2013年08月06日

仙台市郊外の 「農家レストラン・もろや」寛ぎの空間でいただいた仙台野菜のランチ。


新幹線が東京と大宮間で午前6時すぎの始発から約1時間にわたり停電と、テレビが報じていたため、早めに家を出て大宮に向かった。
大宮では各列車とも1時間半ほどの遅れで、振替えで窓口は長蛇の列ができていた。

11時半に仙台駅で、主催者と待ち合わせをしていたので、心配していたが、運よく時間前に仙台に到着した。
仙台地方振興事務所農業振興部からの招きで江戸東京野菜の取り組みについて講演の依頼があったもの




1-1021.jpg

同部先進技術第1班の庄子正秀技術次長(左端)が、迎えに来てくれて、昼食に「農家レストラン・もろや」に案内していただいた。

当家のご主人、萱場哲夫さんが、昭和60年代から、有機減農薬野菜の生産に取り組み、宅配を行ってきたが、
平成11年、自宅を開放して「農家レストラン・もろや」をオープン。

生産した、四季折々の仙台野菜を、奥様の市子さんと娘さんたちが、素材の美味しさを引き出したお料理にして提供してきた。

上の写真をクリックする
レストランには、主催者の同農業振興部・武田忠部長(中央右)と、丹野武彦技術副参事(右端)も見えていて、ご挨拶をさせていただいた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2013年08月05日

彦根城から城下に出たら、近江の伝統野菜「下田ナス」と出会う。


前日の雨が上がり、宿泊した彦根キャッスルホテルからは、彦根城の天守閣を望むことができた。

彦根城の城下で開催された、すきや連の例会は、千成亭・上田健一郎社長のお心遣いで、思い出深いひと時となった。
昼の新幹線を取っていたので、それまでの時間を、彦根城の観光に当てることにした。



1-1001.jpg

昨日いただいた資料の中に「第15回 すきや連 in 彦根」の封筒が入っていて、中には彦根城と彦根城博物館の無料招待券が入っていて、主催者の気持ちが伝わってくる。

上の写真をクリツクする
ホテルにバックを預けて、中堀から、二の丸佐和口多聞櫓に向かって・・・。

緑の美しい城下だ。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2013年07月01日

山形県真室川の伝承野菜「勘次郎胡瓜」のジュレを味わい、古き時代の親心に想いを馳せる。


早々と、お中元の品をご恵贈いただいた。
開けてみると、「伝承野菜」のスイーツで、山形県真室川町の伝承野菜のひとつ、勘次郎胡瓜のスイーツだった。
私が、伝統野菜に取り組んでいることを知っている方からの贈り物だ。



2-1002.jpg



真室川町の「おかしの平和堂」の製品で、勘次郎胡瓜のジュレは、地元産のアカシアの蜂蜜をブレンド、キュウリの爽やかさが活きている。

同店では他に、甚五右衛門芋、黒五葉の枝豆のスイーツと、豊富な地元の伝承野菜の商品化に結び付けている。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2013年05月16日

大和伝統野菜の普及に、奈良県の種苗商がお見えになる。


4月中旬に、日本種苗協会奈良県支部の支部長をされている(株)神田育種農場の神田稔社長からメールをもらった。
数日後に、日本種苗協会の会合で東京に行くので、会えないかと云うもの。

奈良県では「大和伝統野菜」の普及と研究を推進していることは、野菜の学校で、当時奈良県農林部マーケテイング課課長補佐の田中久延氏に教えていただいていたので存じていたが、大和伝統野菜の最近の様子が伺えるようだ。



1-1001.jpg


どこでお会いしたらいいかと思ったが、東京に来た機会に顔を出すところが多いようなので、新宿の「東京アグリパーク」でお会いすることにした。上の写真をクリックする



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2013年04月22日

仙台 明成高校の高橋信壮先生が「東京アグリパーク」に訪ねてきた。


先日、仙台の明成高校の高橋信壮先生からメールをいただいた。
先生との面識はないが、仙台で伝統野菜の普及に取り組む 今庄青果の庄子泰浩専務から明成高校の「みんなの白菜物語プロジェクト」の様子はうかがっていた。

「食の学び」による地域づくりの活動を地域の多様な主体との連携で2010年の3月から始まり、今年度で4年目を迎えていてる。
震災後は、被災した「白菜のタネのふるさとの島」 宮城県塩竈市浦戸 野々島で「白菜の採種文化の保存活動」にも取り組んでいる高橋信壮先生のことが季刊誌に紹介されていて、当ブログでも紹介している。



1-1001.jpg


上の写真をクリックすると高橋先生と朴沢学園企画課の月本麻美子さん。

高橋先生は、昨年度からは、野々島の小中学校とも連携して、島の畑で採種用の白菜を栽培、採種を行ったという。

そこで、18〜20日の予定で、塩竈市立浦戸中学校(野々島の中学)では、東京方面への修学旅行が予定され、高橋先生は19日の午前中、中学生に同行して、宮城ふるさとプラザでサポートする予定だという。

急な話で先約も入っていたが、午後から新宿でお会いすることになった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2013年04月06日

「ひご野菜を愉しむ夕べ」熊本交通センターホテルで、会席料理と創作料理で4月と5月に開催


熊本で「ひご野菜」の復活・普及に取り組んでいる北亜続子さんから「ひご野菜を愉しむ夕べ」の案内が届いた。
北さんは、ひご野菜の普及から「ひご野菜コロッケ」を起業したと、当ブログで紹介したが、一昨年「九州伝統野菜むフォーラム」が熊本で開催された時に招いていただいたのも北さんたちだった。


キャプチャ2.JPG


今回の企画は、熊本交通センターホテルが主催し、後援がJA熊本市、協力は熊本市で開催されるが、北さんの講話が予定されている。

「ひご野菜を愉しむ夕べ」は、同ホテルのレストラン「ダイニングバー桜」の8周年を記念して開催されるもので、
「ひご野菜」としては、芋の芽、水前寺のり、熊本赤なす、熊本黒皮かぼちゃ、れんこん、水前寺菜などが、料理されるというから食べてみたくなる。

4月25日の会席料理は、林田光生和食料理長、
5月9日は、創作フルコースで西洋料理は私も伺った時にご馳走になったことのある後藤和昭フシェフ、中華料理は廣瀬良光中華料理長で、2日前までに申し込む完全予約制となっている。


posted by 大竹道茂 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2013年02月22日

新潟大学教育学部付属長岡中学校1年生のみなさんから研修報告が届いた。


新潟大学教育学部付属長岡中学校1年生のみなさんが、「持続可能な社会を創り上げる」をテーマに、長岡野菜の普及PRのノウハウを江戸東京野菜の取り組みから学ぼうとやってきたことは、当ブログで紹介した。
皆さん一生懸命に、私の話を聞いてくれたが、十分に伝わったかどうか心配していた。
このほど届いた、手紙や研修報告書には、伝えたいことが整理されていた。




1-1011.jpg

担任の野池知枝美先生が送ってくれた手紙は、代表の10名分入っていた。

「はじめて聞くことが沢山あった」と・・・、
「タネ屋街道があって、江戸からタネが全国に発信されていたこと・・・。」
「形が不ぞろいだが、味があることに驚いた」、「すべての野菜に一つずつ物語があること」「野菜のしばり方も文化だという・・・」「伝統野菜なので生活と寄り添っていて、各地域の人々に愛され食されているのだと思いました。」「生産者の方々にお話を聞いたり、食べて味を覚え、次に伝えられるようにしていきたい・・・」と、私が伝えたいことを受け止めてくれたようで嬉しいお手紙だ。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2013年01月27日

新潟大学教育学部附属長岡中学校1学年たちが、江戸東京野菜の普及方法を学びに上京した。


新潟大学教育学部附属長岡中学校1学年の野池知枝美教諭から今月初めにメールをいただいた。
何でも同校では「社会創造科」の授業では、幼小中が連携しながら地域への理解を深め、学んだことを将来へとつなげる持続可能な社会の形成と発展を目指すための学習を進めているようで、

その一環として、中学1年生では、長岡野菜について学び、長岡野菜の発展やPRを目指すために、「ブランド・長岡野菜」の学習を展開しているという。
そこで、1年生を1月25日(金)東京で関連のある学習をするために、東京研修旅行を計画しているところで、東京の地域ブランドとして展開している「江戸東京野菜」についての理解を深めたいというもの。



1-1004.jpg

市場視察も計画しているというので、江戸東京野菜を集荷している東京シティ青果を紹介したわけだが、この時期、江戸東京野菜は端境期に当たる。

東京シティ青果は、今年豊洲の新市場に移る予定だったが、土壌汚染対策の工事などに時間がかかり移転する時期を1年延期し、来年移転することになったこともあり、最後の築地市場の施設見学となった。

新潟からのお客さんなので、2009年北陸農政局時代に「伝統野菜サミット」を主催されたフードマイレージの権威・中田哲也氏をお誘いしたら、休みを取って来てくれ、地産地消とフードマイレージについて話された。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2012年12月13日

JA高知はた女性部のみなさんがリーダー研修として浅草で江戸東京野菜を食べ、学ぶ。


JA高知はた女性部(宮脇眞弓部長) リーダーのみなさんが、12月10日、東京にお越しになった。
JA高知はたは、県西部の四万十流域で温暖な気候を生かして、水稲、野菜、花き、柑橘、等の栽培をされている。

東京は快晴、穏やかな日和だったが、高知は雪だったとか。
JAから高知空港まで2時間以上かかるようだから7時35分発の全日空に乗るのに、皆さん3時起床だったようだ。お疲れ様。



1-1007.jpg


1ヵ月以上前に、Nツアーから、講演の依頼が入った。
高知の皆さんには、今年1月にJA四万十女性部の方々とお会いしていて、錦糸町の会議室で江戸東京野菜の話を聞いてもらい、小松菜の収穫を江戸川で体験していただいたことがあった。

今回は、浅草の茶寮「一松」で江戸東京野菜を使った昼食をとってから江戸の野菜文化「江戸東京野菜を学ぶ」を聴いてもらう。
一行には、同JA女性部の事務局・池内美代さんと、同JA旅行センターの山岡力氏が付き添っていた。

また、皆さんが来る前に、パソコンやプロジェクターのセッティングには 株_協観光 グリーンツーリズム・教育旅行課の前場大樹さんが担当、司会もして紹介してくれた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2012年12月02日

仙台の伝統野菜 見事な「松島純二号」と、仙台白菜料理まつり!


山形に行く都合があるが、その頃いますかと仙台朝市 今庄青果の庄子泰浩専務にメールを送ると、前に当ブログで紹介した、岩手県花巻市にある宮澤賢治が自耕した「下ノ畑」の白菜が、収穫期を迎え収穫してきたという。

「色々、話を聞かせてください」と返信しておいた。



1-1キャプチャwey.JPG


山形から高速バスで1時間半足らずで仙台に着いた。

仙台駅前にある東四青果食品市場の一角に今庄青果はある。
店を覗くと、庄子専務がパソコンに何やら打ち込んでいるところだった。

ヤアーヤアーのご挨拶の後、近くにあった白菜を持つと、「惚れ惚れするでしょうこの形 !」一時代を築いた伝統の「松島純二号」だ。
しかも、宮澤賢治の「下ノ畑」産。

上の写真をクリックする
松島純二号が山積。
友人の小野賢二君の奥さん羊子さんが宮澤賢治の研究者なので、食べてもらおうと送る手続きをした。

「これも入れておきます。」と云って、塩釜野々島での種まきから、収穫までの写真をDVDに記憶したものと、みんなの白菜物語プロジェクトの記事も入れてくれた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2012年11月29日

山形市の「味の里 ばんだい」で料理に舌鼓、酒も良し、料理も良し、話題も良し

27日、山形県は気圧の谷が上空を通過したことで、冬型の気圧配置が強まり初雪となった。
初雪は昨年より12日早い観測となったとか、
今回の山形は、永年単身赴任で頑張っていた友人が、国に帰ったことで、遊びに来いと前から誘われていたので、ひと月前に決めたもの。


1-1002.jpg

仙台に単身赴任の青木貴晴さんと山形駅で待ち合わせたが少し早かったので、山形県郷土館「文翔館(国指定重要文化財)」を見学した。

上の写真をクリックする
文翔館には、青木さんが予約を入れておいてくれたので、文翔館公認ボランティアガイドの松本日出男さんが、館内を案内してくれた。

大正5年に完成した建物はイギリス・ルネサンス様式を基調としたレンガ造りの3階建ての建物。
昭和50年まで県庁として使用されていたが、同59年に国の重要文化財に指定されたもの。
受付には矢絣に袴の山川茜さんが座っていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2012年09月20日

宮澤賢治が愛した理想郷に、若い力で伝統野菜「仙台白菜」の定植作業が行われた。


仙台朝市 今庄青果の庄子泰浩専務から、久しぶりにメールをいただいた。
メールによると、仙台市内は地震以前の状況に戻りつつあるようだが、沿岸部では津波被害からはまだまだ抜け出せない状況が続いているという。

一昨年からはじまった食育活動、仙台にある私立明成高校・調理科リエゾン・キッチン(地域連携活動部門)「みんなの白菜物語プロジェクト」の活動は、震災を乗り越えて大きな広がりを見せているという。



1-1IMG_6679.JPG

上の写真をクリックすると拡大


活動を支援している庄子専務にも、応援してくれる仲間が増え、今期は白菜の定植から栽培にまで広がっているようだ。
何でも、白菜が織りなす不思議なご縁が繋がり、岩手県花巻市にある宮澤賢治が自耕した畑を借りることができたという。
「宮澤賢治が愛したイーハトーブ。まさか自分と宮澤賢治が繋がるなんて夢にも思いませんでした。」と専務の興奮が伝わってくる。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2012年08月24日

山梨の農業生産法人 山本ファーム(有)に表敬訪問。


今年も、山梨の農業生産法人 山本ファーム(有)からは、大黒ナスや翡翠瓜などを送っていただいた。
山本ファームのオリジナルブランドは、どれも見事なもので、同封されたレシピにしたがって美味しくいただいた。
先日、家族で山梨に出かけたことは、当ブログで報告したが、山梨への計画が立てられた時に、山本ファームへの表敬訪問を予定に入れた。



1-1キャプチャ.JPG

山本ファームのオリジナルブランド「大黒ナス」を、ゴルフボールと一緒に撮ったので、その大きさがわかると思うが、厚さ1センチ位に切って炒め、辛子醤油で「ナスステーキ」が美味しい。

上の写真をクリツクする
山本ファームに止めてあった軽トラックの荷台には、収穫してきた大黒ナスと翡翠瓜が乗っていた。
翡翠瓜も、当ブログで紹介している


桧原村で栽培されている「おいねのつるいも」は、もともとは、甲斐の都留から嫁に来たおイネさんが持ってきたと伝わる伝統野菜だが、山本ファームが取り扱う「落合芋」と同じルーツかもしれない。

桜奈 桜わさび菜も美味しい


山本ファームには連絡も取らずに、伺ったものだから、山本 正社長はお出かけでお会いできなかったが、社員の方々にはお会いできたので、お礼を申し上げることはできた。
後日、山本社長からはメールをいただいた。

農業生産法人 山本ファーム(有)
山梨県甲州市塩山千野4221
FAX 0553-32-1788
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2012年08月12日

神田錦町で久しぶりに味わった「ひご野菜コロッケ」。


熊本の伝統野菜「ひご野菜」の普及推進に取り組んでいる北亜続子さんから、先月「8月9日 ちよだ夕方市、翌10日はホテルグランドパレスのホテル市に出店します。」とメールがあった。

北さんは、これまで当ブログで何回も紹介しているが、「ひご野菜」を使ったコロッケで起業した「ひご之すけ」の経営は順調のようだ。



1-1005.jpg


「ちよだ夕市」の会場は、東西線の竹橋からすぐの神田錦町のビルの谷間、表通りから一本入ったところに「ちよだプラットフォームスクウエア」があった。

たまたま出来上がったコロッケを持って、北さんが現れた。

上の写真をクリックする
熊本店の表を飾っていたタペストリーを持ってきたようで、藤棚にかけてあった。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2012年07月05日

シニア海外ボランティアの吉原久雄君からトンガレポートが届く。


JICA 独立行政法人国際協力機構が募集する「 シニア海外ボランティア」に応募して、2010年からトンガ王国に派遣されていた、東京農大の同級生・吉原久雄君から報告書が届いた。

同氏はトンガの農業食糧森林水産省に配属され、2年間の長期派遣で農業政策アドバイサーとして活躍してきた。

吉原君の活躍ぶりは、2011年4月にレポートをもらったきりだったが、そのことは当ブログで報告している。



1-1001.jpg

写真はロード バエア農業大臣(右)を四角スイカ畑に案内した吉原君(左)。


その、吉原君は、彼の誕生日の1月7日(68歳の誕生日)にトンガから帰国し、ようやくレポートを書き上げたようで、添付メールが届いた。

上の写真をクリックするとレポート。
メールには「現在、有機農業啓蒙の日本生態系農業協会、印西市国際交流協会のお手伝いなどしています。

8月末から2週間、清水紀彦君・間中尚武君・福隅敏昭君の4名で、ブラジルで開催の東京農大米州大会に行き、横田善則君・福西良太君に会う予定です。」
とあった。

同級生4人で南米で農場主になった同級生を訪ねる等、
エネルギッシュに飛び回っているようで、私にとっても刺激になっている友人の一人だ。

posted by 大竹道茂 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2012年06月24日

芳賀緑さんが「江戸東京野菜」の卒論を、FM世田谷「農といえるニッポン!」で紹介した。


江戸東京野菜で卒論を書いた芳賀緑さんが、23日予定通り、FM世田谷「農といえるニッポン!」で卒論を紹介した。
落ち着いて分かりやすかった。

さて、その芳賀さんからメールが届いた。
私は今、宮城県の古川市に住んでいます。
こちらの風景は田んぼが多く、今は夜になるとカエルの鳴き声が響きます。」



田圃.jpeg

上の写真をクリックする



「仕事は、農家の東電に対する損害賠償請求などの運動、そして炊き出しボランティアなどの被災地支援を行ったりしています。
やはり東北にいると、震災や原発事故について考えることが多いです。

写真は石巻市の住宅街だった所です。昨年の9月にもボランティアに行きましたが、あまり変わっていない状況です。

また、農作業のお手伝いもたまにしています。
これからも伝統野菜を追う姿勢を持ち、東北でも切り拓いていきます!
大竹さん、関係者の皆様、今後もよろしくお願いします!

実は私もブログをやっているのでよければ見てください♫」


芳賀さんの活躍を祈っています。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2012年05月30日

日野市の伝統作物「平山おかぼ」が、地元日野市と、狭山丘陵で栽培されていた。


農水大臣が任命したボランタリー・プランナーの肩書を持つ、日野市の農業者小林和男さんが、「平山おかぼ」の情報をくれた。

記憶では、日野市立平山小学校で、地元の在来作物「平山おかぼ」の栽培は10年にもなると思う。

「平山おかぼ」は、明治44年に七生村平山(現在の日野市平山)の林丈太郎が作り出した品種、地元の西平山の八幡神社に「江戸東京の農業」の説明板が建っている。


4-1.JPG


同小学校では、地域の自然、歴史、伝統文化を継承し、地域文化を発展させようと、JA東京みなみ 七生地区の青壮年部の協力を得て、栽培していたことは知っていたが、この活動に、小林さんも中心になって協力指導をしてきた。

小林さんのメールには写真が添付してあった。
「平山小学校四年が種子を守り、育ちもうすぐ定植予定です、苗わけますよ!」

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2012年05月23日

東北新幹線の車内から、山形の在来作物の情報「トランヴェール」が届く。


ある企業の仙台支社に勤めている友人が、「持っているかもしれないけど・・・」と、東北新幹線の座席ポケットに入っていた「トランヴェール 2012 May」を送ってくれた。



img099.jpg


特集が「山形 畑のちから。」 〜旅でめぐる伝統野菜〜
この企画、山形大学農学部准教授 江頭宏昌先生が監修をしている。


目次を紹介すると
8 山形伝統野菜のあおいしさを広めたい !
12 伝統の息づく風景へ 山形おいしい野菜探訪
だだちゃ豆、田川カブ、雪菜、小野川豆モヤシ

18 山形の代表的な在来作物
 平田赤ネギ、庄内柿、窪田ナス、甚五右エ門イモ、
山形赤根ホウレンソウ、金谷ゴボウ、佐藤錦。

20 伝統野菜の奥深さが 見えてくる料理の競演
  タケノコ、だだちゃ豆、外内島キュウリ、

22 奥田政行さんが作る野菜の味を生かしたイタリアン

24 長南光さんが作る 庄内の郷土料理

26 長南みゆきさんが作る 家庭料理

27 伝統野菜・果物に出合う旅ガイド


50頁の6〜27頁まで、内容は充実している。
編集・広告・発売 03-5447-7856

友人も東京駅までの車中、読みふけったようだ。
「ご自由にお持ち帰りください。」で送ってくれたが、手元にとっておきたい一冊だ。
ありがとうございました。
         
posted by 大竹道茂 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2012年04月29日

熊本の伝統野菜を使った「ひご野菜コロッケ」が、観光客をターゲットに拡大の一途・・・。


熊本の伝統野菜を使った"ひご野菜コロッケ”で起業した、北亜続子さんの北印度会社「ひご之すけ」には、昨年の11月に小金井の「江戸東京野菜でまちおこし連絡会」の皆さんと訪ねたが、

北さんの努力の甲斐あって、地産地消をベースに、ひご野菜が育んだ熊本の伝統文化が、コロッケの味わいに加味されて、市民から高く評価されてきた。



1-1001.jpg


コロッケ店もまだまだ採算にのる状況ではないらしいが、新規のお客様や常連さんも増えてきているようで・・・・。

上の写真をクリックする。
北さんからのメールでは、「特にうれしいのは、大学生が増えたことです。

学生時代にひご野菜にふれてもらうと、家庭を持った時や子育ての時に何かしら話をしてくれそうで、こうした体験から伝統野菜って繋がっていくのでしょうね。」

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2012年04月16日

EM菌の江戸東京野菜栽培活用に茨城・自生農場の小野賢二・羊子夫妻を訪ねる。


EM(Effective Microorganisms)菌、いわゆる有用微生物群の農業分野での活用を琉球大学農学部の比嘉照夫教授が開発したことは、現役時代の20年も前に資料で読んだことがあった。

乳酸菌や酵母菌、光合成細菌などがそれで、農業ばかりか環境浄化として、家庭から出る生ごみのたい肥化にも活用されている。
毎年、日本橋祭りでは老舗の主人たちが日本橋川の浄化のために、EM菌団子を橋の上から川に投げ込んでいる。川底のヘドロを分解させるもので、近年では、植物性プランクトンが増え、小魚も戻っているという。



1-1014.jpg
小野賢二君の自生農場。

上の写真をクリックすると、歓迎してくれた、小野賢二・羊子夫妻。


部屋を片付けていたら、昔、購入したEM菌のボトルが出てきた。

今、江戸東京野菜の生産者には、東京都知事が認証する「エコファーマー」の資格を取った方々に、お願いしているが、EM菌が活用できないかと、小平の宮寺光政さんに相談した。

宮寺さんもその効能は知っていて、実際に取り組んでいる事例を見たいということになって

ボトルの購入先でもある、大学の同級生で、茨城で農業をしている小野賢二君の農場に暇を見つけて行くことになった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話