2021年02月15日

(一社)食文化ルネッサンスが「コロナから飲食業を守る意見交換会」をZOOMで実施した


(一社)食文化ルネッサンスが「コロナから飲食業を守る意見交換会」
を、2月9日(火)に9時から1時間、
二之湯武史専務の進行のもとZOOMで開催された。

飲食店の代表から切実な声が聞かれたが、
地方の飲食店などの問題から、協力金の不平等感、
ビジネス絡みの飲食に自粛要請されている現状。


1-1-3-4.JPG

上の画像をタツプするとYouTubeにリンクする。

更科堀井の四季の会を主催してきた堀井良教社長も
参加されていたので紹介する。

今回の発言を踏まえて、政府への提言としてまとめていくという。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ

2021年02月14日

2月28日(日)、歌舞伎座の3階 花篭ホールで「江戸落語を食べる」に江戸東京野菜の入ったお弁当


先日、歌舞伎座サービスの西村正史さんから電話をいただいた。
江戸落語を食べる会を実施すると伺った。

同社は、劇場歌舞伎座内で飲食・物販施設を運営されていて、
3階の花篭ホールで毎月さまざまな企画・イベントを開催している。

このほど、「江戸落語を食べる」のチラシが送られてきて、
2月28日(日)は、柳家さん喬さんの出演で、

お弁当には、江戸東京野菜の「金町こかぶ」が使われる。





1-1.JPG

上の画像をタップする

話によると、毎月、月末の落語会も少しずつ再開していて、
今年は江戸東京野菜を月1回のペースで献立に
取り入れられればと考えているという。

江戸東京野菜の入手については、果菜里屋(青果商)の
高橋芳江さん(江戸東京野菜コンシェルジュ)が相談に乗っていて

<月毎の江戸東京野菜が提案されていた。>

◆1月 ごせき小松菜
◆2月 金町小蕪
◆3月 亀戸大根 もしくは のらぼうな

◆4月 東京うど
◆5月 明日葉
◆6月 寺島茄子 もしくは 雑司ヶ谷茄子

◆7月 馬込半白キュウリ
◆8月 八丈オクラ
◆9月 谷中しょうが もしくは 早稲田茗荷

◆10月 内藤カボチャ もしくは 内藤とうがらし
◆11月 奥多摩わさび
◆12月 滝野川ごぼう
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2021年02月13日

2020年度から(公財法人)東京都農林水産振興財団に、東京農業アカデミー八王子研修農場が設置され6月に農場はオープンした。


先日、セルリー栽培の並木猛さんから、小寺孝治農場長の話が出たことで思い出した。

2020年度から公益財団法人東京都農林水産振興財団に、東京農業アカデミー八王子研修農場が設置され6月に農場はオープンした。

東京農業アカデミーは、新規就農希望者を対象にしていて、研修農場では体験的、実践的な栽培技術を指導し、農業経営を学ぶことで、卒業後に農地を借りての農業経営者を育てていく。

八王子研修農場は、八王子の「とうきょう元気農場」に隣接していて、一期生として男女5人が2年の研修を受けている。

二期生も募集が終わり男女5名が採用される予定。




1-1-6.JPG

上の画像をタップする。

2021年02月12日

城北地区に続いて2005年9月に行われた城南地域の都市農業ツアー。


23区内の農家女性のリーダーに東京各地の都市農業を知ってもらおうと実施したバスツアーを、
23年度の江東地区、24年度の城北地域、と紹介してきたが、25年度は9月28日に城南地域で行われた。

事務局長の渡邉和嘉さんが、杉並、中野、世田谷の担当者と相談して、世田谷区砧にある次大夫堀公園民家園、等々力公園、世田谷のリンゴ園、そして中野区鷺宮のトマト栽培のコースを回った。





2-1-2.JPG

世田谷区の野川沿いに次大夫堀公園民家園がある。

上の画像をタップする
旧安藤家住宅主屋、旧秋山家住宅土蔵、消防小屋と火の見櫓、
旧加藤家住宅主屋、旧城田家住宅主屋 、旧谷岡家住宅表門 など

移築されていて、行ったときは稲穂が実っていた。





続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年02月11日

自家採種のセルリーを栽培している清瀬市の並木猛さんのハウスでは、順調な生育を見せていた。


清瀬市で自家採種のセルリーを栽培している並木猛さんのハウスでは、例年通り4月はじめの収穫を目指して管理が行われていた。

並木さんは、師匠故伊藤仁太郎さん(江戸川)の愛弟子だったことは、2004年2月のバスツアーで紹介していが、今でも、仁太郎さんの教え通りの栽培法を忠実に守っている。





1-1.JPG

丁度、水やりが終わったというので、ハウスに入れてもらった。
ハウスは奥から手前に傾斜しているようで、足元は水が溜まっていたが、状況を見て1週間に一度たっぷりと潅水し、収穫1か月前からは5日に一度の潅水となる。

上の画像をタツプする

最初の頃は、葉がとげとげしい感じだったが、土づくりとして堆肥をたっぷりと入れているので、最近は土に馴染んだ感じで、とげとげしさが最近はなくなったとか。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年02月10日

江東地区に続いて2004年11月に行われた城北地区の都市農業ツアー。


都市農業ツアーの企画を検討する中で、2003年度の2004年3月に江東地区の代表的農業者と、江戸からの農業技術を伝える ”つま物栽培” の現状を、東京23区内の農家女性に見てもらった。

この企画は、事務局長をされていた渡邉和嘉さんで、
JA東京あおば出身ということで、渡邉さんが生産者などに依頼した。

第2回は2004年度11月8日に城北地区で開催されていて、板橋区と、練馬区の練馬地区と大泉地区の農業を見て回っている。

23区の代表ということで、皆さんが集まりやすいところで、丸の内のJAビルに集合してバスで、板橋区に向かった。





1-1.JPG

城北地区は、JA板橋、JA練馬、JA石神井、JA大泉の4JAが、2009年に合併してJA東京あおばを組織していた。

上の画像をタップする

JA東京あおばの高島平支店のファーマーズショップ「にりん草」に向かった。
にりん草は板橋区の花で、この辺りにさいていた可憐な山野草だが、支店を作るにあたって店を金融店舗と経済店舗を並べたことから二輪の意味合いもあると伺っている。

支店長された、渡邉和嘉さん(現江戸東京・伝統野菜研究会副代表)は、都心に最も近いマンモス団地の高島平団地に、近い店舗として板橋の生鮮野菜や花など、産地と直結した都市農業を団地の皆さんに知ってもらいたいと、ファーマーズショップを前面に出した設計を提案している。

その後、この店をきっかけに、新しい店舗設計の模範となっている。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年02月09日

ウドのシーズン、東京ウドのお料理を作ったと上原恭子さんから写真が届いた。


コンシェルジュ協会の上原恭子理事から、電話があった。

新型コロナ禍、自宅待機の中で様子を心配してくれてだったが、
話の中で東京ウドの料理を作ったという。

ウドのシーズンでもあり、
写真があったら送ってくれるように頼んだら、メールで届いた。





2-1.JPG


何でも、料理研究家の田代由紀子先生
(江戸東京野菜コンシェルジュ)から届いたという。

田代先生が利用している、小平ファーマーズマーケツトに
出荷している東京ヤマキファームの「ウド」だという。

上の画像をタップする

*東京ウドそぼろご飯(右下)

角切りにした東京ウド・ミツバ・ピリ辛の豚ひき肉そぼろを
ご飯の上にトッピングしました。

*東京ウド甘酢漬け(右上)
東京ウドを乱切りにして甘酢漬けにしました。

*東京ウドの手の煮物(左下)
東京ウドの手(脇の茎)の部分を煮物にしました、
私には茶懐石の先生の賄いとして親しみのあるお料理です。

*東京ウドおこげ(左上)
短冊切りの東京ウド・鶏肉・スナップエンドウ・エリンギを
塩味の中華おこげにしました。

美味しそうなので、どれか家内に作ってもらおうと思っている。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ウド

2021年02月08日

2004年に実施したツアーを参考に、都市農業ツアーの企画を模索している。


新型コロナ禍の中で、東京の農業を知っていただく企画を
模索していたが、参考になる2004年の資料が出てきた。

2003年度〜2005年度にかけて23区内の農家女性のリーダーが
東京各地の都市農業を知ろうとバスツアーを行っている。

この企画、当時事務局長をされた渡邉和嘉さんが企画したもので
2003年度の江東地区に始まり、2004年度の城北地域、
2005年度に城南地域と実施された。

江東地域の農業となると、足立区、葛飾区、江戸川区の農業がある
コースは足立区、葛飾区、江戸川の順であった。





1-1.JPG

足立区では、舎人の新井宏治さんのハウスを見せてもらった、
当時としては水耕栽培の野菜作りは、新しい野菜作りだった。

上の画像をタップする
先日お会いした、葛飾の矢作東一さん、地元舎人の森谷俊男さん、
そして、事務局長の渡邉和嘉さんも写っている。

コンシェルジュ協会の前身、NPO法人ミュゼダグリが実施する
農家見学会でその後、案内をしている。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年02月07日

出雲おろち大根の普及をしている出雲うどんの「山太」が、出雲大社の一等地に移転して "出雲そば" も始めた。


先日、新型コロナ禍の中で、掲載していなかった記事として、島根の出雲うどんの「山太」の森山太史さんが「うどん天下一決定戦」で特別賞を受賞したことを紹介した。

当時は出雲大社の一の鳥居の先に、お店「食の縁結び市場・山太」(出雲市大社町北荒木172-6)はあった。

出雲大社から15分ぐらい歩いたが、今は、出雲大社の駐車場前、観光センター「いずも」の隣、出雲大社バスターミナルへの通路脇の一等地に出店したと連絡をいただいた。




1-1.JPG

出雲おろち大根を2本持った森山さん。

上の画像をタップするとgoogle maps



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

聞き逃した方へ!。NHK「ラジオ深夜便」1月31日の「明日へのことば」を・・・・

1-1-2.JPG

上の画像をタップするとラジコのタイムフリーへ、2月7日朝5時まで聞くことができます。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK-TV 、ラジオ出演