2023年01月19日

昭島市では、令和4年度の食育シンポジウムを17日は、昭島市役所1階市民ホールで開催した。


昭島市の小学校での江戸東京野菜の出前授業は、
2021年10月中神小学校の3年生に、はじめて行った。

12月には4年生に拝島ネギの出前授業を行い、
翌年の2月になってから種まきの授業を行いました。

その後、栄養教諭の松屋有紀子先生のお骨折りで、光華小学校でも
江戸東京野菜の栽培が始まりましたが、この時に、
学校給食課自校給食担当望月弓子係長から、食育シンポジウムの
基調講演を依頼され、
同校でも取組について、報告することになった。




0-1.JPG

17日は、昭島市役所1階市民ホールで14時半から始まったが、
江戸東京野菜の担当部署のJA東京中央会の市川部次長、
横沢課長代理、能城係長が聞きに来てくれた。

上の画像をタップするとプログラム
開会に当たり、主催者の昭島市教育委員会山下秀男教育長の
挨拶で始まった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2023年01月18日

亀戸大根の収穫祭は、亀戸香取神社で3月上旬の予定で、栽培が行われている。


亀戸大根の収穫祭を3月上旬に控えて、亀戸地区での栽培は
どうなのか、気になっていた。
江戸東京・伝統野菜研究会の亀島由美子さんが、
写真を送ってくれた。

亀戸には、昨年の中旬に伺っているが、長年栽培していた
JR亀戸駅の畑は、雑草がぼうぼうだった。
江戸東京野菜の栽培で同じような事は、教育の現場でもそうだが、
校長が変わると実施されなくなるケースはよくある。

JR内部のことは分らないが、
管理監督をする部署長が変わったのであろう。
先日、テレビの企画会社から、亀戸大根の収穫祭を取材したいと、
JR亀戸駅の様子も聞いてきたが、今年は栽培されていないと、
伝えたら残念がっていた。




1-1.JPG

前任の落合駅長には、一昨年お会いしていたが、昨年大西英夫駅長に
変わられて、亀戸ダイコンに対する栽培にも理解を示していた。

JRに代わって東武亀戸駅のホーム脇で栽培が行われていて、
利用者の認知も広がっている。

上の画像をタップする



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根

2023年01月17日

世界的にも珍しい東京の農業、国際ワークショップの中で、江戸東京野菜を紹介する機会を得た。


昨年の11月に、東京大学大学院 都市工学専攻の飯田晶子主幹研究員からメールをいただいた。
何でも「都市農業遺産に関する国際共同研究」をされているそうで、
国際ワークショップの中で江戸東京野菜の話を聞きたいという。
メンバーは、ドイツ(アーヘン大学)、ブラジル(サンパウロ大学)、
キューバ(ハバナ大学)、インドネシア(パジャジャラン大学)、日本
(東京大学)の5カ国の大学で実施している国際共同研究だという。
各国の都市農業を事例に、都市農業を「遺産」として捉える枠組みを
構築することを目指しているという。
現役時代に、三大都市圏の市街化区域内農地を次代に引き継ぐ運動を
展開してきただけにそそわれるテーマで、喜んでお引き受けしていた。






1-1.JPG

上の画像をタップする
国際ワークショップは、2023年3月12日(日)〜3月21日(火)に
東京で実施し、東京の農業・農地を視察するので、説明しておきたいと
云うので、出先の喫茶店でお話を伺った。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2023年01月16日

三鷹大沢ワサビの情報に、長屋王家木簡広報人を名乗る久保功先生が、委佐俾(わさび)に関する資料を送って頂いた。


三鷹市大沢の箕輪家が江戸時代から栽培していたワサビは、ボランティアとしてわさび田の整備のお手伝いをしている。

この所、先約があって、1月7日の作業は欠席したが、三鷹まるごと博物館市民リポーターGr
「チームわさび」世話人の生田清敏さんから、定例のわさび田作業の様子を伺ったが、古民家ワサビ田のお掃除をされたそうだ




1-1-6.JPG

箕輪家がワサビ栽培をやめた後も生き残った三鷹大沢ワサビ

2月の定例作業日には、現在培養をしている苗、1000 株のうち 300 株
程度が、納品される予定だそうで、2月4日(定例作業日)は、実験ワサビ田を耕して、植え付けの準
備をすることになるだろうとの、ボランティア通信を送って頂いた。



続きを読む

2023年01月15日

YouTuber三國清三シェフの面目躍如、67年の人生を語る。


三國シェフの「三流シェフ」は好調な売れ行きを見せているようだが、YouTuberとしても日々のお料理も人気だ。

ここで紹介するのは「三流シェフ」にも出てこない話が出てくる。
だから読んだ後にこれを見ると、シェフの魅力が倍加する。





1-1.JPG

上の画像をタップする。
三國清三(#16) パレドZ〜おいしさの未来〜
2019年に江戸東京野菜を語る(14.08)
未来に残すべき一皿は、江戸東京野菜のお料理。

紹介した江戸東京野菜通信はここから。

そもそも、三國シェフとの出会いは、新宿御苑。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2023年01月14日

王子稲荷神社に願掛けに来た新造と大根の対象が面白い。


轟々と水しぶきをたてて流れ落ちる男滝は、
ちっとも変わらない。


上の動画は 拡大.JPG右向き三角1を押す。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2023年01月13日

立川でカラフル野菜を栽培している、小山三佐男さんが、都市農業への思いを語る。


1月8日22時からフジテレビの「Mrサンデー」で、
日本のフレンチを世界に知らしめた男、三國清三シェフを紹介する、
というので、始まった22時半ごろ立川でカラフル野菜を栽培している、
小山三佐男さんと、清瀬でセルリーを栽培している
並木毅さんに電話をして伝えた。




1-1-5.JPG

上の画像をタップする


幼少期から、中卒で札幌グランドホテルの料理人に・・、
料理の神様村上シェフを頼って、帝国ホテルで鍋洗い・・

番組はそこまでで、20歳でスイスの日本大使館、大使専属の料理人に
なってからの話は、1月15日(日)のMrサンデーで放送される。
 

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2023年01月12日

拝島第二小学校の3年生が栽培する、東京べか菜は収穫を間近にしていた。


拝島第二小学校から3年振りに出前授業の依頼が来たのは9月だった。

一昨年から昭島市立の小学校では、江戸東京野菜の授業が始まり
昭島市中神小学校が、拝島ねぎの復活栽培を始めたのに続いて、

光華小学校は9月になって、江戸東京野菜の金町コカブと品川カブの
栽培を始め、拝島第二小学校でも9月末から、東京べか菜の栽培を
始め、拝島ネギについては、播種の時期が遅いと云う事で、
中神小学校の余った苗を分けて頂いて定植をしている。





1-1--.JPG

拝島第二小学校3年担任の佐伯薫教諭から、10日に電話を頂いた。
東京べか菜は、いつ頃収穫ができるかというので、
早速、生育状況を見に同校に伺った。

昨年の11月に様子を見に行って以来、見に行っていなかった。

この所、20日も雨が降らす、乾燥した日々が続いていたのと、菜園が
南向きで校舎に当たった風が舞うものだから、ネットの中を吹き抜けて
乾燥し、水不足で下葉が黄ばんでいた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2023年01月11日

瀧野川八幡神社の初詣に暮れの内から並ぶ参詣者に温かい紅白の祝い汁が振舞われた。


瀧野川八幡神社の創建820年の記念に、
滝野川ごぼう、滝野川にんじん、滝野川かぶの復活栽培が行われ、
ごぼうの収獲は行われたが、にんじんとかぶについては試しに抜いて、生育具合を見てきた。
抜いたにんじんとかぶの試食もされたようで、美味しいと伺っていた。

にんじんとかぶについては、初詣に暮れから並ぶ参詣者の
皆さんに温かい紅白の祝い汁を召し上がって頂こうとの取組が、
氏子会の皆さんが行い、好評だったと伺っている。





1-1--.JPG

かぶ汁としては暮れの25日に、品川神社で開催された品川蕪品評会で、
品川汁が振舞
われたが、品川では2010年から行われている。

上の画像をタップする
レシピについては、品川かぶ汁と同じように、
江戸東京野菜コンシェルジュ協会の上原恭子理事考案を
紹介していて、紅白の素材を、豆乳味で調理されたが、

紅白の祝い汁は、瀧野川八幡神社特性として伝えられることになる。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 品川カブ、滝野川カブ