2021年09月06日

早稲田まで出かけたので、まずは穴八幡宮に参拝した。


先日、早稲田まで行く用事があったので、早稲田ミョウガの説明板の
設置では、お世話になっているので、穴八幡宮にはお参りに来る。

この前に早稲田まで来たのは、
鶴巻図書館から招かれてきたときだったが。

講演も早稲田ミョウガを主にしたお話で、江戸東京の農業の説明板が
穴八幡宮に設置されていることも紹介したが、
お地元の方々が多かったので、皆さんご存じだった。






1-1-1.JPG

早稲田ミョウガの説明板は、一の鳥居の階段を上ったところの左側の
芝生の庭園のところにある。

上の画像をタップする
鶴巻図書館での講演は2回行ったが、2回目の希望者には
ゆかりの地を案内したが、その時も説明板までお連れしたものだ。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2021年09月05日

国立のママ下湧水公園脇の佐伯さんの水田を潤している府中用水の取水口を確認した。


家光の時代、江戸の人口が急増する中で、飲料水の不足が
予測される中で、井の頭池や善福寺池などの湧き水を神田上水に、
また、赤坂溜池も上水として供給していた。

四代将軍家綱の時代になって多摩川から取水する計画が立てられ、
庄右衛門、清右衛門の玉川兄弟が請け負った。
しかし、記録では2回の失敗が伝わっている

1回目が、日野(立川付近)への渡しが出るあたりから開削を
始めたようだが、ある程度掘り進めたところで、試しに水を流すと、
その水が地下に吸い込まれてしまう場所にぶつかり
工事を断念するしかなかった。

次に上流の福生に取水口を変更したが、ここでも、
硬い岩盤に当たり、開削を断念せざるを得なかった。

このような失敗があって、さらに上流の羽村の堰から
四谷大木戸まで上水は繋がった。

承応2年(1653)から工事が行われ6ケ月で開通したという。






1-1.JPG

ママ下湧水公園脇の水田には、府中用水を使っていると、
生産者の佐伯寛さんに聞いていたので、
国立市青柳の取水口に行ってみた。

日野橋から下流方面に土手を歩いて800mほど来たところ。

上の画像をタップする
このところの連日の雨で水量は多く、取水口は閉められていて、
上流から流れてくる水は、ごうごうと音を立てて
流れは多摩川本流に戻されていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年09月04日

テレビ番組の制作会社が、江戸東京野菜の話を聞きたいからと、ディレクター氏が訪ねてきた。


テレビ番組の制作会社から電話があった。
「江戸東京野菜を番組で紹介したいと思っているが、
まだ分かっていない事も多いから話を聞きたい」と云うので、
ディレクター氏に昭島まで来ていただいた。

かつて同社では江戸東京野菜を取り上げてもらったことはあったが、
担当が変われば、新たな角度から取り上げてくれるだろうと、
基本的なことからお話をした。






1-1.JPG

「なぜ、江戸東京野菜を始めようと思ったんですか!」、
から始まって、「江戸東京野菜とは、どんな野菜ですか!」
等、初めから質問攻めだった。

ラジオ深夜便で話したようなことを話した。
上の画像をタップする




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2021年09月03日

今年も実っていた、ママ下湧水公園脇の佐伯さんの水田。


国立市谷保にお住いの大先輩、佐伯寛さん(85歳)の水田は今年も稲穂を実らせていた。

前に、佐伯さんが田植えをするというので、見に行ったことがあったが、先月、近くに行ったことから寄ってみたが、穂が出る前の稲が、風に揺れていた。

この水田の隣にママ下湧水公園になっているが、冷たい湧水は稲の生育に影響することから稲田に使うことはなく、水田の脇に府中用水を引いて使っている。





1-1.JPG

ママ下湧水公園の自然と、住宅に囲まれたこの一角は、ほっとする一角だ。

上の画像をタツプする




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年09月02日

「東京の名湧水57選」のNo27、昭島市の龍津寺から湧く清水を楽しむ遊歩道が整備されている。


昭島市の龍津寺は、曹洞宗のお寺で、天文年間(1532年〜1555年)に創建され、本堂天井板絵55面と杉戸絵16面は、昭島市指定有形文化財になっている。

寺(玉應山龍津寺)は、多摩川に沿った崖線の上に建っていて、崖から流れ落ちる湧水は「東京の名湧水57選」のNo27に選ばれている。

この湧水は、室町時代から拝島村から9ケ村を潤していたが、明治44年に多摩川からの取水堰が完成すると、用水として当寺の湧水も集めて流れている。






1-1.JPG

上の画像をタップする。
お寺の南側が崖になっていて
石段を下りていく(写真右下)と用水が流れていて、
沢山の緋鯉が泳いでいた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年09月01日

東京女子学院高等学校のフードカルチャ―コースが活用する校外の畑用地を視察した。


東京女子学院高等学校(野口潔人校長)では、2019年からグローバル社会で活躍できる女性の育成を目指して、

保積栄理教諭が担当するフードカルチャ―コース(FC)をはじめ、スタディアブロードコース、セレクトラーニングコースの3コースを設置しているが、今年から2年生が、東京産野菜をはじめ江戸東京野菜を取り入れている。

生憎、昨年から新型コロナウィルスの感染拡大の中で、調理実習をはじめとする授業は、制約を受けているが、

江戸東京・伝統野菜研究会では、渡邉和嘉副代表とでお引き受けし、この季節は、寺島ナスの栽培として定植から収穫作業を行ってきたことは、当ブログで紹介している。





1-1-1.JPG

保積教諭は、江戸東京野菜を栽培していく中で、現在寺島ナスを栽培している校内の畑では、手狭なことを学校当局に相談していたが、

同校が所有する土地が近くにあることから、畑に活用することになり視察するため、2学期を前にした31日、同校に伺った。


上の画像をタップする

また、2学期の授業についても、相談をさせていただいた。
同校では9月19日(日)、20日(祝)に、学園祭が予定され、保積先生はFCとしての展示等の準備に忙しいようだ。

寺島ナスは9月いっぱいで、10月には伝統小松菜と、亀戸大根の播種の実施を再確認した。
地元の伝統野菜、練馬大根の種については、保積先生が、練馬区都市農業課に依頼することになった。

また、私から三國清三シェフにミクニレッスンを依頼しているが、コロナ禍の中で調整中になっている。

打ち合わせの後で、野口校長にご挨拶させていただいたが、江戸東京野菜通信で同校の取り組みを紹介しているのをご覧になっているようだった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2021年08月31日

友人のとしちゃんが二科展の写真の部で入選したと、ポストカードが送られてきた。


高校のクラスメート河村俊靖さん(愛称としちゃん)から、
ポストカードが届いた。

年賀状のやり取りをしているが、この時期に何事かとよく見たら、
9月1日から開催される第105回二科展の第68回二科会写真部展に
入選したという。

としちゃん  おめでとうございます。

二科展はプロもアマも関係なく、優秀な作品が選ばれるわけで、
そんな才能を持っていたとは知らなかった。





0-1.JPG

上の画像をタップする

第105回 二科展は、
2021年9月1日(水)〜9月15日(月)、9月7日(火)休館日
会場 六本木 国立新美術館、
河村作品「宇宙への誘い」の展示場所はD-32




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2021年08月30日

深大寺一味会による深大寺在来そばの種まき2日目は、神代植物公園用地と白鳳仏殿建設予定地で行われた。


深大寺在来そばの種まきは、28日に深大寺南町4丁目の圃場で実施したのに続き、29日は、深大寺北町2丁目の神代植物公園圃場(植物園との共催)と、深大寺元町2丁目の白鳳仏殿建設予定地の2か所に分かれて、種まきを行った。

両圃場とも駐車スペースが無いというので、参加者は深大寺の本坊旧庫裡の脇に集合して、そこから歩いて圃場に向かった。





1-1-5..JPG

9時になったところで、深大寺一味会・林田堯瞬事務局長(天台宗祇園寺住職)から、当日の予定が説明された。

上の画像をタップする。

今回の出席者は、18名で、神代植物公園圃場は10名、白鳳仏殿建設予定地は8名ということで、林田さんから、名前が読み上げられた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ

2021年08月29日

第89世張堂興昭住職が出席のもとに、深大寺一味会による深大寺在来蕎麦の種まき式が行われた。


深大寺に伝わるお蕎麦「深大寺在来種」、
恒例の種まきを実施することは、ご案内したが、

28日に、第89世張堂興昭住職が出席のもとに、
深大寺一味会の皆さん7名と僧侶6名の13名の参加を得て行われた。

種まきに先立ち、種まき式が、深大寺一味会・林田堯瞬事務局長
(天台宗祇園寺住職)の司会進行で行われた。







1-1-1.JPG

開会に当たり、張堂住職は、先代の88世完俊住職が、深大寺に伝わる「深大寺在来そば」を多くの方々に食べていただきたい
と話していたことを紹介。

今年は一味会の皆さんの協力で、この畑(深大寺南町4丁目)に、
国宝の白鳳仏をおさめる白鳳仏殿建設予定地と、
神代植物公園圃場(植物園との共催)の3か所で200`。

調布市との姉妹都市の北信州木島平村に栽培をお願いしている
300`で、総収穫量500`を目指しております。

これは、収穫したそばを乾麺に製麺し、延期されている前住職の本葬儀での御供養の品として、会葬者にお配りする予定です。と、話された。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ

2021年08月28日

港区白金台に、熊本藩主だった加藤清正を祀る・清正公覚林寺が鎮座されていた。


オリンピツクが終わり、パラリンピックが始まっているが、各選手が大活躍で、メダルラッシュが続いている。

戦いの神様として、亀戸大根の記念碑のある、亀戸香取神社には、選手や選手の応援者などが祈願に来ているが、港区白金台の清正公(せいしょうこう)覚林寺(日蓮宗)は加藤清正を祀る、勝負祈願の寺として、民衆の信仰を集めている。

麻布十番から歩こうと思ったが、熱中症になりそうだったので、都営三田線の白金高輪で下車して歩いた。

高輪警察署清正公前交番で、若いお巡りさんが居たので「せいしょうこうは何処ですか!、」と聞いたら、着任したばかりなのか、先輩に聞いていて、先輩が「横断歩道を渡ったとこです」と教えてくれた。






1-1-5.JPG

子どもの頃は、目黒方面から来たことはあったが、高層ビルなども建っていて様子がすっかり変わっていたのでわからなくなっていた。

上の画像をタップする

清正公は加藤清正を祀るお寺。

加藤清正は、刀鍛冶の子として生まれた。母親が羽柴秀吉の生母大政所と遠縁にあたることから、秀吉の小姓として仕えた。

その後、秀吉に従って武功を上げ、秀吉亡き後は、家康に近づき、関ヶ原の戦いでは東軍に加担して、活躍して、家康に認められ熊本藩主になっている。

熊本には、伝統野菜の "ひご野菜" があって、熊本農政局が主催したフォーラムに招かれたことを思い出した。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境