2018年06月12日

目黒区の栄養士さんから、7月の夏季研修で目黒のタケノコの話を依頼された。


地元目黒の伝統野菜が「たけのこ」だと云うことを、今回、めぐろ歴史資料館の開館10周年特別展で初めて知ったと云う、新住民の方もいるようだった。

質問にもあったので、改めて年代を整理すると
孟宗竹は、中国の揚子江の南が原産地で、「毛竹(まおつう)」
と呼ばれているが、島津吉貴公が元文元年(1736)に琉球交易の中で
取り寄せ、磯・仙巌園に定植、薩摩では江南竹と呼んでいる。

九代将軍家重の宝暦年間(1751−1764)に献上し
吹上御苑に定植してある。

明和3年(1766)に加賀藩の足軽が江戸からもって行ったと、
加賀野菜にある。

山路治郎兵衛勝孝は、戸越に寛政元年(1789)に導入している。

これら時代をベースに、目黒の筍のルーツを組み立てた。
アンケートを、読ませていただいたが、お引き受けして良かった。




5-1 (2).JPG

上の画像をタップする

皆さん熱心で、次から次へと質問をいただいた。
終了後、追加質問などもあって、それが終わって会場を出ようとしたら、呼び止められた。

7月23日(月)に、目黒で開催される栄養士の夏季研修「目黒区学校給食研究会」に招かれているが、担当の栄養士さんが見えていたのだ。

目黒区立緑が丘小学校の安藤香奈子栄養士(左)と宮前小学校の松永有香栄養士で、

上の画像をタップする
安藤さんは、今年1月に
アジュール竹芝で開催したイベントでお会いしていた。

また、今年2月に駒込の東京都学校給食会館で行われた、平成29年度 都立学校栄養職員専門研修会には、松永有香栄養士が来られていたと云う。

お2人とも、江戸東京野菜については、理解があり、目黒区学校給食研究会を開催するにあたり、江戸東京野菜を推薦してくれたようだ。

講演では、パワーポイントで、山路治郎兵衛勝孝の話をしたが、都立園芸高校の徳田安伸統括校長が写っていたことから、より目黒のタケノコが身近になったと話されていた。

何でも、徳田校長には、昔からお世話になっているとかで目黒のタケノコとの
縁が見えてきたとも。

夏季研修については、都立学校栄養職員専門研修会の内容をベースに話すつもりでいたが、目黒のタケノコの話も面白いから、加えて欲しいと云う。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | タケノコ

2018年06月11日

めぐろ歴史資料館が開館10周年特別展「目黒のタケノコ〜竹がもたらすもの〜」で、目黒のタケノコ物語を話す。


目黒区立めぐろ歴史資料館が開館10周年特別展「目黒のタケノコ〜竹がもたらすもの〜」が開かれているが、3月に横山昭一学芸員が訪ねてこられ、講演を依頼された。

4月28日には横山学芸員の展示品解説があると云うので伺い、話がだぶらないようにと思って、聞きに来ている。

今回の講演テーマは、「目黒のタケノコ物語」としたが、
昨年、ブログに子規のことを書いたので、それをベースにパワーポイントを作った。

鹿児島にも行っているので、それらの写真も活用している。




1-1.JPG

目黒の筍は、江戸の頃から、目黒不動尊門前の料理屋で季節になると名物として筍飯を食べさせたことから「目黒の筍」は世に知られることとなった。

今回の話の中心に、「目黒」と「筍」のある句として、
正岡子規の
「筍や 目黒の美人 あるやなし」 と

高浜虚子の
「目黒なる 筍飯も 昔かな」 を紹介し、
皆さんに句の背景を考えてもらうことにした。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | タケノコ

2018年06月10日

杉並区立成田西ふれあい農業公園に提供した高井戸節成キュウリの雌花が咲いたと、メールをもらった。


杉並区の皆さんに同区の伝統野菜「高井戸半白キュウリ」を見せたいと、区立成田西ふれあい農業公園の齋藤瑞枝所長から依頼されて、杉並区の伝統野菜「高井戸半白キュウリ」の苗を提供したことは、当ブログで紹介したが、

生育の経過を知らせて欲しいと、中塚正一副所長にお願いしていたが、花が咲いたので、同公園のHPに掲載したとメールがあったが、雄花だった。




a-1.JPG

その後、雌花が咲いたと連絡があった。
上の画像をタップする
今年は、種採り3年目ですが、頑張ってください。

この「高井戸半白節成きゅうり」は公園の中央東屋傍で見ることができます。
ぜひ、皆さんご覧になってください。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動

2018年06月09日

試作された滝野川ゴボウの堀川づくりに、料理サイドからのアドバイス。


小平市の岸野昌さんが滝野川ゴボウの堀川づくり、をしていると、押上「よしかつ」の佐藤勝彦さんにお伝えしたら、近くまで行ったときに手に入れてこられ、長年の経験でしばらく寝かせると云っていたがメールをくれた。

大変遅くなりましたが岸野さんの滝野川ゴボウの堀川づくりについてご報告させていただきます

頂いたごぼうは50pくらい太いところで直径8〜9pくらいです
縦に割るといい具合に空洞ができていました。
今回は夏向きにとカレー仕立にしてみました。

乱切りにして一度170℃ほどの油で素揚げ、豚肉と一緒にトマトピューレ、市販のカレールー、ウスターソースとやや酸味のある味付けです。仕上げに粉山椒をかけて提供しました





1-1.JPG

上の画像をタップする

一般のごぼうとはやはり食感が根本的に異なるため反省点としては表面のひげ根をきれいに取り除き、ある程度表面を滑らかに掃除し、上部の太いところはやや内皮の筋を取り除き大きく切って詰め物や煮物にした方が良いようです。

そうすることで細いごぼうにはない柔らかな穏やかな香りの味わいが期待できそうです。

油で揚げるときは中の空洞を活かし薄く輪切りにしてチップ状に揚げるのが良さそうです
堀川づくりは滝野川ごぼうでありながら全く別ものとして扱わなくてはいけませんね。
もっと野菜から学ばなくてはいけません

今回の反省を踏まえ、次回は別の方法で調理したいと思います
ごぼうを使わせていただきありがとうございました。
押上よしかつ佐藤勝彦


佐藤さん、ご協力ありがとう ございました。

posted by 大竹道茂 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達

2018年06月08日

中高年向けタブロイド版新聞「はいからEst」が、鎌倉大根の草木染の参加者を募集し、開催された。


シニアなんて呼ばせない!情報誌「はいから」や中高年向けタブロイド版新聞「はいからEst」を発行するアーテント・ウィッシュでは、中高年を対象にした、イベントを色々と実施している。

これまで鎌倉を歩く企画なども開催していて、昼食は大根料理の「福来鳥」を利用することもあった。

福来鳥の女将は、同社の青野英俊社長に、鎌倉大根の話もされていたようだが、渡邊公子先生の草木染の作品を見た金子靖子副編集長が注目、今年の4月号で同紙に募集を掲載したもの。



1-3.JPG

上の画像をタップする

募集は、会場の都合から20名規模をイメージして、6月1日に最小催行人員は15名で募集を行ったところ、お友達を誘っての口コミでの参加希望は50名を超えたことから、2日間に分けての開催となった。

第1回は、5月29日(火)、に開催したが、24名が参加し、第2回として6月1日(金)に26名となったが実施されたもの。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉大根

2018年06月07日

NPO法人江戸東京野菜コンシェルジュ協会の平成30年度通常総会が開催され、全議案が承認され、新役員には川並三也さんが選任された。


特定非営利活動法人 江戸東京野菜コンシェルジュ協会では、平成30年度通常総会を6月3日(日曜日)10:30から小金井市の「くりやぶね」で開催しました。

佐々木昭理事の議長のもと、
平成29年度 事業報告
平成29年度 活動計算報告・監査公表
平成30年度 活動計画について
について提案いたしましたが、

慎重審議の上、すべての議案が満場一致で承認された。

また、第4号議案 役員の選任に関する件につきましては、
私から、川並三也さんを理事に推薦申し上げたが、
満場一致で選任された。



3-0ャ.JPG

川並さんには、2008年、椛S農ビジネスサポート・味の店「道草」と和風割烹「大地」の支配人時代に、江戸東京野菜を使っていただいた。

その後、大手町の「農業・農村ギャラリー」管理マネージャーとして、2013年、“ 旬・食”体験教室の 江戸東京野菜シリーズを企画した。

また、2014年には、和食の料理人について相談され、日本橋「ゆかり」の三代目野永喜三夫氏を紹介させていただいた。
以後、毎月セミナーが行われ好評を博し、今年からは「こだわりの旬を味わおう! 野永めしセミナー」が行われている。

2014年には、南新宿ビルの耐震構造ビルへの建て替えにあたり、2017年完成後の「JA東京アグリパーク」活用等の研究会委員を務めた。

2018年、椛S農ビジネスサポートの再雇用で、現在JA東京アグリパークに勤務している。

先に実施した当協会の講座でもお手伝いをいただいた。(上の写真)

江戸東京野菜コンシェルジュ(5期)でもあり、これまでのキャリアから新役員としての活躍を期待いただきたい。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2018年06月06日

天王寺蕪のふるさとを訪ねて、天王寺と阿倍野を歩き回った


道頓堀のすき焼き「はり重」で開催されたすきや連の第29回例会は、美味しいすき焼きをいただき盛会だったが、東京から来たメンバーが日帰りをすると云うので8時45分にお開きになった。

体力的に日帰りはつらいので、日本橋に泊まって翌日は、なにわの伝統野菜に縁のある所を一人で歩いた。

上田隆祥さんが、皆さんに見せようと天王寺蕪を栽培して見せてくれたので、四天王寺に建立された「野沢菜原種 旅の起点」と、阿倍王子神社の「天王寺蕪の碑」を訪ねてみようと、天王寺蕪の会事務局長の難波りんごさんに、下車駅をお聞きしてメモった。




1-1.JPG

昼過ぎののぞみで帰ろうと、9時過ぎにホテルを出た。

「野沢菜原種 旅の起点」の碑は、四天王寺に建立されていて、「四天王寺前夕陽ケ丘」下車だとメモしてあった。
なんば駅のロッカーに荷物を預けて、スマホの「乗換案内ジョルダン」で、なんば発 四天王寺前夕陽ケ丘着で検索すると谷町九丁目乗り換えと出た。便利だ

上の画像をタップする
「ようこそ四天王寺参道へ」の幟が道案内。
和菓子店の先に「なにわ伝統野菜 四天王寺 西むら 浪速漬」があった。 
ちょっとのぞいたが、開店前の準備に忙しそうにしていたので、帰りに寄りますからと店長に伝えて四天王寺へ・・・・

そんなことを、りんごさんに報告しようと、スマホを取り出したら、りんごさんからショートメールで、夕陽が丘駅 C出口から、参道に「なにわの伝統野菜専門の漬物屋さん「四天王寺西むら」があります。10時開店です。とあった。

りんごさんと上田さんは、向笠千恵子先生を案内して泉州「水なす」を栽培している北野忠清さんを訪ねているが、気に掛けていてくれたのだ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2018年06月05日

「あべのハルカスファーム」で子どもたちが天王寺蕪を収穫したと、難波りんごさんからメール。


天王寺と阿倍野を歩いてきた報告とお礼のメールをりんごさんにしたら、これから「あべのハルカスファーム」で子どもたちが天王寺蕪の収穫をするので出かける(6月3日)と云うので、後日写真を送ってもらった。

日本一高い「あべのハルカス」の創業に向けて、阿倍野・天王寺の魅力発信アドバイザーとして関わった話をされていたが、菜園も出来ていたとは、目の前まで行っていたから、寄ってみたかったが、

ビルの10階屋上(あべのハルカスウイング館)に50区画もあると云う。




b-1.JPG

上の画像をタップする

6月3日、天王寺蕪を収穫した子どもたちの笑顔がいい。





続きを読む
posted by 大竹道茂 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2018年06月04日

平成30年度「農」の機能発揮支援アドバイザー派遣の募集について


一般社団法人 都市農地活用支援センターが実施している「農」の機能発揮支援アドバイザー派遣事業が今年も実施されます。

都市における「農」の多様な機能を発揮した取組を支援するため、
都市農業やまちづくり等の 専門家を派遣します。

勉強会での説明相談対応、現地でのアドバイス等で、NPO江戸東京野菜コンシェルジュ協会も関係協力団体としてお手伝いをしています。




1-1.JPG

上記の画像をタップ、
派遣要請は2週間以前に行ってください。

一般財団法人都市農地活用支援センター連絡先
TEL 03-5823-4830, FAX 03-5823-4831
Mail katuyou@tosinouti.or.jp
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報