2024年02月07日

大館産のヤマノイモから秋田の伝統野菜を調べてみた。


先日、東京女子学院高校と秋田県立大館桂桜高校との交流授業で、
大館のヤマノイモが食材として送られてきた。
秋田の伝統野菜とは、2020全国伝統野菜サミット㏌湯沢
招かれて伺ったことがある。

2部では、伝統野菜の料理を頂き、3部では伺った季節の
三関セリや、ひろっこの収穫現場も見せてもらったから、

今回のリモート交流で使われたヤマノイモにも注目した。

秋田も広い、面積は東京の5倍。
青森県との境から山形県との境まで、南北182キロもあるから
北の、大館や角館、鹿角から、南の湯沢までは、産物も多種多様だ。




スクリーンショット 2024-02-07 100305.png

県立大館桂桜高校から贈られた、大館産のヤマノイモは、
大館に伝わって、あと数年で50年になる。

秋田の伝統野菜は、秋田県園芸振興課が、伝統野菜の
認証を行っているようで、
ざっと見たところ40種が掲載されている。
上の画像をタップする



大館市の伝統野菜には
畑のキャビア「とんぶり」(大館市) 。
赤首大根の「大館地大根」(大館市) は珍しい。
江戸時代から栽培が続く「えつり赤ニンニク」(大館市) 
奈良時代から栽培されてきた「えごま」(大館市) 
「秋田ふき」は大館市が日本一の産地。

大館市と同じ北東部にも
日本一辛い大根「松館しぼり大根」(鹿角市)
長カブの一種「雫田かぶ」(角館市)。

山芋としては
「田沢長いも」(仙北市)は 田沢湖の周辺で栽培されている。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2023年11月17日

にいがた在来作物研究会の小田切会長に市内を一日ご案内頂いた。


にいがた在来作物研究会の公開シンポジウムで、
江戸東京野菜の普及について話をさせていただいた。
シンポジウムには、伝統野菜プロジェクトの草間壽子代表と
高橋芳江さんが会員として出席されていたが、草間代表は終わった後、
お一人で帰られた。

高橋さんは、折角新潟に来のたことから、野菜を納めている、
新潟グランドホテルのシェフに挨拶することや、TOKYO食材の
イベントが古町のルフル広場で行われているから、
翌日、見に行くと云うので、お付き合いすることにした。





1-1-.JPG

新潟駅前のホテルから、バスでルフル広場に向かったが、
カラオケは「新潟ブルース」の世代だから、万代橋を渡り、
古町通りに来ると、鼻歌がでてくる。

東京産食材フェアの会場には、ご案内を頂く、
小田切会長が見えていた。

上の画像をタップする
江戸東京野菜の亀戸大根、練馬大根、伝統小松菜、品川カブ・
滝野川カブ、金町コカブ、滝野川ゴボウ、内藤カボチャ、
アシタ葉(三宅島)、が並んでいた。
隣には、伊豆諸島・小笠原の青パパイヤに島レモン、
島の食品なども並んでいた。

このことは、小田切会長がfacebookに書いていただいた。


新潟グランドホテルで、昼食をしたが、総料理長は出かけていて
お会いできなかった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2023年11月15日

にいがた在来作物研究会の公開シンポジウム「在来作物を生かした地域活性化に向けて」に11日に招かれた。


「にいがた在来作物研究会」の小野長昭事務局長から2020年7月に
メールを頂いた。2017年に結成された組織で、東京における伝統野菜の
普及などの取り組みについてお聞きしたいと云う内容だった。

2020年2月に開催された「2020全国伝統野菜サミットin湯沢」で、
山形大学の江頭先生から依頼されてパネラーの一人として
招いて頂いたもので、東京の事例をお話していて、会場に
見えていた小田切会長
からの話が伝えられていたようだ。

しかし、新型コロナでも秋田県のサミットは開催されたが、
その後感染が拡大して、7月にメールは頂いたときには、
すでに開催は不可能になっていた。





1-0-.png

ようやく開催となったのが今年の6月で、11月の日程が決まった。
ある時、果菜里屋の高橋芳江さんから、今度新潟で開催される
「シンポジウム」に行くからと云う。
話を聞くと伝統野菜プロジェクトの草間壽子代表もだという。
それならと秋田にも行かれて顔なじみの、
江戸東京野菜コンシェルジュの亀島由美子さんも加わった。

後で聞いて分かったが、伝統野菜プロジェクトのお二人は、
「にいがた在来作物研究会」の会員だった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2023年07月07日

なにわの伝統野菜に「馬場なす」と「貝塚澤なす」が5月に仲間入りをしたと、「大阪府農業時報」7月号が伝えていた。


先日、大阪府農業委員会から「大阪府農業時報」7月号が
送られてきて、中面に「馬場なす」と「貝塚澤なす」の見出し、
5月に「なにわの伝統野菜」の仲間入りを果たしたとあった。

同紙には、山手地域で栽培された中長系統の貝塚馬場なすに対して、
浜手地域で栽培された巾着系統の貝塚澤なす(登録は茄子)とある。

なにわの伝統野菜では、
2021年の「堺 鷹の爪」以来になる認証となった。





1-1-2-.JPG

貝塚と云うと50年前、オリンピックで金メダルを取った
東洋の魔女、ニチボウ貝塚を思い出した。

改めて貝塚市をGoogleマップで見たら、関西国際空港の近くで、浜から山に向かって、北北西から南南東に細長い地域。
浜手と山手の意味も分かった。

上の画像をタップする



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2023年04月26日

京都にお住いの野菜文化史センター代表久保功先生から、興味深い資料を送って頂いた。


奈良県平群町の長屋王夫妻の邸宅跡から出土した木簡に、
野菜と漬物の記録があり、野菜文化史センター代表久保功先生が
講演をされたことは紹介したが、
今回は、「拾遺都名所図會」の資料を送って頂いた。

水菜のを川で洗って、出荷する前の様子が描かれている。
「拾遺都名所図會」は、天明七(1787)年秋に刊行されたもので、
本文は京都の俳諧師秋里籬島が著し、図版は大坂の絵師竹原春朝斎が
描いた墨摺五冊本と聞いている。




1-1ャ.JPG

この絵について、久保先生が書いている。

上の画像をタップする
「二百年前の水菜洗い」久保功
江戸時代天明七年刊行の「拾遺都名所図會」の伝える洛中壬生の
水菜を穫り入れて、水洗いしている風景である。

壬生狂言で有名な壬生寺のそばを流れる「壬生川」は現在壬生川通り
として水の代わりに車の流れが多い幹線道路となっている。
この絵から見ると水菜は当時かぶが肥大している品種であることが
よく判る。

絵の説明文にも見られるように、その細い葉が六百本にも千本にも
増えるところから「千筋蝉菜」とも言われていたようである。

アブラナ科植物は全般に生命力が強く.泥付きの水菜を桐箱に密閉
して二十日、三十日かかる遠方に送り、これを開けて水を注げば
元通り生育すると文中にあるのはオーバーにしても、
活きのいい菜であったことは今も変わりない。

縞模様の帯をした農夫が水菜の出来具合を褒められたのに気をよくして
「これ一つ持ってお行きやす」とか言って旅の老夫婦に水菜一株を
進呈しているのがほほえましい。

その脇ではキセルを腰にさしている農夫が洗っている水菜に虫でも
ついているのか、丁寧に一本一本選別しているようである。
雑種交配でこの水菜から分化したのが丸長葉の「みぶ菜」と
いわれている品種である。

これは主として漬物用に使われており
(千枚漬とセットになっているが単独でも漬けている)浅漬けの他、
二月、三月になるとひね漬用に糠を加えて、
古みぶ菜として漬け込まれる。


縞模様の帯をした農夫が木桶を履いているが、江戸ではセリの
収穫に、足立あたりではいていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2023年04月18日

伝統野菜に興味を持っている摂津市の青年、奥野さんがメトロの広報紙を土産にくれた。


大阪府摂津市に住む青年、奥野翔さんとは、大阪でお会いしてから
メールのやり取りをしているが、

有名カメラマンの個展を見に、上京した先日、読みましたかと
大阪メトロの広報誌を頂いた。

「なにわの伝統野菜」に取り組む皆さんとは、情報交換を
しているだろうから、読んでいるかもしれないと思っていたが、
上京した時の渡そうと思ってもらっていたという。



1-1.JPG

アルキメトロには、メトロ沿線でなにわの伝統野菜を栽培している
農園が紹介されていて、
難波ねぎの生産者、上田隆祥さんも紹介されていて、
奥野さんも訪ねたことがあるそうだ。
上の画像をタップする

4-5頁、訪ねる・野菜の街は「長居」だけじゃない!
買う・江坂で出会った「野菜のワンダーランド」

6-7頁、食べる・掘れば掘るだけ野菜がうまい! メトロ沿線グルメ
育てる・人との交流も生まれる 

8-9頁、知る・ずっと昔から OSAKAは野菜の名産地でした。

12頁、冬の野菜ハンティング

2023 Winterとあるが12月16日に発行している。

奥野さん、お気遣いありがとうございます。
posted by 大竹道茂 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2023年02月17日

“小松島市の小松菜”が全国農協観光協会「ふれあい」冬号2023年に掲載された。


10年も前の話だが、北陸農政局の主催で伝統野菜サミットが、
金沢の地で開催された。
SDGs以前から、中田哲也先生は「フードマイレージ」の研究を
されていて、「伝統野菜は地球を救う!」としていた。

余裕をもって市内のビジネスホテルに前泊した。
朝食は、ホテルのレストランだったが、加賀野菜能登野菜
コーナーがあって、その中に ”小松菜の胡麻和え”
があった。人気らしく少なくなっていた。





1-1-1.JPG

加賀野菜の中に、小松菜があるのは、なぜだろうと思いながら朝食を
頂いたが、部屋の出口に支配人らしい人がいたので、加賀野菜の
コーナーに小松菜があたが、加賀野菜ですかと聞いて見たら、

上の画像をタップする
「小松飛行場の周りで栽培している野菜です。」という。

小松菜は、江戸時代から西葛西で栽培されていた冬の地方野菜
だったが、F1が出来たことで、北海道から沖縄まで1年中栽培される
ようになってから、全国に知れ渡ったが、せいぜい40-50年のことだ。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2023年02月16日

2月にだけ味わえる絶品の "せとか" 土佐の "文旦" が届いた。


高知出身の野村まり子先生から大きなダンボールが届いた。
野村先生は、絵本作家で、令和3年12月にシリーズ12冊が完成した
「野菜応援団」
の構成と、水彩で柔らかな絵を描かれた。

このシリーズでは、監修をさせていただいた。




1-1.JPG

高知には何度か伺っているが、2015年に伺った時にご親戚の岡田さんがわざわざ黒潮町からお見えになってお土産まで頂いた。

岡田さんが懇意にしている植田暉代さんは90歳を超えて益々お元気で、「てえちゃんの文旦工房」では、暉代さんが、
美味しい "文旦" と "せとか" を出荷している。

頂いた「土佐文旦豆知識」には、年末から年明けにかけて収穫をして、1か月少々貯蔵して追熟してから出荷するという。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2023年02月15日

長崎大学教育学部附属小学校の4年生が行ったながさき伝統野菜広報活動がテレビで取り上げられた。


ながさきの伝統野菜が長崎大学教育学部附属小学校の給食で出された
報告したが、先生方とのメールのやり取りで、
その後、テレビの取材があったと云う。

4年生が、9日、ながさき伝統野菜のPRを市内のスーパー三ヶ所の
店頭で行ったと、小畑晃一教諭から教えて頂いた。

小畑教諭は、「12月の御講話で学んだ内容を生かして、それぞれの
思いを形にすることができました。」とお気遣いを頂き、
長崎の民放4局、すべてで取り上げられたと云う。




テレビ長崎.JPG

上の画像をタップするとyoutube
ながさき伝統野菜の普及に一役…小学生が長崎市内のスーパーでPR

生産者の中尾順光さんは
「100歳まで頑張らなくちゃ・・・、元気をもらっています。」
生徒それぞれが考えた方法で、伝統野菜の魅力をPRした。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2023年02月11日

長崎大学附属小学校の山崎美奈栄養教諭から令和4年度給食週間の令和5年1月27日(金)に「長崎伝統野菜給食」を調理したと連絡があった。


長崎大学附属小学校の山崎美奈栄養教諭から情報と資料を頂いたので
ライブ的に紹介します。

北斗の子のみなさん,こんにちは。栄養教諭の山アです。
テレビの電源は入っていますか。

今日の給食は,長崎伝統野菜給食です。
★今日の献立は、★雲仙こぶ高菜ごはん★牛乳★唐人菜と長崎赤かぶの
みそ汁★長崎県産鶏の照り焼き★大村湾ぐるっと含め煮
★伊木力みかんです。

★伝統野菜とは、地域独特の種類として、★自分たちで種をとり、
その種をまた蒔いて野菜を育て・・・を繰り返し、古くから作られ
続けている野菜のことを言います。
★地域の気候、風土などに合っていて、★地域のくらしや
食文化に根付いた野菜です。






1-1.JPG

上の画像をタップする
*雲仙こぶ高菜ごはん(写真左下):
雲仙こぶ高菜・黒田五寸人参(竹田さん)・米はにこまる(長崎)、
鶏ひき肉(長崎)・油揚げ(長崎)・ひじき(長崎)
 
*唐人菜と長崎赤かぶのみそ汁(写真右下):
唐人菜・長崎赤かぶ(中尾さん)・黒田五寸人参(竹田さん)

*長崎県産鶏の照り焼き(写真中央皿の下)

大村湾ぐるっと含め煮(写真中央皿の上):
ゆで干し大根(西海)・黒田五寸人参(竹田さん)・大豆(長崎)

*伊木力みかん(諫早)、*牛乳(佐世保)

注 唐人菜(長崎白菜)は、江戸東京野菜ではしんとり菜と
呼んでいる。
ゆで干し大根(西海市)は、世田谷の伝統大蔵大根の選抜種
「大栄大蔵大根」が素材で、長崎とはご縁がある。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2023年02月09日

長崎県伝統野菜を加えた「まるごと長崎県給食」が出されたと、長崎大学附属小学校の山崎教諭から教えて頂いた。



昨年の12月に、長崎大学附属小学校へ出前授業で招かれたが、
先日、栄養教諭の山崎美奈教諭に電話をすると、
1月27日に長崎伝統野菜を学校給食で使った
と云うので、昨日資料を送ってもらった。

生産者は、長崎伝統野菜育成保存会会長の中尾順光さんと
雲仙で伝統野菜を栽培しているという、竹田竜太さんで、
伺った時にお会いしたお二人だという。






1-1-1.JPG

上の画像をタップする

中尾さんの、唐人菜と長崎赤かぶ、唐人菜は長崎白菜とも云われ、
江戸東京野菜のしんとり菜だ。
竹田さんのは、雲仙こぶ高菜と黒田五寸にんじんだという。

長崎県産の食材による、まるごと長崎県給食で、美味しそうだ。

給食の内容は、ここから。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2022年12月27日

伝統野菜は食べることで次代に繋ぐことができる、長崎伝統野菜も食べたいと思っていたが、その機会を作ってくれた。


一財都市農山漁村交流活性化機構の地産地消コーディネーターとして、
長崎大学教育学部附属小学校に派遣されたことは報告したが、
21日の9時には授業の準備をする必要があるために、
前泊で20日の昼に長崎についた。

長崎には、現役時代に全国会議で何度か来ているので、
市内をぶらついてから16時にチェックイン。
ホテルは、学校の正門から50mほどの所にある
プレジデント長崎を予約していた。

授業のパワーポイントを再チェックしていたが、
小畑晃一先生からメールか入っていたのに気が付いた。
明日のメンバーで食事でもしないかというお誘い。
18時50分頃迎えに行くとあった。





1-1.JPG

栄養教諭の山崎美奈先生の運転で、小畑先生も乗ってこられた。
途中、雲仙で伝統野菜を栽培しているという、竹田竜太さんを乗せた。
竹田かたつむり農園の園主で、大学の後輩だという。

長崎駅近くの、郷土料理の店 "割烹とし" に案内頂いたが、
そこで長崎伝統野菜育成保存会会長の中尾順光さんが仕事をしていた。
栽培した長崎伝統野菜をテレビ西日本が撮影しているところだった。

上の画像をタツプする
中尾さんの畑を見せてもらいたいと、お願いしていたが、20日、21日と
テレビとラジオの取材があるからと断られていた。
伝統野菜の栽培農家が、マスコミに追っかけられてるのはいいことだ。

後で聞いたら中尾さんとは同学年だった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2022年12月25日

長崎大学教育学部附属小学校の4年生に、東京の取り組み事例を参考にお話してきた。


一財都市農山漁村交流活性化機構地域活性化チームの上野美帆さん
からメールをもらったのは6月で、同機構の地産地消コーディネーター
は何年もしているが、今年度は農山漁村発イノベーション対策の
一環として位置づけられたという。

10月に長崎大学教育学部附属小学校(古野祐一校長)の
山崎美奈栄養教諭から申請があったと連絡を頂いた。

長崎には、伝統野菜に取り組んでいる中尾順光さんがいて、
長崎市の食文化として定着しているが、生産者は減少しているようだ。

中尾さんは「野菜の学校」で講演をしていて、顔なじみの果菜里屋の
高橋芳江さんは、ながさき伝統野菜を取り寄せたりしている。





1-1-.JPG

同校で総合の時間を担当する小畑晃一教諭から、
現在ながさき伝統野菜の栽培に取り組んでいる4年生(4クラス)は、
2年目になるが、伝統野菜をどう普及したらいいか、
活用していくかのヒントを頂きたいとメールにあった。

上の画像をタップする
伺っている総合の時間は、2・3・4校時(9時45分から12時25分)で、
私以外に、中尾さん(ながさき伝統野菜保存会会長)、竹田竜太さん
(雲仙の伝統野菜栽培農家)、鎌田英一郎氏(長崎大学教育学部准教授)、
俵万智さん(歌人)、坂本洋一シェフ((有)さかもと社長)
授業は小畑教諭の進行で始まった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2022年07月31日

山梨県塩山の山本ファーム(有)からオリジナルブランドの野菜と桃が届いた。


山梨の農業生産法人 山本ファーム(有)から、オリジナル・ブランドの
「大黒ナス」と山梨県伝統野菜の「幻の芋・落合芋」、
そして「翠玉貴瓜」、完熟の桃を送って頂いた。






1-1-1.JPG

山本ファーム(有)は、甲州市塩山千野で野菜生産をしている。

甲斐の國には、江戸時代から伝わる清太夫芋があるが、落合芋も
江戸の頃の芋、元々は塩山の芋で、丹波山村に伝わった、
レンチンポテトにして販売している。

上の画像をタップする
桃は、熟してからもいだ逸品は、冷蔵で届いた。
甘いだけでなくとろけるような果肉だった。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2022年06月26日

初めて聞いた防災植物という野草の新聞記事に知ってる名前を見つけて釘付けになった。


高知県の園芸蚕糸課長などを歴任された石川清彦さん
(東京農大の同級生)がFaceBookで、日本防災植物協会
高知新聞の記事を紹介していた。

事務局長をされていたのが、野菜ソムリエの斉藤香織さんで、
高知でお逢いしているので、新聞記事に釘付けになった。

お会いしたのが2014年と2015年で、当時まだ斉藤さんからは
防災植物のことは聞いていなかった。

植物生態学を研究していた澤良木庄一先生が、
南海トラフ地震を念頭に2015年に「日本防災植物協会」を
設立しているが、この発想は考えたこともなかった。

この年、2015年9月25日‐27日、国連の持続可能な開発サミットで
「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択され、
「持続可能な開発目標(SDGs)」を設定した。

防災植物はまさにSDGsで、協会設立の背景には、
環境に負荷をかけない野草のSDGsが見えてくる。






1-1.JPG

高知県防災フェスタに出店し、左隣は協会メンバーの岡村志保さん。

上の画像をタップする
2021年1月に逝去れた澤良木庄一先生(左下)

高知新聞社主催の出張防災植物教室(左上)の野外観察で、
土手に生えている草の説明を行った。

写真右上は、協会主催の防災植物教室で学習参加者が採取してきた
イタドリやギシギシ ヨモギ スイバ スギナなどが見られる。

下右は防災植物講演会。下中は防災植物の料理教室。

・・・と活発な活動を展開していて、
教えてくれた友人の石川さんもメンバーだと聞いている。

SDGsの視点に立てば、世界に影響力を与える取り組みで、
南海トラフ地震により、食べ物が無くなった場合、1.2.3.4.15.17.
などは関連していて、条件によっては、それ以外も関連してくる。

これら持続可能な取り組みは、江戸東京野菜等の伝統野菜と同じで・・・・、



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2022年06月06日

関東北部を襲った降雹で、深谷アグリカレッジの4期生が定植した苗が全滅の被害を受けた。


特定非営利活動法人 アグリサポート深谷の代表鈴木紀安さんは、
2018年度に深谷アグリカレッジを発足させていて、
Facebookで、活動を報告している。

5月28日の実習では、4期生が楽しげに定植作業を行っていたが、

3日、関東北部を襲った雷雨に伴う降雹で、アグリカレッジ4期生が、
収穫を夢見て定植した苗が全滅の被害を受けた。


facebookより

1-1.JPG

上の画像をタップする
この惨状、4期生の皆さんは、さぞやがっかりされたことだろう。
お見舞い申し上げます。

埼玉。群馬の様子はANNニュースが報道している。

鈴木さんの話では、カインズホームで苗を購入することが出来たと、
不幸中の幸いか、定植のし直しをするという。

2014年、江戸東京野菜でも、三鷹のナス農家・星野直治さん
ナスがやられたことがあった。

青梅には、「雹害紀念塔」が建っている。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2022年04月05日

鹿児島県経済連では、鹿児島の伝統野菜を、採種、販売するために栽培が始まった。


鹿児島大学農学部附属農場技術専門職員の中野八伯さんは鹿児島の伝統野菜を育成しながら採種、保存を担っていることは、当ブログで紹介している。

先日、久しぶりに電話をすると、この時期、各種大根の花粉付けにいそがしいらしく、写真を送ってくれた。

中野さんの話しによると、昨年から中野さんが管理する伝統野菜を、鹿児島県経済連が栽培したいというので、提供したという。

経済連直売施地区担当のスーパーバイザー(SV)4名が、薩摩半島や大隅半島で銘々、提供した伝統野菜を栽培しているようだ。






1-1.JPG

上の画像をタツプする


そこで、県経済連営業開発課の池田健太郎課長にお話を伺った。

今回の取り組みについては、鹿児島伝統作物保存研究会の田畑耕作先生からの紹介で、中野先生を紹介して頂いた。

伝統野菜の取り組みは、利益には直結しないが、SDGs等、社会貢献活動として、昨年5月から取り組んでいる。
」という。

伝統野菜については、中野さんと相談してSVのリーダーが15種類ほどの作物を選定し、地域性などを考えて各SVに栽培を担当させていて、

中でも、鹿児島市吉野町原産の吉野にんじん、指宿産の松原田大根、薩摩川内市原産の雷豌豆、大島在来奄美大島産のそら豆等は、経済連の直営店「おいどん市場与次郎館」で販売したが、好評だったという。

伝統野菜を消費者に食べていただくために、レシピを付けたり、いわゆる「物語」のうんちくも書いていて、興味を持った方、懐かしがっている方など、経済連としては、手ごたえを感じている」という。

消費者が地域の歴史や文化を知り、地域に誇りを持つきっかけになるだろう。

4月からは、霧島市国分の「短莢黒ささげ」、鹿児島市伊敷の「伊敷長ナス」、さつま町宮之城の「甫立メロン」、奄美大島の「島こしょう」等の栽培を予定しているようで、

鹿児島県経済連の取り組みは、全国各県の経済連でもSDGsの取り組みに加えてもらいたいものだ。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2022年03月24日

なにわの伝統野菜「難波ねぎ」の商品開発が広がりをみせて、大阪産野菜に影響を与えている。


先日は「全国農協観光協会」と「浪速魚菜の会」連携企画、
大阪味&菜(あじさい)発見!三島独活+大阪出汁編が、
開催された事は、当ブログでも紹介したが、

東京でもウド栽培が行われている事から、短茎の「立川こまち」を
お送りし、食べ比べに使っていただいた。

東京のウド栽培を知って頂く、良い機会だったので、
お互い様だったが、難波りんごさんと「浪速魚菜の会」代表理事の
笹井良隆さんには、お気遣いを頂き、「なにわの伝統野菜」や
「大阪産」、を使って生まれた冷凍食品・冷蔵食品などなどの
加工食品を送って頂いた。






1-1.JPG

上の画像をタップする
大きなダンボールに、保冷袋に入った
●難波ネギと牛肉とかぼちやの煮物(冷凍)
●難波ネギのねぎ焼き(冷凍)●難波ねぎアヒージョ(冷蔵)

☆難波ねぎとちりめんのおむすぴ☆難波ネギ使用のねぎチャーシュー

●田辺大根と豚肉の角煮 ●門真れんこんの和風あんかけハンバーグ

と保冷袋の脇に、
●難波ネギごはん(常温)、●難波ネギスープ(常温)
●難波ネギせんべい(常温)、●難波ねぎの味噌パン

星印はセブンイレブンで、それ以外は無印良品で販売



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2022年03月15日

なにわの伝統野菜「三島独活」と「大阪出汁」を学ぶ会が、オンライン企画で開催された、立川うども食べ比べで参加。


3月13日(日)「全国農協観光協会」と「浪速魚菜の会」が連携して、畑と会場をつなげるオンライン企画で、なにわの伝統野菜「三島独活」と「大阪出汁」を学ぶ会が開催され、なにわの伝統野菜の
難波りんごさんが写真を送ってくれた。






1-1.JPG

江戸時代の農法を忠実に継承しながら栽培されている
「三島独活」農家の中井優紀さんが栽培方法について、話をされた。

上の画像をタップする


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2022年01月22日

“堺 鷹の爪「なにわの伝統野菜」認証記念フレーム切手” として日本郵便(株)が販売している。


「なにわの伝統野菜」の復活普及に尽力されている
難波りんごさんから、封書が届いた。

封を開けて驚いた。中に切手のシートが入っていた。
昨年7月に「堺 鷹の爪」として「なにわの伝統野菜」に
認証されたことは、当ブログでも紹介している。

認証を記念して年末に、
認証記念フレーム切手を日本郵便(株)近畿支社が発行した。



1-1.JPG

改めて、封筒を見ると、一番上に貼ってあった。

上の画像をタップする
赤いシートは、郵便局の窓口や、Webで販売されているもので、
伝統野菜が、記念切手になることは、全国的にも珍しいという。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話