2018年03月23日

日本の種に何が起ころうとしているのか、危機感を感じた方々が講師の話に耳を傾けた。


新世紀JA研究会の常任幹事をされている福間莞爾さんから電話をもらった、今「日本の種子(たね)を守る会」(八木岡努会長)の事務総長をしているとかで、日本の種を守ってきた主要農産物種子法がTPP協定がらみで廃止されてしまった。

危機感を感じた、農家や消費者の皆さん方で昨年『日本の種子を守る会』が結成されたが、今度、衆議院第一議員会館で、活動報告会があるから来ないかとのお誘いをいただいた。

福間さんは、私が固定種である江戸東京野菜の復活普及に取り組んでいることを知っていることから、電話をくれたもの。




1-1-2.JPG

開会に当たり、八木岡会長に代わって萬代宣雄副会長(島根県JAしまね前組合長)があいさつを行った。
上の画像をタップする


主要農作物種子法の廃止法案が2017年2月10日に閣議決定され、同年4月14日に参院本会議で可決、成立した。これにより、2018年の4月1日に廃止されてしまう。

我が国の主要農作物である稲、麦類、大豆などは、都道府県ごとに優良種子の保存や供給が行われてきたが、その根拠法となるのが種子法であった。

これによって、民間企業の種子分野への参入が活発になり、外資系企業による遺伝子組み換え作物の導入などの危険性も内在していると云うもの。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2018年03月22日

足立区の内田さんが栽培している青菜が抽苔してきた。


2月24日に、足立区興野の内田宏之さんの畑で頂いた、青菜が美味しかった。

内田さんは、昔から食べている小松菜と云って種をもらったと云う青菜。

その後、3月6日に撮った写真を送ってもらったことは、当ブログで紹介している。




1-1.JPG

今回、3月19日に撮った写真を送っていただいた。

上の画像をタップする
このところの温かさで、抽苔が始まっていた。

押上「よしかつ」の店主佐藤勝彦さんは、買いに行くようだが、佐藤さんが青菜を食べた感想を寄せてくれたが、色が淡いグリーンで、カブの味に似ていると云うことだった。

カブも小松菜も系統的には非常に近いだけに「カブ菜」のようだ。
交配種の小松菜よりも栄養価は高い。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達

2018年03月21日

銭元栄養教諭から、厳しい天候だったがようやく2ヵ月遅れで2回目の土寄せを行ったとの写真が送られてきた。


3月11日(日)に亀戸の香取神社で開催された、福分けまつりの会場で、今年も江東区立第五砂町小学校の銭元真規江栄養教諭が見えていてご挨拶された。

今年の、砂村一本ねぎの生育状況をお聞きしたが、14日に2回目の土寄せを行う予定で、写真を送りますと云うことだった。

今年度は、タネを蒔いた後、長雨日照不足などの天候で、さらに今年になっての氷点下の日が続くなど厳しい日が続いたが、銭元先生からのメールには・・・





1-1.JPG

本校の砂村一本ねぎも、寒さで例年より生長が遅く、12月の土寄せから3ヶ月近く経ってしまいましたが、
何とか2回目を3月14日に行いました。
高さは4クラスとも40cm弱でしたが、太くなり、児童は喜んでいました。
また、柔らかいことも触って確認してもらいました。

今後どんどん温かくなり、4月末から5月初めには収穫予定だから楽しみにと話しました。(写真を添付します。)

先日お話しした東京都学校給食会の本校の取り組みの掲載は、3月26日頃の予定です。
とあった。
同校の長年の取り組みが、評価されての掲載は、東京都の学校給食関係者にとっては参考になることばかりだろう。

思い起こせば2010年の5月だったか、銭元先生が講演先に訪ねてこられて、アドバイスをしたことから、始まった栽培だ。

先生が始めた種の伝達は、現在足立区にも広がり、小学校3校で行われていることは、当ブログで紹介している。


2018年03月20日

プランティオ(株)の芹澤孝悦社長から、江戸東京野菜を同社のプランターで栽培したいと話があった。


プランティオ(株)の芹澤孝悦社長から電話をいただいた。

一昨年、法政大学新一口坂校舎で行われた第115回JFMAアフタヌーンセミナー「江戸東京野菜の魅力」〜一流シェフが使いたくなる食材とは〜 でお話をさせていただいたことがあったが、その時に名刺交換をさせていただいていた。

立ち話だったが、お祖父さんが日本で初めてプランターを作った方だそうで、江戸東京野菜の物語を聞いて、是非プランター栽培をしたいと考えたようで、

そのうちに相談に行くからと云うことだったと記憶している。




1-1-1-2.JPG

「農」の機能発揮支援アドバイザーの派遣申請をされたので、同社外苑前オフィスのスタジアムプレイス青山に伺った。

江戸東京野菜の魅力についてはご理解されているので、同社の仕事について伺い、それからどのように協力できるかと云うことになった。

上の画像をタツプする

みんなで野菜を育てる世界にするのだと、お話しは大きい。
まずは、東京ではじめたいので、栽培する野菜は「江戸東京野菜」。
前にお会いした時、江戸東京野菜は42品目だったが、現在は48品目になっていることで、選択肢が増えたことを喜んでいただけた。

60年前にお祖父さんが開発した “プランター”は1964年東京オリンピックの年に爆発的に普及した。
三代目としては今の時代にあった形で再定義し、2020年東京オリンピックを機に、次世代のプランターを開発し普及する準備をしているとも・・・・。

東京都心のビルの屋上で、江戸東京野菜を栽培したいと云う。
東京23区の内、農地法上の農地がない区は、千代田、中央、港、品川、江東、墨田、台東、荒川、文京、豊島、新宿、渋谷の12区。

因みに、農地法上の農地がある区は、江戸川、葛飾、足立、北区、板橋、練馬、杉並、中野、世田谷、目黒、大田の11区だ。

先日、屋上菜園の募集をしているとNPO法人 農商工連携サポートセンターの大塚洋一郎代表理事からメールをもらったが、

芹澤社長が言っている菜園のイメージは、このようなイメージなのだろうか、

前回お会いした時は、練馬大根、亀戸大根、伝統小松菜、早稲田ミョウガの物語を話している。
今度、目黒の歴史史料館で「目黒のタケノコ」の話をすることになっているので、その一説をお話したが、「面白い!」と喜んでいただいた。

芹澤社長のパソコンからブログ江戸東京野菜通信をスクリーンに写しながら、江戸東京野菜の現状を理解していただいた。

どんな形でお手伝いが出来るかは、改めて会いした時に・・・・・・。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2018年03月19日

たもんじ交流農園のプレオープンに、農園会員の皆さんが集まった。


墨田区にある真言宗智山派 隅田山吉祥院多聞寺は隅田川七福神めぐりの毘沙門天。

このお寺の駐車場に出来た交流農園は三か年計画で進められているが、初年度の菜園6区画が出来たことから、プレオープンがNPO法人 寺島・玉ノ井まちづくり協議会の主催で17日11時から開催された。

昨年、工事前の現場を見ているが、作業中の写真を送っていただいて驚いた。
素晴らしい菜園が写っていたので、早く見たくて1時間前に会場に着いた。



1-1-1.JPG

まちづくり協議会の牛久光次事務局長を始め、スタッフの皆さんは会場への誘導板の設置など忙しくされていた。

上の画像をタップする。

会場に入ると見違えるように整備された圃場が出来ていて、鉢植えで育ててきた のらぼう菜は植えられていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:33| Comment(2) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年03月18日

目黒区めぐろ歴史資料館の横山昭一学芸員が訪ねてこられた。


目黒区めぐろ歴史資料館の横山昭一学芸員が訪ねてこられた。

何でも、タケノコが江戸東京野菜と云うことで、当ブログを検索したら色々と、目黒タケノコの事かアップされていたので連絡をしたという。

当日いただいた3月5日発行の「めぐろ区報」によると、中目黒3丁目の旧目黒区立第二中学校の跡地を利用して平成20年に開館した目黒区めぐろ歴史資料館が、10周年を迎えたと云うので、4月24日(火)〜8月26日(日)まで、特別展として「目黒のタケノコ〜竹がもたらすもの」を開催すると云う。




1-1.JPG

上の画像をタップする
生まれてから高校1年まで目黒に住んでいたので、
すっかり目黒の昔話で盛り上がってしまったが、

そんなことで講演を依頼された。
めぐろ区報5月15日号に掲載すると云うので
3月23日(金)の原稿締切までに講演のタイトル等を
連絡するつもりだ。

当ブログでは、この機会にカテゴリーに「タケノコ」を設けた。

posted by 大竹道茂 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | タケノコ

2018年03月17日

東京都市大学の小堀洋美特別教授から学ぶ、スマホの生き物情報でつながる市民科学プロジェクト


世田谷区三軒茶屋のキュロットタワー4階にある生活工房ギャラリー「みつける365日展」を会場に、先日松井つるみゲリライベントが開催され。

松井さんは江戸東京野菜コンシェルジュとして江戸東京野菜の普及に尽力していて、「アカデミックな話を市民に分かりやすく小堀洋美教授と大竹代表がトークする」と、紹介していたが、「みつける」会場で何か見つけて欲しいと云うのが、松井さんの狙いだ。

松井さんには2月にも「高円寺演芸まつり」で、江戸東京野菜を伝える機会を作っていただいた。





1-1-1.JPG

会場には、東京都立大島高等学校の農場長で農林科主任の金子雄教諭(写真)がお見えになった。
金子先生は、江戸東京野菜として島の野菜が加わったことから、江戸東京野菜の現状について知りたいとメールいただいたので、今回の企画をご案内したもの。

上の画像をタップする

開会に当たって、松井さんからゲリライベントについて挨拶があった。
東京都市大学の小堀洋美特別教授が研究されている外来植物は二子玉川の兵庫島に生えている。
二子玉川の旧土手にはハマダイコンがあり、両者の研究を引き合わせたかったと云っておられた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2018年03月16日

17日、たもんじ交流農園プレオープンのイベントの案内状が届いた。


NPO法人 寺島・玉ノ井まちづくり協議会(高木新太郎理事長)から、「たもんじ交流農園」開園のご案内が届いた。
たもんじ交流農園の創設については、昨年の6月に同協議会の牛久光次事務局長が報告されたことを、当ブログで紹介している。

その後、絵本塾出版の尾下千秋社長と、寺島ナスによるまち興しを支援しようと伺った折に、同交流農園の予定地も見せてもらっている。





1-1.jpg

予定地の多聞寺参詣者駐車場は、砂利が敷かれて畑にするには、重機も必要だし畑土を入れなくてはならないことから、簡単ではないと思っていたが、案内のチラシを見ると、土を盛った立派な畑が出来ていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺島なす、雑司ケ谷なす

2018年03月15日

4月7日に開催される練馬の向山庭園観桜会で、石井さんの江戸東京野菜のお弁当が食べられる


西武池袋線の大泉学園駅近くにある「小料理石井」の主人石井公平さんから写真添付のメールをもらった。

石井さんは、つきぢ田村で修業をした後、和食の料理人として活躍されていたが、独立に当たって当時から話題の江戸東京野菜を学ぼうと、2014年7月にコンシェルジュ協会が実施した入門講座を受講し、その意を強くしたようで、
その後も相談に乗ったが、2015年9月に「小料理石井」を開店している。

添付写真は、4月7日に開催される向山庭園観桜会のもので「桜と江戸東京野菜を楽しむ」企画も選べる。(練馬区在住、在勤、在学の方30名だ)





1-1.JPG

上の画像をタツプすると拡大。

添付メールには、「当店がこのように区報に乗り「江戸東京野菜弁当」を公の場で披露させていただける機会をいただきました。」という喜びのメールで、

石井さんの努力のたまものだ


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年03月14日

「第19回 福分けまつり」が、3月11日(土)亀戸香取神社境内で開催された。


「第19回 福分けまつり」が、3月11日(土)亀戸香取神社境内で開催された。

福分けまつりに先立ち、10時から地元亀戸地区の小中学校・幼稚園が参加して収穫祭が執り行われた。

子どもたちが参加すると云うので、保護者の皆さんも会場に集まり、年々賑やかになっている。

今年は、氷点下が続くなど栽培環境は厳しい日が続いて、プロの農業者でも難しい中で、良くできていた。





1-1-5-6.JPG

上の画像をタップする

主催者の地元商店街「かめの会」の皆さんは、早くから亀戸大根を、皆さんに配れるように紐付け作業をし、福分けみそ汁づくりには、亀戸勝運商店街の味噌屋丸定の女将や、喜連川さんの奥さんなどが味噌汁づくりに、大根を刻んでいた。

右から、資料を送ってくれた喜連川覚さん(発酵文化応援団店主)と、先日第二亀戸小学校の授業にお立合いいただいた福地憲一会長にご挨拶。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根