2019年03月07日

東京の文化遺産として江戸東京野菜を位置付けるために、三國シェフの意見を伺った。


オテル・ドウ・ミクニの三國清三シェフから、江戸東京野菜の現状などについて話しを聞きたいとお誘いを受けた。

三國シェフにお会いするのは、昨年のミクニレツスン以来だが、江戸東京野菜への期待も大きく、忙しい方のお誘いなので伺った

三國シェフは、全日本食学会の理事長代行をされていて、和洋中などあらゆる会員料理人を纏める立場にあり、
ラクビーワールドカップ2019組織委員会の顧問をされているから、今年はそちらの方でも忙しいようだ。






1-1.JPG

ご自慢のスペイン産オリーブの古木は、特別あつらえの鉢に座って・・・・

上の画像をタツプする

最近は、「江戸東京野菜」の名を、 メデアなどが取り上げるようになったことから、目にすることや耳にすることも、多くなった。
都民の皆さんに知っていただけるようになり、食べたいという消費者も増えている。

練馬大根について、レガシーと話しているが、江戸東京野菜など伝統野菜は、地域の文化遺産であることを地域に根付かせていくことが、食材の奥行きを深めていくことになり、三國シェフからもアドバイスをいただいた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2019年03月06日

第14回 更科堀井 "冬の会" が27日(水)と、28日(木)、両日に開催された。


今回で14回を迎えた。秋の会から始まったから、4回目の冬の会だが、食材は同じでも同じ料理がひとつとないのが、林幸子先生(料理研究家)のお料理で、皆さんそれを楽しみにしていて、江戸東京野菜コンシェルジュの間では、更科堀井「四季の会」は、プラチナチケットと云われている。

現在、2日間で50名の定員で開催しているが、林先生と、江戸ソバリエ協会、そしてコンシェルジュ協会で各々募集していて、毎回満席の状態だからだ。

さて、食材の事前の打ち合わせは、2週間前に行っているが、冬の会の打ち合わせは14日に行った。
この時期の江戸東京野菜は、秋に次いで多い時期で、13種類を提案したが、林先生が選んでいただいたのはその内の9品目だつた。





1-1-1.JPG

開会は、18時からほしひかる先生の司会進行で始まった。

上の画像をタップする
御献立は、ほし先生の奥様・白遊先生に揮毫いただいた。

一、亀戸大根お作り 三色添え
一、海老と穴子の豆腐寄せ 東京独活餡掛け
一、短冊千住葱と忍び鴨の掛け蕎麦 内藤唐辛子オイル入り
一、蕎麦麩と金町小蕪と牡蠣の治部煮風
一、早稲田茗荷竹と梅干の掻揚げ
一、馬込三寸人参変わり蕎麦
一、伝統小松菜羹 餡蜜




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ

2019年03月05日

歴史と文化の語り部〜知って食べたい伝統野菜〜  銀座のタウン誌「銀座百点」の2月号に掲載された。


銀座のタウン誌「銀座百点」の小冊子2月号に巻頭座談会として掲載されると、12月に当ブログで紹介したが、
2月号が配布中の掲載は遠慮してほしいと云う編集サイドのご意見で、3月号が配布されたので、紹介する。




1-1.JPG

巻頭対談は、上の画像をタップする。
posted by 大竹道茂 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

石神井川の上流端を探して歩く。


2月27日のウイークデーハイキングで、山口・村山貯水池から境浄水場に送水する緑道の、馬の背と云わるところで、見つけた石神井川の看板、流れは都立小金井公園と小金井カントリー倶楽部の方向から来ていた。

東京の各地で湧き出した流れが、都市化の進行の中でどのようになっているのか、気になって後日行ってみた。





1-1.JPG

花小金井から、緑道を境方面に向かって歩いた。
馬の背の手前で、南に折れた。

上の画像をタップする
下から見上げると小山のような馬の背、

コンクリートで作られた用水はあるが流れはない。
用水に沿って住宅街を歩くと行き止まりだった。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2019年03月04日

学校給食用の冬越しキャベツの上を舞う「カイト鷹」が、鳥害からキャベツを守っていた。


先日、練馬区立野町の井口良男さんのウド栽培を紹介したが、その日は学校給食のトラックが集荷のために11時頃に来ると云うので、冬越しキャベツと青首ダイコン、根深ネギが用意されていた。

東京のキャベツ栽培が始まったのは、練馬大根がバイラス病の発生で、栽培が難しくなったことから、昭和25年頃より、キャベツ栽培に代わって周辺に広がっていった。

キャベツ栽培は、初夏産として、5月上旬から7月にかけての春キャベツと、秋冬産としては、10月中旬から12月中旬までの秋キャベツとして、東京都中央卸市場生産などに出荷されている。

井口さんのお宅では冬越しのキャベツ栽培をしていて3月中旬まで、食味がよいYR錦秋や低温肥大性にすぐれた秋まきの晩生藍宝 (らんぽう) などの品種を選んで学校給食や、レストランなどに向けて出荷されている。




2-1.JPG

冬越しキャベツは、餌が不足する時期に栽培しているだけにヒヨドリの大群による鳥害の被害が多く、生産者を悩ませていたが、無傷のキャベツが出荷されていたので聞いてみると、凧のおかげだという。

上の画像をタツプする。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2019年03月03日

馬場信宏さんが江戸東京野菜のボードゲームを創作、子どもが挑戦!!


高円寺の居酒屋「うおこう」の常連の馬場信宏さんが江戸東京野菜のボードゲームを作っていることは当ブログで紹介した。

うおこうの松井女将は江戸東京野菜コンシェルジュとして、アプリの開発などに取り組んでいる馬場さんに江戸東京野菜を次の世代に伝えていくために、ボードケーム等を作れないかと話したことから、創作に取り組み始めたという。

江戸東京野菜に、興味を持ってくれる方が、そのキャリアの中で広めていただくことは重要で、子どもに伝える方法としては、遊びながら覚えていく手法だ。




2-1.JPG

松井女将がメンバーのMOV市は、渋谷ヒカリエ8階のメンバー制ワークラウンジで、年1回開催される異業種交流の場。

上の画像をタツプする

Creative LoungeMOVが主催して、好きなことや得意なことで、仕事を生み出す達人たちの刺激的でユニークな生き方、働き方を、みなさんに楽しみながら体験していただく場が、MOV市だという。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年03月02日

野菜ジャーナリストの篠原久仁子さんに同行して、23区内で1軒のウド農家 井口さんを訪ねる。


野菜ジャーナリストの篠原久仁子さんから、取材の相談があった。
篠原さんは、現在、朝日新聞土曜朝刊の別刷り「be」7面 「とれたて菜時記」を連載されていて、

昨年、亀戸ダイコンを掲載したら、多くの反響があり、東京の野菜をもう一度掲載することになったので、東京ウドを取材したいという。

東京ウドの主産地になってるのは立川だが、全国版で紹介するなら東京23区に1軒残ったウドの篤農家、井口良男さんを紹介した。

井口さんについては、昨年久しぶりに、紹介している。
今月初めには、
うおこう寄席に使うために伺っている。





1-1.JPG

篠原さんと井口さんの間で日程の調整をして、2月25日10時の約束だった。
井口さんは、我々が来る前に穴蔵に入っていて、篠原さんが写真を撮りやすいように、うどを切り取ってスペースを作ってくれていた。

収穫したウドを後継者の息子さんが釣り上げてから、

上の画像をタツプする

穴の中から、「どうぞ!」の声がして篠原さんは梯子を下りた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ウド

2019年03月01日

西武鉄道のウイークデーハイキングは、西武新宿線東伏見駅から花小金井駅まで8キロのコース。


西武鉄道のウイークデーハイキングの小冊子を家内が駅からもらって来ていた。
小冊子には、西武線の駅をスタートして別の駅がゴール。1時間半ぐらいの時間で散策すると云うもの。

西武新宿線の東伏見駅から花小金井駅までのコースは、8キロで歩行時間は約2時間と云うコース。
午前中の2時間なら行ってみようかと、2人で家を出た。





0-1.JPG

上の画像をタップすると拡大

東伏見駅で下車して、参加のためのポイントカードを作ってもらって、地図をもらって9時半にスタートした。
スタートの受付は9時15分から10時45分まで、ゴールの花小金井駅には14時30分まで受け付けを設置しているから、時間はたっぷりある。

参加者は銘々のペースで歩くと云うもの。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

〜江戸東京野菜&あいちの伝統野菜〜春愁 3月9日(土)半蔵門に集う


江戸東京野菜コンシェルジュ協会とあいち在来種保存会が主催する「〜江戸東京野菜&あいちの伝統野菜〜春愁 半蔵門に集う」は、3月9日(土)T7時30分、半蔵門の隠れ家レストラン「BarはるRestaurant」で開催されます。

江戸東京野菜としては、八王子の福島農園で栽培された野菜が使われる。
江戸東京野菜と、愛知の伝統野菜を使ったお料理をお楽しみください。



1-1.JPG

上の画像をタップする

参加希望者は、上原 kyo-u@k02.itscom.net 又は 090-1651-1677まで
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2019年02月28日

菜の花ガーデン武蔵村山に、のらぼう菜の苗も植わっていた。


新青梅街道を走っていたら、広大な菜の花畑が目に入った、かつて都営村山団地があったところだか、何年か前から菜の花畑になっていて、このところの温かさで満開になった菜の花が一面に咲くさまは否応なく視界に入ってくる。

東大和警察が近くにあるものだから、東大和市だと思っていたら、同署の南側は武蔵村山市だそうで、
武蔵村山市観光課に聞いた。





1-1.JPG

上の画像をタツプする

都営村山団地の老朽化による建て替えが順次行われていて、3.7haの空地を、春の菜の花、7月中旬からはひまわりを植えて、市民の憩いの場として活用しているのだという。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介