2021年09月16日

西新宿小学校の6年生に、地域の方から、内藤カボチャが二つも生ったと写真が送られてきた。


新宿区立西新宿小学校(長井満敏校長)では5年生が内藤カボチャの
栽培をしているが、生徒たちは毎年、地元のカボチャを広く
知っていただくために、地域対応の活動を展開している。

例えは、新宿駅構内に近い地下街で、発表を行ったり、
小池都知事に活動を報告したり、
又、昨年のように新宿区報で、区民に種をお分けすると掲載したりと、

地域の歴史文化を知らしめるための活動を展開してきた。


1-1-5.JPG

上の画像をタップすると拡大
昨年5年生の担任だった川ア香澄教諭は、引き続き6年生の担任を
されていて、このほどメールが届いた。

昨年度の5年生は、伝統を広めようということで、西新宿小学校で
とれた内藤かぼちゃからとれた種を地域の方に広めるという
活動を致しました。

今年の収穫時期になり、
収穫できたというご報告を多数いただきました。
そのうちの1つをお送りいたします。
」とあった。

続きを読む

2021年09月15日

都市大学付属小学校の4年生がミクニレッスンをリモートでの授業が行われた。


フレンチの三國清三シェフが、都市大学付属小学校(松木尚校長)の
4年生を対象に実施している、ミクニレッスンの、食育授業は
1年間にわたって実施しているが、

新型コロナウィルスの感染拡大の中で、緊急事態宣言が延長された
これにより、リモート授業が、9月13日(月)、に実施されたと、
松木社長(豆豆社)からメールがあった。


naoya.jpg

上の画像をタップする

スマホで、リモート用に撮影したことは、紹介した。

ミクニレッスンの中では、三國シェフが懇意にしている食育の
オーソリティーの先生方もお招きしているが

7月には、児童の家庭向けに服部幸應先生(和食大使・医学博士)の講演を
児童の家庭向けにリモートで行われた。





続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2021年09月14日

練馬区平和台の渡戸章さんが播種した練馬大根は、すでに本葉が数枚出ていた。


練馬大根の栽培では、第一人者の渡戸章さんに、
大根の芽が出てきたか、電話で聞いてみた。

練馬大根は、かつては、8月末には種を蒔いたものだが、
地球の温暖化で年々播種の時期が遅くなっている。

「大根の芽は出ているよ!」と云うので寄ってみた。

昔は、沢庵漬けにすることから、12月になると全部抜いて、
干し大根にするが、最近は1月になっても飲食店の
需要があることから播種の時期も、

数日おきの播種も見受けることがある。






1-1.JPG

本葉が出ていたので、渡戸さんに伺うと、1週間前、
雨が上がったところで蒔いたという。

上の画像をタップする
ここ数日、暑い日が続いたことから、本葉も出てきたが、
風は秋風で、また涼しくなるようだ。
台風も心配だ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根

2021年09月13日

山梨県甲州市塩山の農業生産法人(有)山本ファームから、今年もオリジナル野菜が、美味しい桃と一緒に届いた。


山梨県甲州市塩山千野の農業生産法人(有)山本ファームの、
この季節のオリジナル野菜「大黒なす」と「翠玉貴瓜」、また
地元の伝統野菜「落合芋」のレンチンポテトと「白桃」が届いた。

お手紙には山本ファームでも、今年品種登録の申請を受理された
「ナシトマ」というミニトマトを、一般販売で来そうだとあった。







1-1.JPG

上の画像をタップする
甘く大きい白桃が入っていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2021年09月12日

練馬大根が発芽して、思い出した第1回 練馬大根引っこ抜き競技大会。


肌寒い日が続いたが、日照時間が5時間以上は11日ぶりだという。
日照不足と長雨によって、農産物への影響が出ている。

江戸東京・伝統野菜研究会の渡邉和嘉副代表に電話をすると、
今日は、大泉の村田農園にいると云うので、寄ってみた。

トラクターで耕運作業をしているところだったが、
エンジンを止めて降りてくれた。





1-1-8.JPG

練馬大根が発芽したという。
蒔いて数日で発芽したようだが、長雨の中で芽を出してくれた。

練馬大根と云えば、思い出すのが「練馬大根引っこ抜き競技大会」で、
2007年、練馬区独立60周年記念として開催したもので、
この畑の園主、亡くなられた村田仙太郎さんに、
渡邉さんがお願いして練馬大根を蒔いてもらった。

大会前日からNHKが放送してくれて、翌日の大会は盛り上がった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根

2021年09月11日

「あなたの地域を よしもとと一緒に盛り上げよう!」という小冊子を編集した松木さんから頂いた。


ミクニレッスンのプロデュースをしている松木直也さんから、
今年、9月に大阪で関西万博の開催に向けて行われる
「Warai Mirai Fes 2021」で、伝統野菜を販売するから、
江戸東京野菜を出荷してほしいと話があった。

その後、緊急事態宣言が出されたことから、中止になった。

松木さんは、食育専任スタッフとして、また商品開発など
吉本興業東京本社の仕事を10年来している。

吉本では2011年に「あなたの街に”住みます”プロジェクト」発足し、
全国に「住みます芸人」が派遣され、地域の生産者と地方創生のために
いろいろな食品を開発しているそうだ。







1-1-1.JPG

先日、松木さんが編集を担当したという小冊子
「あなたの地域を よしもとと一緒に盛り上げよう!」を、
一冊いただいた。

新宿ゴールデン街の西側にある旧新宿区立四谷第五小学校の建物が、
吉本興業の東京の拠点で、10年ほど前に、宮寺光政さんが、
松木さんに依頼されて、校庭脇の菜園でイチゴやトウガラシ栽培を
手伝っていて、菜園を見せてもらったことがあった。

上の画像をタップする。

「あなたの地域をよしもとと一緒に盛り上げよう!」という企画は
1. 子どもたちへ食育授業の実施
2. 地元ならではの商品開発の実施
3. 野菜を食べることは楽しいは、食育。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2021年09月10日

荒川区立宮前小学校の4年生は、地元の伝統野菜「三河島菜」の栽培をスタートした。


荒川区立尾久宮前小学校(篠澤章子校長)では4年生になると、地元の伝統野菜「三河島菜」の栽培授業を、2011年から実施しているが、

三河島菜の復活栽培に取り組んでくれた小平の宮寺光正さんが播種からの栽培指導に行ってくれている。

4月に着任された篠沢校長も荒川区の伝統野菜・三河島菜を同校が伝統的に栽培を続けていることに理解を示し、引き続き4年生が栽培することとなった。

今年は、4年生の担任の今泉悠乃教諭から7月にメールをいただき日程を調整頂いて9月8日(水)に伺うことになったもの。

4年生の担任の今泉教諭と矢口教諭ともに初めての授業だったので、宮寺さんと1時間ほど早く行ってから、プランターの準備や、播種する菜園などの確認などを行った。
4年生は、運動会の練習で校庭にいた。






1-1.JPG

授業は10:40〜12:15で、1組と2組を、三河島菜の歴史、発見と復活、食育を45分
種まきも45分で、入れ替えで実施した。

担任の教諭から、外部講師として紹介されたが、簡単な自己紹介の中で、「2回のワクチン接種は終わりました、今、体温は36.2℃です。少しだけ顔を見せます。」と言って片方だけマスクを外して無言で10秒、再びマスクをしてから「安心してください。」とごアイサツ。生徒からはそれなりの反応をしてくれた。

三河島菜の歴史、三河島菜の仲間、調理し方などについて、話したが、興味を持ったところはメモを取っていた。

上の画像をタップする

生徒には、荒川区のことなどを、逆質問して「知ってる人!」、沢山の手があがり、授業への集中を高めていった。
三河島菜が、仙台で発見され、宮寺さんが復活栽培をし、新聞掲載されたことなどを紹介した。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 里帰りした三河島菜

2021年09月09日

都市大学付属小学校でのミクニレッスン・リモート動画の撮影が宮寺農園で行われた。


都市大学付属小学校(松木尚校長)の4年生を対象にした三國清三シェフのミクニレッスンは、今年で11年目になるが、新型コロナウイルスの感染拡大の中で、3密にならないような対策を取りながら、同校の決まりの範囲で実施してきた。

今回の授業は、緊急事態宣言下での判断で9月13日(月)の、ミクニレッスンはリモートで実施することになったと、ミクニレッスンをプロデュースする松木直也社長(豆豆社)から電話をもらった。

11月のミクニレッスンは料理実習で、スペシャルハンバーグに添える新鮮野菜は、授業で栽培した野菜を使う。
これには東京の伝統野菜を含めた栽培を実施してきた。




1-1-5.JPG

今回は、スマホでリモート用の撮影を宮寺農園でするから、というので伺った。

上の画像をタップする



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2021年09月08日

上原恭子の江戸東京野菜の美味しい食べ方。八王子ショウガ料理編


江戸東京野菜コンシェルジュ協会の上原恭子理事が送る
江戸東京野菜の美味しい食べ方。八王子ショウガ料理編

八王子ショウガは八王子に伝わる伝統野菜で
江戸東京野菜に登録されている


八幡名子さんと増田純代さんが
八王子市大和田町にあるJA八王子ふれあい市場で買って
クール便で送ってくれた八王子ショウガで作りました。




1-1.JPG

上の画像をタップすると、生産者の一人中西さん




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2021年09月07日

『オテル・ドゥ・ミクニ 新メニュー試作会〜9月メニュー〜』が掲載されている。


新型コロナ禍の感染拡大の中で、飲食店はとこも苦労をされていたが、
三國シェフは昨年の5月からYoutubeで、簡単に家庭で作れる
フランス料理を紹介してきた。


この度は、9月のメニュー開発について紹介している。




1-1.JPG

ミクニの料理は、創造的な芸術性で構成され、
新作メニューは充実している。

上の画像をタップする

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜