2017年10月03日

「新宿内藤とうがらしフェア関係者交流会」が、新宿御苑レストランゆりの木で盛大に開催された。


新宿御苑をメイン会場にして開催されている「新宿内藤とうがらしフェア」、
その開催に先立ち30日、関係者交流会が新宿御苑レストランゆりの木で、フェア関係者を60余名を集めて行われた。

新宿御苑は、信濃國高遠藩藩主内藤家の下屋敷で、現在も新宿御苑東の内藤町にお住いの、内藤家17代当主の内藤頼誼先生が、お元気な姿を見せていただいた。

内藤先生に初めてお会いしたのは2014年の関係者交流会で、殿様の話には内藤とうがらし、内藤カボチャが栽培されていた屋敷内の話など、初めて伺ったことは当ブログでも紹介している。





1-1.JPG

上の画像をタップする

今年も交流会には大勢の皆さんが参加された。
来賓としては、内藤先生を始め、新宿区長(代理)、国民公園協会新宿御苑の宍戸博支部長、一般社団法人新宿観光振興協会の恩田佳栄さんがご挨拶をされた。

江戸東京・伝統野菜研究会も協力組織としてご指名をいただき、ご挨拶をさせていただいた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 内藤トウガラシとカボチャ

2017年10月02日

「新宿内藤とうがらしフェア」が盛大に始まった。


第四回 新宿内藤とうがらしフェアが、発祥の地、新宿御苑をメイン会場に1日から9日までのイベントとして盛大に開催されている。

内藤とうがらしを象徴としたイベントは、この期間にとらわれず、イベントの広がりを優先して企業も参加していることから、実際には早いところで、小田急百貨店新宿店本館が、27日から10月2日まで先陣を切っていた。




1-1-7.JPG

上の画像をタップする
東急ハンズは9月30日から13日までと、さらに広がりを見せているが、新宿中村屋ではさらに10月初旬から11月中旬までと、収穫の秋を赤い内藤とうがらしで埋め尽くす勢いだ。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 内藤トウガラシとカボチャ

2017年10月01日

参加費500円で「オール東京産deクッキング」参加募集の締め切りは2日!、お早くお申し込みを・・・,


東京都農林水産振興財団では東京の農林水産物の魅力を知ってもらうために、江戸東京野菜を始め、TOKYOXや、東京うこっけいの卵など、東京産食材を使った料理教室が開催されます。
講師は、田代由紀子先生(江戸東京野菜コンシェルジュ)です、希望者を募集しています。




1-1.JPG

上の画像をタップして、プリントアウトの上、ファツクスで2日必着でお申し込みください。まだ若干の余裕あります。

posted by 大竹道茂 at 02:05| Comment(1) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年09月30日

「江戸東京野菜めぐり」バスツアーのコース確認に江戸への舟運と野菜産地の現状を見て回る


毎年11月に実施されているバスツアー「江戸東京野菜めぐり」のコースの検討に主催者の東京都農住都市支援センターから相談を受けた。

バスツアーは同センターの人気企画で、毎年参加者の希望も取り入れながら微調整をしているが、今回も担当の齋藤隆雄部長と高久大介主任に説明を求められたので、改めて中川口の周辺の説明に現地を案内した、

かつて、江戸では、新鮮野菜は江戸近郊の農村で栽培されていたが、市場には牛馬の他、重量野菜などは舟で運ばれてきて、日持ちのするさつま芋やかぼちゃのようなものも舟運で川越あたりから運ばれてきた。

京橋大根河岸に集まった亀戸ダイコンや、小松菜等がどのように運ばれてきたのかを検証するツアーだ。





1-1.JPG

家康は、江戸に来て、まず取り組んだ都市づくりとして、下総の行徳から塩を江戸城に運ぶための運河を開削させている。

江戸幕府の政策は、江戸川は東遷、荒川は西遷へと流れを変える大事業を行っているが、
荒川は北区岩淵で隅田川と名を変えるが、流れを変えたことで大量の雨水が墨田川上流で度重なる洪水が発生していたことから、明治44年に、大量の水を別に流す、放水路の建設に取り組んでいる。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2017年09月29日

杉並の内藤クリの生産状況を知りたくて、生産者の内藤さんに時間をとっていただいた。


フレンチの三國清三シェフが秋になると、内藤クリを必ず使う。
特に内藤クリと云う品種があるわけでなく、三國シェフが気に入って内藤隆さんの栗をそう呼んでいる。

内藤さんのクリを使い始めたのは2010年だったか、東京に栗がないか聞かれたことから、杉並の内藤さんの栗は、地域の皆さんが行列をして購入すると紹介したのが始まりだ。

内藤さんは、地域の方に直接販売する方法をとっていて、市場に出荷したり、レストランに売り込んだりはしていないので、東京野菜カンパニーの牧野征一郎社長を紹介して購入していて、

オテル・ドウ・ミクニ25周年企画 〜ミクニの地産地消・東京を食べるディナー〜冬編が、2010年11月30日に開催されたときには、内藤さんご夫妻も参加された。




1-1.JPG

そろそろ収穫のシーズンだろうと、内藤さんに電話をして時間をとっていただいた。
今年は、8月の長雨で、日照時間か少なかったことから、生産量は少ないと云う。

上の画像をタップする
昨年も三國シェフは、「杉並の内藤栗とショコラのモンブラン」で使っている。

今回は、テレビ朝日映像のディレクター古屋徹さんが、東京の農業を知っておきたいと云うので、ご一緒した。

内藤さんの栗林は、2015年の「農の風景・景観コンテスト」で、紹介されている。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2017年09月28日

27日18時35分頃から、日本テレビnews everyで、江戸東京野菜が紹介された。


同番組は、2010年10月に三鷹の星野直治さんのナス、そしてウドの須崎雅義さんの畑にも案内したが、

この7年を振り変えると、江戸東京野菜の取り組みは大きく発展した。

都立瑞穂農芸高校で雑司ヶ谷カボチャが栽培されていることは当ブログで紹介した。

また、毎月都庁32階食堂で実施している「江戸東京野菜を食べる会」でも、25日から1週間、江戸東京野菜に平成29年度登録予定の雑司ヶ谷カボチャを食べる会もご案内していたが、このような動きを察知した日本テレビのnews everyでは、27日18時35分頃の「気になる!」で紹介してくれた。



1-1.JPG

26日には、西洋フードコンパスグループの32階食堂で「江戸東京伝統野菜フェア」が開催されたが、同会場にも日テレ報道局ニュースセンター「news every」(気になる!)の東山彰良さんが取材していた。

今回は、練馬の村田千英子さんと東村山の久野稔晃さんが栽培した雑司ヶ谷カボチャが調理された。

上の画像をタップする
雑司ヶ谷かぼちゃのサラダ       480円
雑司ヶ谷かぼちゃのカレーグラタン   600円
雑司ヶ谷かぼちゃの天ぷら       520円
雑司ヶ谷かぼちゃのきのこのコロッケ  520円
雑司ヶ谷かぼちゃのチーズの春巻き   520円
雑司ヶ谷かぼちゃと牛肉のバター醤油炒め 600円




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

9月30日(土)に「はじめての江戸東京野菜講座」が開催されます。

1-1-0ャ.JPG
上の画像をタップしてお申込みください。
posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2017年09月27日

27日18時30分頃から、日本テレビnews everyで、江戸東京野菜が紹介される。

1-1-8.JPG
news every「気になる!」のコーナーでは、雑司ヶ谷カボチャを栽培している瑞穂農芸高校を始め、
都庁食堂で行われた食べる会、また江戸東京野菜に取り組む小金井のレストランなどが紹介される。

 押上よしかつ
 住所:東京都墨田区業平5−10−2
 電話:03−3829−6468
 営業時間:17:00〜24:00(月〜土、祝日前日)
    11:30〜14:00、17:00〜24:00(日、祝日)
 定休日:不定休

 居酒屋波浮港
 住所:東京都小金井市本町1−11−10
 電話:042−384−4208
 営業時間:11:30〜13:30 17:00〜23:00
 定休日:日曜日

 自然派ダイニングBareGREEN
 住所:東京都小金井市本町5-12−15 白星加藤ビル2F
 電話:042−403−2176
 営業時間:11:30〜15:00 17:30〜22:00
 定休日:日曜日、第2・第4月曜日

 チェリオ
 住所:東京都小金井市本町1−20−3
 電話:042−301-3555
 営業時間:18:00〜26:00
 定休日:火曜日
 ※詳事削ま各店に直接お問い合わせくたさい

posted by 大竹道茂 at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

「新宿とうがらしサミット2017」が学習院女子大学で14校が出席して充実の活動報告が行われた。


「新宿とうがらしサミット2017」が、9月24日(日)に、新宿区が後援して、新宿区戸山の学習院女子大で開催された。
実質今年で4回目になる同サミットとは・・・

おいしい水大使館の成田重行理事長が新宿内藤とうがらしプロジェクトを立ち上げ、江戸東京野菜の内藤トウガラシをメインに新宿のまち興しを行っている。

同サミットは学習院女子大学の全面的支援により、とうがらし女子が運営に協力している。

今年は西新宿方面にも活動を伸ばしていて、「新宿内藤とうがらし ぶらぶら さんぽ」が30日(土)と10月2日(月)に実施される。

そして1日(日)からは恒例の「新宿内藤とうがらしフェア」が9日(月祝)まで開催されるが、これらイベントに先立ってサミットは開催されている。




1-1.JPG

上の画像をタップする
2013年に、内藤トウガラシが、江戸東京野菜に認定されたことを弾みに、成田理事長は 2014年からは食育授業に着目して、積極的に小中高を始め、新宿調理師専門学校なども巻き込んだ活動を展開している

第1回は新宿御苑を会場に計画されていたが、その年はデング熱がはやった年で新宿御苑が閉鎖されたこともあり、急遽各校の活動の様子は新宿四谷区民センターに展示された。

第2回からは、学習院女子大学に会場を移し、開催されてきてた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 内藤トウガラシとカボチャ

2017年09月26日

練馬の井之口さんの畑では江戸東京野菜が生き生きと成長していた


江戸東京野菜の早稲田ミョウガを栽培している井之口喜實夫さんのお宅に先日伺った。
ようやく収穫期を迎えたとほっとされていた。

ご案内のように今年の7月、8月の異常気象により、例年ですと、9月の上から収穫が始まっていたが、今年は10日ほどの遅れている。

例年、新宿区の小中学校30校では、秋には早稲田ミョウガの子、早春には早稲田ミョウガのミョウガタケが給食で出されているが、今年は、この遅れで間に合わず、予定されていた日には他産地の水耕栽培物で対応されたようだ。





3-1-1.JPG

早稲田ミョウガと水耕栽培物を比べると、
早稲田ミョウガに比べて香りが薄く、品種も早生であることから、スリムで花穂の数も少ない。

上の画像をタップする
早稲田ミョウガの特徴である、ふっくらと太っていて、香りも強く、赤身も美しいと再認識されたようだ。

大泉にある小料理石井の石井公平さんも井之口さんのもとへ買いに来ているようだ。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ