
亀戸大根を収穫したという。

上の画像をタップする
堂前教諭のメールには、
「大きさや形に差はあれど、全ての児童が大根を
収穫することが出来ました。」とあった。

確かに、30aの亀戸ダイコンが収穫された。
収穫されたダイコンは、生徒が自宅に持ち帰ったようだ。

更にメールには
「奉納のため、また冬に種を植えて同様に作ってみようと
思います」とあったが、

例年、福分けまつり用には、環境委員会がプランターで
栽培していたが、プランターではそこが浅いから
こんな立派な大根は出来なかった。
ペットボトル栽培は、環境委員会から評価されたようだ。

これから寒さに向かうことから、
そろそろ蒔かないと間に合わない。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2022年11月28日

東京女子学院FCコースの調理実習は内藤カボチャのプリン。


東京女子学院のフードカルチャー(FC)コースのお手伝いを初めて
2年目、今年も江戸東京野菜の栽培を行なってきた。

調理でも、東京産野菜として檜原特産のルバーブを取り寄せて
調理したのを始め、料理人から学ぶ授業として、フレンチの
三國清三シェフに来ていただいてのミクニレツスンの導入

今回は、菜園で収穫した「内藤カボチャ」の調理授業が行われた。






1-1.JPG

同校の玄関は、クリスマスの人形や花でディスプレーされていて、

上の画像をタップする
玄関からの廊下には、ポインセチアの鉢植えが並べられていた。
調理室の入り口には、前回の三國シェフのサインが飾ってあった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2022年11月24日

杉並の小学校から、杉並の農業の授業を依頼されているので、図書館に立寄った。


先日、杉並区立小学校の3年担任の教諭から、
杉並の農業について授業を依頼された

これまで、杉並区では都立農芸高校の農芸フォーラムと、
日本学校農業クラブ全国大会の首都圏大会で
また、NPO法人すぎなみ環境ネットワークで環境講座として、
最近では、成田西ふれあい農業公園で、
江戸東京野菜の話をしたことがあったが、小学校はなかった。

3年生の授業では、江戸東京野菜の話の前に、杉並の歴史的な事も
話す必要があることから、調べておこうと思っていたが、

丁度、目黒に行く用事があったので、帰りに荻窪で下車して、
杉並区立中央図書館に立寄った。




1-1--.JPG

荻窪駅から10分ほどの所に、杉並区立中央図書館があった。

杉並に設置した”江戸東京の農業説明板” には「井荻ウド」
高井戸節成キュウリ」、「クリの豊多摩早生」が設置してあります。

投機性の強い「藍」の栽培も井草や高円寺で栽培されていた。

大正12年の関東大震災後、下町の被災者等が移転してきた。

「杉並の各村には、大正の頃まで窪地や川沿いの斜面に杉林が
多くみられ、杉丸太の販売を産業としていた」という。

高井戸の名門内藤家の杉林や畑は、栗林に変貌し井の頭線の
高井戸駅のホームから望むことができる。

杉並の名は、明治22年町村制が施行され、阿佐ヶ谷、天沼、
馬橋、高円寺、田端、成宗の6か村の合併時に、当時の郡長が
あまり知られていない「字名」に「杉並」と付くところがあり、
各村の代表も自村名にこだわらず納得して
「杉並村」が生まれた。





続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2022年11月15日

今年も、香取神社の福分けまつりに向けて、第二亀戸小学校の4年生の授業に招かれて伺った。


江東区立第二亀戸小学校(小野春彦校長)の4年生の
授業に招かれて伺った。
二亀小には、開校100周年祭の頃から伺っている。

今回は、昨年伺った折に、同じ4年生の担任だった浦山聰先生で、
昨年同様に、亀戸香取神社で行われる “福分けまつり” に奉納する
亀戸大根の話と、地元の「亀戸」の話を依頼されていた。

11日(金)の午後からと云うので、昼前に亀戸に着いたので、亀戸の
駅ビル「アトレ」に電話して、今年も播種したと云う「亀戸大根」
の栽培の様子を見てきたが、このことは当ブログで紹介した。




1-1.JPG

授業は、午後一番の12時45分に体育館に100数名の生徒が集まった。
体育館だとスクリーンに映る画像が周りの明るさで、映りが悪くなる
ので、クラスごとにモニターで見せているが、
今回は3クラスもあるから、体育館となった。

亀戸の西暦650年頃の話、亀戸は亀の甲羅のような形をした
亀島という島だった。から始めた。

島は、上流から流れてくる土砂が永年堆積して、
亀島と陸地がつながった。
亀島には、美味しい水が湧く井戸があった。

亀島の井戸から亀井戸と呼ばれた。

上の画像をタップする
また、亀戸大根のことも、
亀戸大根を地元では、おかめ大根とか、お多福大根と
呼ばれていました。
亀戸の人は、愛称で呼んでいたわけだが、なぜお多福か、
おかめかを映像で見せたが、
それは、大根の葉先がおかめのシルエットに似ているからで、
その葉をオカメッパとも呼んでいた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2022年11月11日

拝島第二小学校の3年生が栽培している江戸東京野菜のトンネルを張り直してきた。


拝島第二小学校の3年生が江戸東京野菜の東京べか菜を
栽培していることは、紹介した。

播種した翌週に見に行ったが、校庭の面した菜園は、陽当たりの良さと校舎に当たった風が、吹きつけることから、トンネルの隙間を抜けて、トンネルの中は乾燥気味だったが、本葉が出始めた状況だった。





1-1-.JPG

本葉は2-3枚出ていたが、乾燥しているからか、葉は伸びていなかった。

上の画像をタップする。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2022年11月06日

拝島第二小学校の3年生が、播種した東京べかなは、すくすくと生育していた。


拝島第二小学校の3年生に「昭島の農業と野菜」が
テーマの授業を行った。

その後、佐伯瞳教諭は地元の伝統野菜・拝島ネギの栽培をしたいと云う事で、拝島ネギ保存会に電話で相談した結果、播種は3月になるので、地元の農家の指導については、来春3月までに、
保存会で決定すると云う。

今年江戸東京野菜に認証された「東京べか菜」を
10月18日に播種したことは、報告している。






1-1.JPG

10月24日に、覗いて見たら東京べか菜が双葉を出していた。

東京べか菜については、2017年に国際宇宙ステーションで、
NASAのペギーウィットソン宇宙飛行士が栽培していて、

上の画像をタップする
宇宙船のベツトで芽を出した東京べか菜の、写真が紹介されているが、拝島二小の東京べか菜は数日たっているようだ。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2022年10月24日

拝島第二小学校の3年生が江戸東京野菜の東京べか菜の種まきを行った。


昭島市立の小学校における江戸東京野菜の栽培は、昨年、中神小学校が
伝統小松菜と三河島菜を栽培し、今年は拝島ネギの栽培している。

お隣の光華小学校では、拝島ネギと金町コカブに、品川カブを
栽培していて、今月になって先週、拝島第二小学校の3年生が、
江戸東京野菜の授業を行ったことは紹介した。

拝島ネギの希望だったが、播種からとなると、来年3月頃に
なってしまうので、2か月ぐらいで収穫できる冬の野菜として、
東京べか菜を推薦した。





1-1--.JPG

10時40分ぐらいから播種の時間を取ってくれていた。
初めに教室から出てきたのは、3組の生徒達で「あ! 大竹さんだ!」
と言って寄ってきた。先週の授業を覚えてくれていた。

同校の菜園は、野菜栽培となると狭いことから、佐伯先生が、
他の学年にお願いして、スペースを頂いたとかで、
少し離れたところを、3組が使うことになった。

上の画像をタップする
すでに先生方が、播種できるように畝を作ってくれていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2022年10月22日

東京女子学院高等学校のフードカルチャーコースの農園作業は前回に引き続き秋冬産野菜の種蒔きとなった。


東京女子学院高等学校のフードカルチャーコースの
農園作業は前回に引き続き秋冬産野菜の種蒔きとなった。


農園の斜面には、背の高い草が生い茂っていたが、
機械で刈ってあった。




1-1--.JPG

栽培指導をしている渡邉和嘉さんが、これまで栽培されていた、
トマトなどの枯れ木を引き抜いた後を掘って天地返し。

上の画像をタップする




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2022年10月15日

昭島市立拝島第二小学校の3年生に昭島市の農業と野菜について、出前授業を行った。


昭島市立拝島第二小学校(小瀬和彦校長)の3年生から昭島市の
農業について、出前授業を依頼されたことは報告した。

その後、都市農地活用支援センターのアドバイザーとして伺いたいと
伝えたことから、2週間の間を取って12日に座学、18日に
江戸東京野菜の種蒔きとなった。

12日の座学に付いては、これまで体育館で、スクリーンに
プロジェクター
で投影していたが、外部からの光が入って、
映像が鮮明に見えないことから、クラスごとにモニターに映して
見せた方が分かりやすいとも伝えていたので、3クラスを次々に
3時間かけて行うこととなった。






1-1.JPG

テーマは、佐伯瞳教諭からの依頼もあり「昭島の農家と野菜」として、農業の種類から始めた。

上の画像をタップする
必ずメモを取らせ、はじめて聞いたことは、メモをして、
家族に伝える事が、私の授業と説明。
野菜、稲作、果樹、畜産、花きについて、質問して授業に
集中させ、発言しやすい雰囲気づくりに心がけた。

同校は昭島市の中でも標高の高い所にあることを忘れていたようだ。
昭島駅や奥多摩街道に行くには下り坂だが、帰りは上り坂で、
「自転車で体験のある人!」の質問に、多くの手があがった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2022年10月05日

江東区立香取小学校の3年生が栽培している亀戸大根は間引きをした後、大きく葉を伸ばし始めた。


江東区立香取小学校(石川千影校長)の3年担任の堂前大貴教諭から、
地元の伝統野菜・亀戸大根を栽培したいが、適当な菜園が無いと、
相談があった。

瀧野川八幡様で滝野川ゴボウを1bの塩ビ管で栽培をしているが、
これをヒントに、1gのペットボトル2本を繋ぎ合わせて栽培している。

13日に、写真を送ってもらったが、順調に生育していて、
そろそろ間引きなので、時間が取れれば、伺うと伝えていたが、

クラス毎に空いた時間で間引きを行ったとして、
3日写真を撮って送って頂いた。






1-1-.JPG

本葉もたくさん出てきた。

間引きした根を見ていないが、これから、根も伸び太ることから、
ここで追肥することをお伝えした。

上の画像をタップする
間引きした、亀戸ダイコンは、生徒達は自宅に持ち帰って、
食べた生徒もいたと聞いている。

亀戸地区では、これから亀戸香取神社の福分けまつりの収穫祭に
奉納するために、各校で栽培が始まるが、同校3年生の事例は、
参考になると思う。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2022年09月29日

昭島市立拝島第二小学校の、3年生の主任教諭から「昭島市の農業について」の出前授業を依頼された。


昭島市立拝島第二小学校の、3年生の主任教諭・佐伯瞳先生から
メールをもらった。
今年度も、3年生を対象に「昭島市の農業について」のお話をして
頂きたく連絡させていただきました。とあった。

同校に中神小学校の杉本副校長がにいらした時に、
2011年から3年生に昭島市の農業について

出前授業を実施していたが、2019年を最後に、杉本先生が、
副校長として中神小に移られてからは、依頼もなかったので
行っていなかった。

佐伯先生は今年度、3年の主任教諭になられたことから、
メールを頂いたもの。





1-1.JPG

先生の考え方も知りたかったので、早速、同校に伺い、
佐伯教諭をはじめ3年担任の先生方にもお会いした。
○昭島市の農業について
○昭島市の農業の課題
 (伝統野菜の継承、後継者問題等)

○伝統野菜の栽培(拝島ネギなど)
○伝統野菜や、学校で育てているもの(ブルーベリー)を使った、
給食メニューの考案

可能であれば、数回に渡り、学級毎に(3クラス)ご指導頂きたいという。

座学授業については、了解したが、栽培授業については、
現在、杉本副校長の中神小学校と、光華小学校で、拝島ネギの栽培を
行っていて、光華小では江戸東京野菜
栽培も計画している事を伝えた。
佐伯先生も乗り気で、3年生の菜園に案内してくれた。

10月4日に座学、栽培授業は11日の実施が決まった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2022年09月28日

昭島市立光華小学校の5年生が金町コカブと品川カブの種蒔きが行われた。


昭島市立光華小学校(眞砂野裕校長)の5年生に江戸東京野菜を
栽培させたいと言うことで、9月8日に、金町コカブと品川カブの授業を
行ったことは、当ブログで紹介した。

その後、昭島市の松屋有紀子栄養教諭が地元の生産者を探して、
金町コカブの栽培も行ったことがあると云う、
井上泰男さんに栽培指導をお願いしていた。

天候が心配されたが、22日の午後から井上さんの
指導により播種が行われた。




1-1.JPG

22日の2時頃、1組、そして2組がタネを蒔いた。

上の画像をタップする
これから寒くなることも考えて、地温を上げるため
黒ポリのマルチを敷いていた。

井上さんがタネ蒔きの注意を話して聞かせている。(写真右上)
丸いカブの金町コカブと、大根のような長いカブの
2種類のタネを蒔いた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組