2021年12月01日

霜が降りた東京女子学院高等学校の圃場に、江戸東京野菜の様子を見に行った。


数日前に、練馬でも霜が降りたと、渡邉和嘉さんから聞いた後、気になったのが東京女子学院の圃場で、江戸東京野菜の状態を渡辺さんを誘って見てきた。

マルチも、トンネルもしていない、昔の栽培法だからだ。
圃場の東西に住宅があり、北側が土手と住宅、南側は、開けて陽当たりが良いという圃場なので、これまでは、順調な生育を見せていた。




1-1.JPG

ドウダンツツジが綺麗に紅葉している。
お昼の時間、風もない、暖かな陽光のもと、
女学生が友達と人工芝のトラックに座ってお弁当を食べていた。

こちらと目が合ったら、挨拶をしてくれた。

上の画像をタツプする
牛乳パックに播種した伝統小松菜は、陽光を受けてしっかりした葉が育っていた。





2-1.JPG

フードカルチャー(FC)コース担当の保積栄理先生は、ご出張と聞いていたので、小笠原事務長に了解を得ていた。

上の画像をタップする
気になっていた江戸東京野菜は、菜園の門を入って一番先に目についた、露地の伝統小松菜が一回り大きくなっていた。

品川カブ、練馬大根、亀戸大根も、同じようで、ほっとした。





3-1.JPG

間引きは、12月6日の授業で行うが、伝統小松菜は、固まっている分、根が絡み合って間引きは面倒だ。

上の画像をタップする
すでに、牛乳パックのレベルを超えて、しっかりとした大きな葉になっている。





4-1.JPG

品川カブは、前回報告してあるが、猫が糞でもするのに入り込んだような形跡があった。

上の画像をタップする
苗の状態の品川カブが干乾びていた。
他の品川カブには、カブラハバチの幼虫が見つかった。
*カブラハバチの被害作物はダイコン、コマツナ、ミズナ、ハクサイ、カブなど軟らかい葉のアブラナ科野菜。






5-1.JPG

練馬大根。
先日、ファーム渡戸の渡戸秀行さんが云っていたが、練馬大根は、1月末でも飲食店に供給できるように何回かに分けて播種をしたという。
この練馬大根は、2月頃には収穫できそうだ。

上の画像をタップする





6-1.JPG


亀戸大根は、江戸の頃、青物の少ない春一番の3月に市場にでてきた大根で、江戸っ子は競って買い求めたという。

上の画像をタップする






7-1.JPG

上の画像をタップする
茶殻を蒔いた所(右)と、蒔かない所(左)の比較栽培。
posted by 大竹道茂 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2021年11月19日

江戸東京野菜の葉を食べていた、バッタを一匹見つけた。



東京女子学院高等学校(TJG)のフードカルチャー(FC)コースが
実施している、江戸東京野菜の栽培授業は報告している。

4種類の江戸東京野菜は、同じように本葉が出始めたので、

先日、近くまで行ったので、同校の小笠原事務長に電話で
了解を得て、菜園を見回ってきた。




1-1.JPG

このところの暖かさで、江戸東京野菜は、
どれも一回り大きくなっていた。

上の画像をタップする
気になることも目についた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2021年11月11日

TJGフードカルチャーコースの皆さんが播種した江戸東京野菜に本葉が出てきた。


東京女子学院高等学校(野口潔人校長)のフードカルチャー(FC)コース
(保積栄理教諭)の菜園に播種した江戸東京野菜が、
発芽したというので、確認しに出かけたことは報告した。

生徒さんは勿論のこと、担当の保積教諭も江戸東京野菜の栽培は
初めての取り組みなので、何か問題が発生したらその都度、
臨機応変に対応していくスタンスで取り取り組んでいる。






1-1.JPG

今回の授業は、江戸東京野菜の発芽状況の観察と、
追肥に霜よけなどを行う予定だ。

上の画像をタップする
牛乳パックで、伝統小松菜の栽培を行っているが、生育状況の観察、
また菜園における発芽状況との比較。

品川カブ、練馬大根、亀戸大根の発芽状況の観察を行い。
霜よけ対策のネットを張ることも行った。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2021年11月10日

長崎県対馬市の畑島教諭から地域に伝わる "仁田芋" と "元気芋" の食育事例を教えていただいた。


5月のZOOMで開催した「全国伝統野菜教育サミット」で、長崎県からは対馬市の「仁田芋のカリキュラム開発への挑戦」として、畑島英史教諭が発表されたが、教諭から写真添付のメールを頂いた。

対馬は、現役の時に伺ったことがあるが、緑の無人の島が無数に浮かんでいたのを記憶している。

メールには
先週のことになりますが,仁田地域の共同農地において栽培しているサツマイモの収穫を行いました。その際,農業指導者の方から「仁田芋を使って芋煮会をやってみないか」と言われ,あわてて準備して実施できました。

この仁田芋ですが,里芋の品種である「赤芋」が原種らしく,それを長年にわたって根付いて、「仁田芋」と呼ばれる伝統野菜になっていったようです。
」とあった。

教育サミットでは「仁田芋について」として、発表されている。





1-1.JPG

仁田地区は,対馬一の流域面積を誇る仁田川の流域,特にデルタ地帯で仁田芋の栽培が広がっていました.

デルタ地帯ゆえ,大雨の際,幾度となく氾濫し,自然と畑に粘土質の沃土が溜まっていき,サトイモ栽培に適した土地となっていたようです。
大竹さんが言われたように「食べないと続かない」という意見に,とても共感いたします。

学校の一教員としても,伝統野菜を栽培し,それを食し,栽培意欲を高めることができるように教育活動に入れ込んでいきます。


上の画像をタップする

仁田芋に肉、ニンジン、大根、ネギなど、生徒たちは ”旨い!” と言っているようでもあり、隣に語り掛けている児童もいる。
黙々と味わっている児童もいて、この味は思い出と共に次代に伝わっていくでしょう。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2021年11月06日

昭島市立中神小学校の、3年生が栽培する伝統小松菜は寒さに向かって力強く成長していた。


昭島市立中神小学校(松井茂校長)の、3年生担任の小山教諭から、
江戸東京野菜の話を依頼されて、
9月30日にお話したことは報告したが、
生徒たちからはお礼文のファイルも頂いた。

同校では4年生になってから、地元の伝統野菜「拝島ネギ」の栽培
をすることは決まっているが、3年生も何か栽培したいというので、
伝統小松菜と青茎三河島菜の種を提供していた。

30日の翌週の授業で、種は蒔いたようで、1ヵ月経過した11月5日、
杉本幸司副校長から写真添付のメールが送られてきた。





0-1.JPG

小山教諭は、同校の菜園の指導管理をされているようで、
写真を見て驚いた。

上の画像をタップする
伝統小松菜が、トンネルの中で、元気よく生育していた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2021年11月03日

東京女子学院高等学校の菜園に、江戸東京野菜が発芽したというので様子を見に行ってきた。


東京女子学院高等学校(野口潔人校長)のフードカルチャー(FC)コース
(保積栄理教諭)では、23日の授業で、練馬大根をはじめ、亀戸大根、
品川カブに、牛乳パック栽培で残った伝統小松菜の種を蒔いていた。

10月30日に保積先生からは発芽したと、練馬大根の
写真添付メールを頂いた。





1-1.JPG

送って頂だいた練馬大根の双葉写真。

メールには
本日畑に行ってみましたらたくさん芽が出ており、感動しました!
とあった。

保積先生は、今週は校外学習等で、学校にはいらっしゃらないという
ことだったが、畑の状況を把握しておきたいので、
2日、栽培指導をしている渡邉和嘉さんとで伺い、
小笠原事務長にお願いして、菜園に入らせてもらった。

上の画像をタップする
播種した、江戸東京野菜の全てが、芽生えていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2021年10月26日

出来上がった東京女子学院の菜園で、江戸東京野菜の種蒔きが行われた。


東京女子学院高等学校(野口潔人校長)の
フードカルチャー(FC)コース(保積栄理教諭)では、
江戸東京野菜の栽培についても行っていて、
これまで寺島ナスの栽培を行い調理もしている。

伝統小松菜については、牛乳パックで栽培を行っていることは、
紹介している。

また、練馬大根については、ある程度の深さが必要なことから、
圃場で栽培する計画を立てていたことから、同校では学校近くに
所有していた宅地を圃場として活用することができた。






1-1.JPG

授業では、10月中旬に圃場に馬糞堆肥と化成肥料888を
生徒たちが施肥している。

上の画像をタップする
23日(土)10時45分からの授業では、
牛乳パック栽培の伝統小松菜についての観察と水やり、
圃場の整備と、江戸東京野菜の播種を行うことを生徒に伝えた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2021年10月12日

井之口さんからの早稲田ミョウガをTJGの野口校長にお渡しした。


東京女子学院高等学校のフードカルチャー(FC)コースで、
江戸東京野菜の伝統小松菜(ごせき晩生)の栽培として
27日に播種を行ったことは報告した。

2日後に、かわいい芽が出たと喜びのメールをいただいていたが、

9日後の6日18時に送って頂いた写真では
徒長した小松菜が写っていた。




1-1.JPG

上の画像をタップする
調理室の窓際に置いていたが、陽が当たっていなかったようで、
7日に、栽培指導をしている渡邉和嘉さんが、
南側にある教室の窓辺に置き直したという。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2021年10月02日

昭島市立中神小学校の3年生が、江戸東京野菜を栽培すると云うので各学校での様子を紹介した。


9月30日に昭島市立中神小学校(松井茂校長)の3年生に
江戸東京野菜のお話をする機会に恵まれた。

3年生担任の小山昭夫教諭が、菜園の栽培指導をされていて、
江戸東京野菜の話を聞きたいと、杉本幸司副校長から聞いていた。
拝島ネギを4年生で学ぶ前に、江戸東京野菜全般について3年生に
教えてもらいたいとのことだった。

「拝島ネギ」の栽培については、地元の生産者・鈴木寿昭さん
引き受けていただけたが、地元の栽培と同じように2月の播種と
なったことから、この時期に3年生にお話しする時間が取れた。

3年1組13時30分〜14時15分 担任小山教諭
3年2組14時20分〜15時05分 担任宮下教諭






1-1-2.JPG

9月29日に昭島市の各家庭に、市の広報「あきしま」が配られた。
一面に、拝島ネギ保存会の木島秀俊会長と畑が掲載されていた。

早速、パワーポイントで映し出すと、生徒たちは「知ってる!」
「見た!」「家にある!」と生徒たちは口々に発言。

拝島ネギは、4年生になったら栽培するから、
お家の人に教えてあげてください。

上の画像をタップする
1組では、小山教諭から紹介されたが、生徒にはわかりやすく
「まるごと野菜」の本をつくっていると自己紹介。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2021年09月28日

東京女子学院高等学校(TJG)のフードカルチャーコースでは、江戸東京野菜の第2弾は伝統小松菜の栽培に取り組む。


先日、東京女子学院高等学校(TJG)の文化祭の芙蓉祭に伺い
野口潔人校長にお会いしたことは、報告した。

同校のフードカルチャー(FC)コースで、江戸東京野菜をはじめとした、東京産野菜を紹介していて、これまで江戸東京野菜の寺島ナスの栽培をはじめ、檜原村特産のルバーブを使ったジャムづくりなどでも
お手伝いしてきた。

今回は、冬野菜の伝統小松菜のごせき晩生を栽培することが、
年間計画の中で予定されていたので、栽培指導の渡邉和嘉さんと、
9時45分からの授業に間に合うように伺った。






1-1.JPG

校門を入ったところから、
アオイ科の芙蓉の花がここかしこに咲いていた。

同校の文化祭、芙蓉祭に伺った時に、ダンスが行われたのが
「芙蓉が丘講堂」とあり、なぜ芙蓉なのか気になっていた。

改めて、フードカルチャー(FC)コース担当の保積栄理教諭に
伺うのもと、同校のホームページを開いたら、詳細に掲載されていた。

上の画像をタップする
同TJGの建つ「この丘の呼び名を芙蓉ヶ丘と言い、
創立時の校名が「芙蓉女学校」でした。」とあって、
校章が芙蓉の花だった。納得!。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2021年09月21日

東京女子学院高等学校(TJG)の文化祭(芙蓉祭)に、渡邉和嘉さんと出かけた。


TJGには、2019年にグローバル社会で活躍できる女性の育成のため
3つのコースが設置された。

その1つ、フードカルチャー(FC)コース担当の保積栄理教諭から、
東京の伝統野菜「江戸東京野菜」に興味があると
お誘いを受けて伺っている。

江戸東京野菜のものがたりから、寺島ナスの栽培指導などを
させていただいている。






1-1.JPG

会場では、小笠原事務長にご案内を頂いたが、前回お会いした時に
同校の近くにある宅地をFCコースの菜園にするのに、
渡邉さんが頼まれていていたが、JA東京あおばの協力で進んでいる。

先日、野口潔人校長にはご挨拶をしているが「江戸東京野菜の物語」
の持ち合わせがなかったので、

江戸東京野菜をご理解いただこうと芙蓉祭の会場でお渡しした。

野口校長は、ページをめくって早稲田ミョウガの写真を見つけ、
ミョウガかお好きだという話題に・・・。

これ早稲田ミョウガですと、発見の経緯を説明させていただいたが、
早稲田大学OBだと伺い、今度お持ちするつもりだ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2021年09月01日

東京女子学院高等学校のフードカルチャ―コースが活用する校外の畑用地を視察した。


東京女子学院高等学校(野口潔人校長)では、2019年からグローバル社会で活躍できる女性の育成を目指して、

保積栄理教諭が担当するフードカルチャ―コース(FC)をはじめ、スタディアブロードコース、セレクトラーニングコースの3コースを設置しているが、今年から2年生が、東京産野菜をはじめ江戸東京野菜を取り入れている。

生憎、昨年から新型コロナウィルスの感染拡大の中で、調理実習をはじめとする授業は、制約を受けているが、

江戸東京・伝統野菜研究会では、渡邉和嘉副代表とでお引き受けし、この季節は、寺島ナスの栽培として定植から収穫作業を行ってきたことは、当ブログで紹介している。





1-1-1.JPG

保積教諭は、江戸東京野菜を栽培していく中で、現在寺島ナスを栽培している校内の畑では、手狭なことを学校当局に相談していたが、

同校が所有する土地が近くにあることから、畑に活用することになり視察するため、2学期を前にした31日、同校に伺った。


上の画像をタップする

また、2学期の授業についても、相談をさせていただいた。
同校では9月19日(日)、20日(祝)に、学園祭が予定され、保積先生はFCとしての展示等の準備に忙しいようだ。

寺島ナスは9月いっぱいで、10月には伝統小松菜と、亀戸大根の播種の実施を再確認した。
地元の伝統野菜、練馬大根の種については、保積先生が、練馬区都市農業課に依頼することになった。

また、私から三國清三シェフにミクニレッスンを依頼しているが、コロナ禍の中で調整中になっている。

打ち合わせの後で、野口校長にご挨拶させていただいたが、江戸東京野菜通信で同校の取り組みを紹介しているのをご覧になっているようだった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2021年06月29日

TJGのフードカルチャーコースでは、東京産の野菜「檜原村のルバーブ」を使った調理実習を行った。


東京女子学院高等学校(野口潔人校長)では、フードカルチャーコースを設けていることから、

今年度から2年生には江戸東京野菜を始め東京の野菜を取り入れたいと、講師依頼をいただき、5月初めに、江戸東京野菜の寺島ナスの
定植
作業等を行ったことは報告している。





1-1.JPG

東京の農産物生産は、大産地はないものの、東は0メートル地帯の
江戸川区、葛飾区、足立区では小松菜など、回転率の高い、
葉物野菜などを、栽培している。

西の地域には、標高2000mの
山があり、中山間地帯では、ワサビやのらぼう菜等、

洋上1千キロの島々では、バナナをはじめ明日葉などの作物が
栽培されていて、

東京都中央卸売市場に入荷する一般野菜の殆んどが
東京でも栽培されている。

そのようなことから、予定されていた26日(月)の江戸東京野菜の
授業(1時間15分)では、寺島ナスの栽培管理と東京産野菜の
調理実習をとして、檜原村のルバーブを使った、
ジャムづくりの提案を行ったが、

保積先生の理解を得て、先日、檜原村のルバーブを納品している。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2021年06月06日

TJGフードカルチャーコースの2年生が、江戸東京野菜の寺島ナスの誘引作業を行った。


東京女子学院高等学校(野口潔人校長)では、フードカルチャーコースを設けて保積栄理先生のもとで学ぶ2年生に、

江戸東京野菜のお話や、寺島ナスの定植作業を行ったことは紹介した。

その後、栽培指導の渡邉和嘉さん(江戸東京伝統野菜研究会副代表)は、定植後の寺島ナスを見にいっていた。





1-1.JPG

渡邉さんの指導で、毎日水やりをする必要はないが、
毎日、菜園に行って、寺島ナスを見ることが大切。

葉が虫に食べられていないか、病気にかかっていないかなどの、
チェックをするようにと・・・・。

渡邉さんも保積先生に連絡して、何度が様子を見に行っている。

上の画像をタップする
花芽がつき始めたので、5月31日(月)、枝の誘引作業を行った。
寺島ナスは、コンパクトに作る必要があり、
生徒に説明をしながら行った。

次回は、アドバイザーとして6月の中旬過ぎの予定。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2021年05月16日

練馬区立光が丘秋の陽小学校の2年生に、江戸東京野菜の雑司ヶ谷ナスの苗10本がJA東京あおばから贈呈された。


練馬区立光が丘秋の陽小学校(関根幸男校長)では、全校生徒が学年ごとに、なにがしかの野菜などの栽培をしているが、2年生は練馬に近い豊島区雑司ヶ谷の伝統野菜のナスを栽培していて、地元JA東京あおばが、苗の提供で協力している。

今年も、栄養教諭の佐藤綾子先生から協力を依頼されていたが、JA東京あおばでは、、今年で5年目となることから、すでに予定してくれていて、江戸東京野菜担当の伊藤信和さんが、「お持ちします」とのことだった。





1-1.JPG

苗は、伊藤さんから2クラスの代表の児童に10本のナス苗が贈呈された。

上の画像をタップする

佐藤栄養教諭からは「JA東京あおばの伊藤さんにお越しいただき植え方をレクチャーしてもらいました」とあり、

伊藤さんも、ポットからの苗の抜き方などから、丁寧に教えたようだ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2021年05月12日

フードカルチャーコースの2年生に、江戸東京野菜の物語と、寺島ナスの定植作業 指導した。


先月、東京女子学院高等学校(野口潔人校長)の保積栄理先生から、
江戸東京野菜を授業に取り入れたいとのお話をいただき、
4月に伺ったことは当ブログで紹介した。

同校では、2019年からグローバル社会で活躍できる女性の育成を
目指して、スタディアブロードコース、セレクトラーニングコース、
フードカルチャーコース、の3つのコースを設置した。






1-1.JPG

その一つ、フードカルチャーコースを、
江戸東京・伝統野菜研究会としてもお手伝いすることになったもの。

今後、大学・専門学校での取り組みを参考に保積先生と話しあう。

上の画像をタップする




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2021年04月27日

東京女子学院高等学校「フードカルチャーコース」に、江戸東京野菜の栽培、調理実習でお手伝いをすることになった。


読売新聞東京本社教育ネットワーク事務局の田中孝宏アドバイザーからメールを頂いた。

練馬にある東京女子学院高等学校(野口潔人校長)の先生が小松菜づくりに挑戦しているが、いろいろアドバイスが聞きたいということで、大竹さんのお話をしたところ、江戸野菜にも興味があるということで、紹介したい。とあった。
願ってもないことなので、よろしくとお願いした。

田中アドバイザーには、10年前にも、亀戸大根の復活普及でお世話になっている。





1-1.JPG

後日、東京女子学院高等学校の保積栄理先生(家庭科教員)からメールをいただいた。

お話では、2019年度に「フードカルチャーコース」を立ち上げ、現在1年生は20名、2年生が23名、受講していて、今回は2年生が対象となる。

「狭いスペースではありますが、校内で野菜を栽培したり、流通や加工、調理、栄養、食文化など、食について幅広く学んでおります。」ということなので、日程を伺って、江戸東京・伝統野菜研究会の渡邉和嘉副代表と2人で伺った。

東京女子学院は西武新宿線の武蔵関駅から数分のところにあるから、自宅から新宿方面に出かける時には同校の前を通過する。

上の画像をタップする



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2021年03月08日

3月4日、足立区立保木間小学校で、農業委員会の指導による千住ネギの収穫授業が行われた。


足立区農業委員会(荒堀安行会長)が地元小学校で行っている
千住ネギの授業は「命をつなぐ、千住ネギの栽培授業」として、
足立区では5校で実施ているが、3月4日足立区立保木間小学校
(巻島正之校長)で収穫の授業が行われた。

保木間小学校へは、昨年の7月に種まきの授業を行ったが、
その時に伺って、千住ネギのお話をしている。

新型コロナの感染拡大を防ぐために、マスクをしての授業だった。





1-1-1.JPG

収穫に当たっては荒堀会長のあいさつで始まり

上の画像をタップする。
地元の農業委員会の宇佐美一彦委員と横井善彦委員か出席され、
収穫の仕方などについて説明を行った。

また、事務局の足立区産業振興課農業振興係から、
篠崎努係長と、築出大典係員が対応した


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2020年12月24日

練馬区立光が丘秋の陽小学校の2年生が栽培する「雑司ヶ谷ナス」、今年は難しかったと云う。


先日、練馬区立光が丘秋の陽小学校の6年生に、
食育の授業で練馬大根の話をしたことは、当ブログで紹介した。

同校では、毎年各学年で野菜栽培をしているが、
2年生はJA東京あおばからプレゼントされた「雑司ヶ谷ナス」
の栽培をしていて、今年は栽培が難しかったと伺ったので、
佐藤綾子栄養教諭に写真を送ってもらった。






1-1-0.JPG

上の画像をタップする
今年は、長雨や猛暑が続く等、天候異変で、
プロの農家も栽培に苦労していたが、同校でも同じで、
収穫したナスは、1組が87個、2組は103個だったという。

因みに、2017年には2年生が747個も収穫していたから、
今年は4分の1だった。

生徒達は雑司ヶ谷ナスを順番に自宅に持ち帰って食べている。

担任の先生の話では、自分で栽培したことで、
それまで食べられなかったナスも食べようという意識に変わり、
食べられるようになった児童もいるという。
これぞ食育だ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2020年12月14日

練馬区立光が丘秋の陽小学校の第6学年 総合的な学習の時間で、「練馬大根の特徴と歴史を知ろう」を伝える。


練馬区立光が丘秋の陽小学校(関根幸男校長)の佐藤綾子栄養教諭から6年生に、練馬の伝統野菜・練馬大根の歴史や食文化の話をする機会をいただいたのは同校に着任した2016年からで、今年は12月12日(土)に8時30分から一クラスずつ3クラスで実施した。

6年生は2015年に入学していて、1年生でトマトの栽培、2年生でサツマイモ、3年生で練馬大根、4年生でニンジン、カボチャ、5年生で稲作、6年生はジャガイモの栽培をしてきた。

2017年から、佐藤栄養教諭の計らいで、2年生は、江戸東京野菜の雑司ヶ谷ナスを栽培するようになった。

1年生から6年まで、野菜の栽培をしてきたことは素晴らしく、それまで食べられなかったナスを、雑司ヶ谷ナスを学校で栽培し、収穫したナスを自宅に持ち帰るようになってから、ナスが食べられるようになったという話を、当時の担任の先生と、佐藤栄養教諭にも伺った。




1-1.JPG

最初の自己紹介で、これまで1年生から6年生まで栽培した野菜の本、絵本塾出版が企画するシリーズ やさい応援団「まるごと野菜」は、同校の図書室に納められているが、同書の監修をしていることを紹介することで、児童との接点を見出した。

上の画像をタップする

勿論、「だいこん」も発行されていて、練馬大根の物語から入った。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組