2019年11月30日

Trendの頁で「江戸東京野菜」を紹介してくれた「花王ケミカルだより」2019 No82が届いた。


花王株式会社のケミカル事業ユニットが年二回企画制作する「花王ケミカルだより」が特集で ”江戸の粋「日本そば」の魅力を知る” が掲載されていたので紹介したが、

そのきっかけが、「花王ケミカルだより」の企画編集をしている(有)トモス・ネットワークのコピーライター井上資巳さんで、

2019 No82のテーマ「江戸東京野菜」を、「クライアントの花王さんに提案したら了承を得ました。」とメールをもらっていて、感謝しながら原稿を書いたが、その「花王ケミカルだより」2019 No82が届いた。




1-1.JPG

上の画像をタップすると

Trend 江戸東京野菜
「食卓に、江戸東京の「伝統野菜」がよみがえる」

追伸
「花王だより」はここから。

追録
2016年No.76の特集 ”江戸の粋「日本そば」の魅力を知る”
はここから。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2019年11月29日

多摩の魅力発信イベント「多摩の超文化祭」が、11月15日、16日の2日間にわたり豊洲市場で開催され、多くの来場者で賑いました。


多摩地域の魅力を発信し、多摩地域の交流人口の増加等につなげる ことを目的として、都民及び東京を訪れる観光客に向けた多摩の魅力発信イベント「多摩の超文化祭」が、11月15日(金)、16日(土)の2日間にわたり豊洲市場で開催され、多くの来場者で賑いました。

このイベントは、
東京都、多摩地域30市町村が主催し、 共催には島しょ9町村、
後援 :東京都市長会、東京都町村会、多摩観光推進協議会、
(公財)東京都島しょ振興公社。

協力として、全日本・食学会、JAあきがわ、JA東京むさし、
潟~ート・コンパニオンで開催された。
(全日本・食学会の事務局宮崎哲弥さんから情報をいただいた。)





1-1.JPG

各市町村が、ご当地グルメや特産品、観光スポット等、
イメージ向上につながる創意工夫を凝らし、
それぞれの魅 力を積極的にPRするなか、
多摩産食材の美味しさを多くの人に知ってもらおうと、

全日本・食学会の「東京マイスター (東京都優秀技能者)」が2人、
野永喜三夫シェフ(日本橋「ゆかり)
)と、
齋藤章雄シェフ(丸の内「しち十二候」)の
料理がイベントを盛り上げた。

会場ステージには、小池百合子知事、
清水庄平立川市長(写真左)、坂本義次檜原村長(写真知事の右隣)も、
野永シェフ(写真右)の料理を絶賛!

上の画像をタップする
会場となった豊洲市場(江東区豊洲6丁目)6街区 屋外スペース



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年11月28日

「ニッポンお宝食材」〜風土が作り、人が育てる郷土のお取り寄せ帖〜を、向笠千恵子先生が小学館から出版。


フードジャーナリストの向笠千恵子先生から、ご著書が届いた。
「ニッポンお宝食材」〜風土が作り人が育てる郷土のお取り寄せ帖〜。

2013年JR東海などの新幹線内にあるカルチャー月刊誌
「ひととき」の編集部から連載エッセーの依頼があり、
各地の食材を訪ねる旅を始めたという。

その連載が終わったと聞いていたが、それが一冊になった。

東京の食材としては、
東京ウドと千住ネギを「ひととき」に掲載いただきましたが、
それを読んでいると、他の県の食材も、読んでみたかった、
それが一冊になったのは素晴らしい。

令和の旨いものを探す旅のお供にご活用くださいと、あった。



1-1.JPG

上の画像をタップする
東京ウドは2016年の4に掲載されたが、2013年2月に取材されている。

千住ネギは2018年の11に掲載されたが、2018年の2月に取材された。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2019年11月27日

大嘗宮参賀の帰りに天皇陛下に拝謁、手を振っていただいた。


天皇皇后両陛下は、伊勢神宮を訪れ、「親謁の儀」に臨み、
22日から外宮、23日には内宮を訪れ、
即位の礼と大嘗祭が終わったことを報告されたと、
テレビが報道していた。

この日は、大嘗宮一般参観を終えて天守台の裏、北詰橋門を出て
半蔵門に向かったが、乾門まで来ると物々しいので
警備の警察官に聞くと5分後に天皇陛下が来られるという。

こんな偶然もあるんだと、陛下をお待ちした。






1-3.JPG

ピンボケになってしまったが、
撮影した写真のデーターから10時30分、赤坂御所からの天皇陛下に
にこやかに手を振っていただいた。感激!

上の画像をタップする
皇室の方は、皇居には半蔵門から入るものと思っていたが、
乾門から入ることもあるんだ、

特別なことかと思いながら、半蔵門に向かったが、
半蔵門も厳重な警備で、警備の警官に聞くと、
ローマ教皇が、今通過(10時43分頃)したという。

帰宅して知ったが、
天皇陛下はローマ教皇フランシスコと11時に会見したと
報道していた。話は繋がった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2019年11月26日

調べ物があって荒川ふるさと館の学芸員に会ってきたが、三河島菜が地域に定着しているのを実感した。


先日、荒川の伝統野菜について調べることがあったので、荒川ふるさと文化館の学芸員の先生にお願いして時間を取ってもらった。

10年も前に一度来ているので、南千住から歩いて伺ったが、北風が強いく急に寒波が来たような日だった。





1-1.JPG

荒川ふるさと文化館の入り口のたたきに、
トリックアートが描かれていた。
見る角度によっては、
千住大橋を渡る松尾芭蕉と弟子の河合曾良が立体的に見える。

上の画像をタップする
松尾芭蕉が「行く春や 鳥啼き魚の 目は泪」の句を詠んで
元禄二年、千住大橋を渡り「奥の細道」の旅へ出発した。

今年は、この旅立ちから330年の節目の年だということと、
8月に同館のリニュアルにあわせて
東京芸術大学の学生がトリックアートを描いてくれたという。

学芸員の亀川さんに前もって依頼していた件は、
資料を用意していただいて、お話を伺ったので、よく理解できた。

江戸東京野菜は、江戸からの歴史文化を今に伝える野菜だから、

現在、荒川区の名前がついているものは、
青茎三河島菜、三河島枝豆、汐入ダイコン、谷中ショウガで、
復活がして、地元荒川区の小学校をはじめ、区民も栽培していて、

農家としては練馬区をはじめ多摩地区で栽培されている。

江戸東京野菜は貴重な文化遺産なんです、
とお話をしたら、亀川学芸員も共通認識を持っていただけた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 里帰りした三河島菜

2019年11月25日

青空がよく似合う背の高い皇帝ダリアが咲いた。


背の高い皇帝ダリアが今年も花を咲かせたが、
澄んだ青空が似合う花だ。

このところの北風に最初に咲いた花弁が散り始めた。




1-1-1.JPG

今年も、台風に痛めつけられた。

幹の下の方では直径3〜4センチにもなり木質化しているが、
4メートルにもなる背の高い分、台風には倒されてしまう。

今年は台風15号で倒されてしまったが、すぐに起こした。

毎年台風に倒されるが、すぐに起こさないと、
来年の芽が動き出して、根元から芽を出してしまう。

上の画像をタップする
その後の台風19号では、倒れずに済んだ。

蕾がたくさんついているから12月まで楽しめそうだ。

皇帝ダリアには「乙女の純潔」とか 「乙女の真心」の花言葉がある。
posted by 大竹道茂 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 農地のある景観と環境

2019年11月24日

三國シェフの30年、料理人生の集大成は、ずっしりとした「ジャポニゼ」。


A4変型(297×280mm)上製本・ケース装、504頁の
ずっしりとした「ジャポニゼ」が届いた。

フレンチの三國清三シェフが、30年の料理人生の集大成を一冊にしたという「ジャポニゼ」を、ケースから引き出して開くと、北海道から沖縄へとお料理の旅は続く。

504頁の中程あたり、140頁から209頁までが「東京」で、食材や生産者を紹介しながら、たくさんのお料理が掲載されている。



1-1.JPG

表紙のお料理は「静岡のジビエ」、
フェザンヌのロースト、東京金ごままぶし、
レンズ豆の軽い煮込み添え。同誌は森川昇カメラマンが撮影。

注文をしたときに、
三國シェフのサインも書き込んでくださいとお願いしたが、
初めて見るサインが描かれていた。

上の画像をタップする
サインについてはメモがあって、
東大寺中性院、東大寺長老・北河原公敬様に
「清三」の名をデザイン化してもらったものだという。


東京(140頁)には、
東京は大都会であるが、目の前の海は漁場・・・・・
郊外の畑では伝統野菜が栽培され・・・・・ている
僕は「東京の食」をずっと応援してきた。
江戸の食文化を確立する料理人仲間との活動も僕のライフワークだ。

と云う。

トップは江戸前穴子(142-155頁)で、
横浜金沢区の柴漁港、第六金亀丸の斎田芳之さんが紹介されていた。
江戸前穴子は、江戸の昔から名産だった。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2019年11月23日

今年で6年目、「三河島菜フェア」で日替わりランチが荒川区役所の地下1階レストラン「さくら」で開催された。


フリーランスライターの齋藤香さんが、お住いの地元荒川区の伝統野菜「青茎三河島菜」に注目されていることは先日ブログで紹介した。

ブログ最後の追録で、荒川区役所の地下1階レストラン「さくら」で11月18日から22日まで開催される、「三河島フェア」の日替わりランチを食べに行くと云っていたが、写真を送ってくれた。





1-1-1.JPG

レストラン「さくら」

上の画像をタップする
齋藤さんが行かれた日は木曜日で、三河島菜グリルハンバーグ 510円





続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 里帰りした三河島菜

2019年11月22日

JA東京あおば農業祭2019が、光が丘公園けやき広場で16日17日に開催された。


JA東京あおば農業祭2019から、ご案内をいただいていたので、練馬区の光が丘公園けやき広場で16日17日に開催された。

ケヤキ広場は光が丘団地の一角にあり、大江戸線の光が丘駅から5分の距離だから終日会場には、多くの人でにぎわった。





0-1.JPG

JA東京あおばは、農地のある板橋区と練馬区の農業者を組合員とすることから、板橋、練馬、石神井、大泉の各地から農産物が集められて、品評会が行われた。

上の画像をタップする
キャベツ、大根、果実、花、盆栽等が出展された。

会場入り口に野菜の宝船が飾ってあた。
この宝船、板橋、練馬、石神井、大泉の合併前の地域が順に作り
今年は大泉地区が担当だそうで、
渡邉和嘉さん(江戸東京・伝統野菜研究会副代表)も加わり、
金曜日に作り上げたもの。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年11月21日

絵本塾出版から絵図解 やさい応援団「まるごと! とうもろこし」が20日に配本された。


絵本塾出版が企画するシリーズ やさい応援団「まるごと野菜」は、構成・文を八田尚子先生、構成・絵を野村まり子先生で、監修をさせていただいている。

これまで、「キャベツ」、「だいこん」、「トマト」、「かぼちゃ」、「じゃがいも」、「えだまめ」、「にんじん」、「ほうれんそう」、「さつまいも」が配本されているが、11月20日に「とうもろこし」が出版された。





1-1-8.JPG

上の画像をタツプする

目次
●とうもろこしが実った
●畑にとうもろこしをまく
●ひげの数は粒の数
●とうもろこしの収穫

●9000年の歴史がある
●先住民の生活を支えた
●現代のとうもろこし
●世界の人が食べている
●日本のとうもろこし

●スイートコーンにズームイン
●世界一の生産国はアメリカ
●こんなところに、とうもろこし
●お祭りでメキシコ料理を食べたよ
●丸ごと使おう


まるごと野菜シリーズは、
学年に関係なく読んで新たな発見がある。

子どもに読んで聞かせていた大人が
その野菜の歴史文化に引き込まれ、食べたくなる。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介