2022年01月06日

北区瀧野川八幡神社の藤井宮司から、滝野川ゴボウなどでまち興しをしたいと相談を受けた。


昨年の12月8日に、
Facebookに北区瀧野川八幡神社の藤井宮司からメールを頂いた。

何でも、八幡神社の社務所では戦前までは、
滝野川ゴボウや滝野川ニンジン、練馬大根などの種子の
値段を決める会合が盛んに行われていたという。

そこで、常々滝野川を代表するゴボウで、滝野川を活性化できないか
とお考えになっていたという。
そんな時に「江戸東京野菜の物語(平凡社新書)」を読んだので
メールをしたという。ありがとうございます。

例えば、滝野川ゴボウのいわれを記した説明板などが建立できないか
と考えている。との具体的なお考えも伺えた。





1-1.JPG

12月20に、江戸東京・伝統野菜研究会の渡邉和嘉副代表の車で
八幡神社に伺った。
渡邉さんは、滝野川がテリトリーのJA東京あおばの役員をされていた
また、ご尊父が滝野川ゴボウから、渡辺早生ゴボウを
つくったこともあり、来てもらった。

上の画像をタップする
八幡神社は旧滝野川村の鎮守で、
地元では滝野川八幡と称されることもある。

神社の祭神は品陀和気命(応神天皇)で、
創建は建仁二年(1202)ともいわれている。

滝野川八幡神社
〒114−0023東京都北区滝野川5丁目26−15
TEL O3−3916−2890 FAX O3−5944−5443



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2022年01月05日

3日、ミクニマルノウチに「東京の食材にこだわる」料理を食べに出かけた。


新年の寒さは厳しいものがあったが、
晴れ渡って風もなく穏やかな三が日だった。

元旦は、家族が集まったから、賑やかに、お屠蘇で新年を祝った。
2日は、明治神宮農林水産物奉献会の
新年互例会に出かけたことは紹介した。

3日、丸の内まで出かけたが、少し早く着いたので、
馬場先門の信号を渡って二重橋まで行ってみた。



0-1-1.JPG

上の画像をタップする
例年1月2日に皇居で行われる新年一般参賀は、新型コロナ禍で、
2年連続で中止されたが、3日の皇居前は静かだった。

3日は、98回東京箱根間往復大学駅伝競走の復路で、
馬場先門の信号を右に折れての馬場先通りを、
銀座通りに向かうコースになっている。

ラジオからは、9区の高島町ガード付近を走っているようだった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月04日

三鷹市の下原学芸員に "三鷹大沢わさび" が、日本の貴重な固有種だったことが分かった経過を伺った。


三鷹市大沢のワサビ田が、朝日新聞の夕刊一面トップに ”江戸のワサビ 令和の「お宝」”として掲載されたことは、当ブログで紹介した。

このことは、同じ国分寺崖線にある深大寺のそば店「門前」の浅田修平さんにお伝えしていた。
浅田さんは、かつて大沢の水車で蕎麦をひいてもらってたり、ワサビ漬けにするのでワサビの葉を買いに行ったこともあったという。

浅田さんは、日本農業新聞木村泰之記者の取材を受けて、「三鷹大沢ワサビが若返り、深大寺そばで提供できれば・・・」と復活を期待して語っている。





1-1-3.JPG

箕輪一二三さんと、背景は大沢のワサビ田

朝日新聞を読んで、新聞に出ていた下原学芸員に電話してお話を聞いているが、江戸東京野菜では、奥多摩ワサビが登録されていることはご存じだった。

暮れの23日に、三鷹市役所に下原さんを訪ねた。
下原学芸員は生涯学習課に席を置いていて、三鷹市にある文化財保護の仕事をされている。
同課で発行する、三鷹エコミュウジアム研究「みいむ」を頂いた。
三鷹市大沢でワサビ栽培をしていた箕輪家の農業と、市に寄贈された旧屋敷が掲載されていた。

上の画像をタップする
先代の箕輪一二三さんがご健在なときに、武蔵野美術大学の神野善治教授が再三に渡って聞き取り調査を行っている。伝統野菜は時間との戦いである事が分かる。

その後、箕輪家から旧屋敷が市に寄贈されたことから、旧屋敷に隣接したワサビ田に残るワサビについても、市では継続して調査対象としている。

下原学芸員はワサビの研究者の中から、栽培植物起源学が専門の山根京子准教授(岐阜大学植物遺伝育種学研究室)に相談し調査を依頼している。

これによって、江戸時代から伝わる貴重なワサビの発見につながった。 
山根先生は、令和3年3月19日に日本育種学会の講演会で発表されている。

続きを読む

2022年01月03日

明治神宮の初詣は、毎年2日で、明治神宮農林水産物奉献会の新年互例会として40数年来ている。


明治神宮の初詣は、毎年2日で、代々木で下車して9時半には着くようにしていたが、今年は代々木側の鳥居は封鎖されていた。

“密” を避けるために、神宮の外周路を歩いて、参集殿に向かったが、江戸東京野菜の部署のあるJA東京中央会の諏訪範夫専務、島田幸雄常務、西澤希芳総務部長は既に来ていて準備をしてくれていた。
今年は神楽殿地下1階の集会場に変更になっていた。






1-1.JPG

10時半からの、正式参拝は、明治神宮農林水産物奉献会のメンバーが神楽殿から内拝殿に向かった。

上の画像をタップする

大太鼓の合図で、正式参拝が行われた。
お祓い、祝詞奏上、代表して城田恆良会長が玉串を奉奠して、会長に合わせて二礼二拍手一礼・・・

例年だと、正式参拝の後は、お神酒を頂き、お神楽の奉納だが、今年は "密" を避けるため、お神酒もお神楽も行わなかった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2022年01月02日

絵本塾出版が企画するシリーズ やさい応援団「まるごと野菜」は、「たまねぎ」で12冊がすべてが完成した。


平成24年から絵本塾出版が刊行した絵図解 野菜応援団シリーズは
令和3年12月25日に「たまねぎ」が刊行されたことで、
シリーズ12冊が完成いたしました。


1-1.JPG

まるごと野菜シリーズは、
学年に関係なく読んで新たな発見がある。

子どもに読んで聞かせていた大人が
その野菜の歴史文化に引き込まれ、食べたくなる。

上の画像をタツプする

目次

● たまねぎはマルチプレーヤー
● 食べているところは葉っぱ!?
● たまねぎを育てよう
● 葉が倒れたら収穫
● たまねぎはなぜ丸い?
● 明治時代の新顔野菜
● 栽培量が多いのは黄たまねぎ
● たまねぎのサイエンス 
        
● たまねぎは名脇役
● 仲間はみんな個性派ぞろい
● ねぎ−昔から作られてきた
● 東のねぎと西のねぎ
● この種をまいて育てよう
● おいしく食べよう卜




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2022年01月01日

今年も江戸東京野菜の復活普及にご協力ください。



1-1.JPG

上の画像をタップする
江戸東京野菜コンシェルジュ協会ともども宜しくお願いいたします。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年12月31日

志村みの早生大根の「辛みおろしそば」を提供している店を発見したと江戸ソバリエ協会の松本理事が教えてくれた。


久しぶりに開催した、更科堀井の冬の会で、
江戸ソバリエ協会の松本一夫理事が、11月下旬の板橋区若木にある
中村庵のツイッターに「志村みの早生大根」の料理を
提供しはじめたとの投稿を発見したが、行こうと思いながら
行けないでいるとの話を伺った。

冬の会には、当研究会の渡邉和嘉副代表も参加していたこともあり
松本さんの話に、一緒に行くことになったという。





1-1.JPG

中村庵のTwitter 

上の画像をタップする

松本さんが、予約を入れた時は「志村みの早生大根」
はもう終わっていて、"辛みおろしそば" は無い、
べったら漬けしか準備出来ないとのことだったが、女将が
気を遣って準備して待っていてくださつた。(大感謝!!)




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ

2021年12月30日

江東区のクッキングハウスで高野さんの講座は「変わり&定番お正月料理色々」だった。


江戸東京野菜コンシェルジュ4期の高野美子さんは、
江東区の料理講座でご活躍だが、新型コロナの影響で、
行政が実施するイベントは、殆んど中止となった。

緊急事態宣言の解除後には感染症拡大防止から、
江東区文化コミュニティ財団は、来館前に検温を実施し、
発熱、体調不良等の場合、出席をご遠慮くださいという。

受講にはマスクを着用して、受講の前後には手洗い、
アルコール消毒を行ってください。
受講生同士は、ソーシャルデスタンスで、接触を防ぎ、
おしゃべりも厳禁だ。

また、会館としては、空調設備による常時換気とともに、
ドア・窓を定期的に開放して換気を行うという。

高野さんは「郷土料理を食卓にPartX」の講座を実施した。






1-1.JPG

クッキングハウス(レギュラークラス)

上の画像をタップする

◇冬野菜のなます ◇メイプルナッツ田作り
◇冬菜お浸し ◇秘伝豆、◇数の子 ◇帆立あられ揚げ
◇炊き合せ(干椎茸、金時人参、慈姑、鶏肉、生麩、隠元) ◇鮪付焼き
◇海老芋煮、◇海老煎酒煮、◇カニと 三つ葉卵焼、
◇栗と銀杏の金団、◇一口年越蕎麦〜胡桃胡麻味噌つゆ


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2021年12月29日

2年間中止で待ちに待った「品川蕪品評会」が、緊急事態宣言解除で急遽開催された。


緊急事態宣言の解除で「品川蕪品評会」の主催者は栽培している
方々の思いを受けて、26日(日)に、品川神社境内で開催した。

この品評会、本来は小学校等が出品すると、
生徒たちがプレゼンテーションを行っている。

ここ数年新型コロナの関係から、2018年の第7回を盛大に開催した後、
開催を見合わせていた。

品川蕪の品評会は、2012年に第1回が開催されているが、

そもそもは北品川商店街の青果商・マルダイ大塚好雄商店の店主
大塚好雄さんが、小平の宮寺正光さんが栽培していた品川カブを
まち興しとして活用したもので、

品川区内の小学校や、区民農園での栽培指導を、2008年から
取り組んできたもので、地域を巻き込んだ、大塚さんの
取り組みは、他に例を見ない。






1-1.JPG

第8回品川蕪品評会の案内とポスターは、12月になって送ってくれた。

この日も寒かったが、品川神社は新年に向けて幟がはためいていた。

上の画像をタップする
品評会に先立ち、品川神社に正式参拝を行い、
品評会の盛会を祈念した。

会場には、東京シティ青果が、伝統野菜のパネルを展示していた。
当日は、東京シティ青果からは江戸東京野菜担当の松尾勇二課長が、
豊洲から来ていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 品川カブ

2021年12月28日

27日、12月になって一番の寒さで、都心では零下2.2度だとテレビが報じていたが、ウドの事を思い出した。


朝6時20分目覚ましの音が鳴っていた。27日の早朝のことだ。

テレビをつけると、都心で零下2.2度と12月になって最も寒いことを
報じていて、雪が降り続ている関東北部の映像も流れていた。




1-1.JPG

今年は、練馬で霜が降りたのか11月の末だった。
自宅から近い畑に行ってみるとブロッコリーの葉に霜が降りていた。

練馬の東京女子学院の菜園の江戸東京野菜を見に行っている。

ヒートアイランドで、暖かくなっているから
東京で霜が降りるのは遅くなっている。
ウド農家にとって、早く霜に充てることが、収入に跳ね返ってくる。

話は変わるが、ボタニカルアーティストの石薫さんに、
ウド栽培の井口良男さんを紹介することにした。

石さんが、江戸東京野菜を描きたいというので、深大寺のそば畑
井之口喜實夫さんの早稲田ミョウガと千住ねぎ
榎本多良さんの練馬大根を紹介してきた、



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ウド