2017年05月22日

行きつけの昭島の丸義で、宮城県産の「ほや」を見つけたので晩酌用にさばいてもらった。


30代の頃、居酒屋で友人が注文した「ほや」を、うまいからと勧められて一口食べたのが病みつきで、一時すっかりはまっていた時期もあった。

住んでいた近くの鮮魚店に並んでいたのを買ってきたこともあったが、家内の気持ち悪いという言葉を尻目に、包丁を持ったが

さばき方がわからず、二つに割って食べようと包丁を無造作に入れたとたんに、パンパンに張っていたほやの体内から汐水のような液体が鉄砲水となって顔面を直撃したのにはびっくりした。

何度やっても切り方がわからなものだから、失敗を繰り返し、まな板周りをびしょびしょにしていた。





1-1-2-3-4.PNG

昭島に移り住んでから、マグロが食べたくなと隣駅・青梅線中神駅近くの住宅街にある「丸義」に行って買ってくる。

竜太郎社長のお父さん(初代社長) はお元気で板場を仕切っていて、鮮度のいい魚介類がそろっているから、同店のを食べるとほかのものが食べられなくなる。

同店には味にうるさいお客さんが、遠くから車でやってくるようだ。

上の画像をタツプする
孫が来るというので、家内と相談して手巻き寿司でもやろうか!、となった。

丸義では、マグロ以外も孫の好きなイクラやウニなども買ったが、宮城産の「ほや」があったので、晩酌用に一つさばいてもらった。

海中での形から海のパイナップルと云われる「ほや」、根のようなものも付いていることから植物なのかと思われがちだが、プランクトンを餌にしている海産動物。

さばき方がわからないままになっているので聞いてみ見たら、社長の弟さんが板場から出てきて教えてくれた。
突起物を切り落とすのがポイントだとか・・・・・
パンパンの「ほや」の切り方について、長年の疑問が解けた。

ほやの旬は5月から8月というから、しばらく食べられそうで、今度は自分でさばいてみよう。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2017年05月21日

練馬区立牧野記念庭園記念館で「牧野式植物図への道1 ―種の全体像を描くために―」6月3日から展示。


高知県立牧野植物園からの巡回展示として、「牧野式植物図への道1 ―種の全体像を描くために―」を、練馬区立牧野記念庭園記念館において、6月3日〜7月30日まで開催される。



1-1.PNG

上の画像をタツプする

ワークシップ
「葉脈の宇宙を旅しよう」はあの群馬直美さん
7月22日(土)


高知県立牧野植物園で開催された
「牧野富太郎の植物図」の巡回展

を2回に分けて開催される。

1回目 6月3日〜7月30日
2回目 8月11日〜10月9日

posted by 大竹道茂 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年05月20日

柏木の成子天神社で、新宿区立柏木小学校の4年生たちに、鳴子ウリの先生だ!と声をかけられた。


先日、新宿区立柏木小学校で、4年生の栽培が始まったことは当ブログで紹介した。

座学の中で質問がいくつもあったが、パワーポイントで説明しやすいように写真に撮っておこうと、新宿に出かける機会があったので、柏木の成子天神社に寄ってみた。

15時になろうという時間だった。
学校帰りの柏木小の生徒らしい4人のグループの1人が、「鳴子ウリの先生だ!」と驚きの声を上げたので、男の子2人と女の子2人が集まってきた。
境内を抜けての帰り道のようだ・・・・・





1-1.PNG

同神社には、平成9年にJA東京グループが建立した、「江戸・東京の農業 鳴子ウリ」の農業説明板がある。

授業で質問をした時には、建っていることを知る生徒はいなかったが、授業の後、見に来たらしく「あっちにあるよ」 と教えてくれた。

上の画像をタップする





続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2017年05月19日

江戸東京野菜の栽培農家の一人、練馬の渡戸秀行さんの畑の様子を見に行った。


江戸東京野菜の栽培農家の一人、練馬の渡戸秀行さんの畑の様子を見に行った。

渡戸さんには、昨年のこの時期に馬込半白キュウリのプランター栽培実習講座を行っている。

新企画として実施した「野菜収穫体験&山分け@ファーム渡戸」も行っていて、今年の取り組みを確認しに行ったもの。






1-1-2.PNG

渡戸さんが、江戸東京野菜を初めたのは、20数年前で、就農してすぐ馬込半白キュウリの栽培を始めている。

今年も馬込半白キュウリの苗を作っていた。
また、ネギとしては砂村一本ネギの苗もできていた。

砂村一本ネギは摂津の農民が砂村(現江東区砂町)に持ち込んだもの、今、小平市の宮寺光政さんに難波ねぎの栽培をお願いしていて、砂村一本ネギとの比較検証用に渡戸さんに数鉢いたただいた。

上の画像をタップする
雑司ヶ谷ナスは地元JA東京あおばが普及しているもので、苗はJAが持ってきてくれたと云う。
それ以外に、寺島ナスと内藤トウガラシ。

写真を撮るのを忘れたのが、八丈オクラで、滝野川ニンジンは採種用で抽苔が始まっていた。
現在、一番多くの江戸東京野菜を栽培している農家だ。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達

2017年05月18日

新宿区立柏木小学校の4年生が、新宿伝統の野菜「鳴子うり」の栽培授業を始めた。


江戸東京野菜の鳴子ウリで、栽培学習を行っている新宿区立柏木小学校(佐藤郁子校長) では今年も4年生が鳴子ウリ栽培の授業を始めた。

同校で、鳴子ウリ栽培が始まったのは2013年からだが、花は咲いても雄花ばかりで雌花がなかなかつかないことから、先生方の努力は反映されなかった。

翌年、佐藤校長が就任した年から、栽培指導に梶谷正義先生にお願いしている。





1-1.PNG

5時間目(13時40分から14時20分)1組教室、2組校庭、
6時間目(14時30分から15時10分)2組教室、1組校庭、

教室では、「江戸東京野菜の話 鳴子ウリ」のパワーポイントを作って説明を行った。
生徒たちは意欲的に質問に答えてくれた。

上の画像をタップする
生徒たちからの、質問もいろいろあった。
近くの成子天神社に、鳴子ウリの説明板があることを伝えたが、知っている生徒はいなかった。
しかし、柏木小の地域で本当に作られていたんだ!! と云うような表情だった。

成子天神社の成子と鳴子のどちらが正しいか?、と云うのもあった。
歴史のある神社の名前が優先して考えがちだが、昔の記録には鳴子と、成子の記録があることを伝えた。
しかし、それをわかりやすく伝える写真などが必要だとも感じた。

それでも、生徒たちの殆んどが興味を持ったらしくびっしりとメモを取っていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2017年05月17日

JA東京あおばの内堀常務から贈呈された江戸東京野菜の「雑司ヶ谷ナス」を、2年生が定植作業


練馬区立光が丘秋の陽小学校(関川健校長) の佐藤綾子栄養教諭から、今年2年生が栽培する野菜、特に江戸東京野菜を紹介してもらえないかと相談があり、

同校のある光が丘に本店のあるJA東京あおばに相談すると、
2011年に、豊島区立千登世橋中学で復活させた雑司ヶ谷ナスを提供し、栽培を指導してくれることになった。

同校の2年生は、全員で菜園の除草作業を楽しく行ったことは、同校のHPに掲載されたことから、当ブログで紹介した。

12日(金)の11時前に同校に伺ったが、間もなくJA東京あおばの、内堀比佐雄常務と、地域振興部農業振興課の上野正樹課長、渡辺耕造営農相談員、そして広報として経営企画の岩田麻衣子さんたちがみえた。





1-1-2.PNG

上の画像をタップする
授業が始まる前に、菜園を見ると、乾燥しきってぶかぶかの状況であることから、佐藤綾子栄養教諭とJA東京あおばの内堀常務をはじめ皆さんで、水やりと定植しやすいように穴掘り、準備作業を行った。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2017年05月16日

5月14日(日)BS日テレ「MY STORY」で、三國清三シェフが人生を変えた言葉を語った。 


ソシエテミクニの岡本さんから、5月13日(土)TBS「人生最高レストラン」と、5月14日(日)BS日テレ「MY STORY」に三國清三シェフが出演すると案内をいただいた。

三國シェフは、東京の食材に注目し、江戸東京野菜についても地産地消として積極的に使っていただいていることから、当ブログでも「カテゴリ」 の、「三國シェフと江戸東京野菜」 に120数日分がまとめてある。

三國シェフの料理人人生は、松木直也著の「ミクニの奇跡」(新潮文庫)をはじめ、三國シェフの著書にあるが、

これまでTVなどで断片的に語ることはあったが、「MY STORY」として、生い立ちから語るというので、興味深くご覧になった方は多かったようだ。





1-1.PNG
上の画像をタップする


番組ではMCの中山秀征さんが、三國シェフの本音を引き出して、ご覧になった方々が「今後を生き抜くためのヒントを学びます。」 と企画通りの番組に仕上がった。

三國シェフのプロフィールは、
1954年北海道増毛町生まれ、1971年帝国ホテルで修業、1974年ジュネーブの日本大使館の料理長に推薦される、1985年四谷にオテルドウミクニを開店、1996年ボンラツクグレートシェフズ オブアジア賞受賞、1998年世界のトップシェフ60人に選ばれる。2015年レジオンドヌール勲章受章。

ターニングポイントで学んだ言葉から人生のストーリーを紹介していくという番組


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2017年05月15日

鳴子ウリの苗をいただきに・・・、 昼食はワインテラスYUMEで、石川孝治さんのお野菜を


鳴子ウリの苗づくりをお願いしている、府中市の石川孝治さんには、4月に今年も宜しくとお願いしていてた。

鳴子ウリの栽培を授業で行う新宿区立柏木小学校での打ち合わせは4月14日に、栽培指導をお願いしている梶谷正義先生と同校を訪れた。

佐藤郁子校長のもとでお世話になった越田邦彦副校長が異動され、今年度からは新たに岩ア広明副校長、4年生の担任が大窪アヤ子教諭と坂本敬紘教諭と打ち合わせをさせていただいていた。

坂本先生からは、畑の準備をしましたと云うメールが来ていた。
菜園はおよそ4uで、梶谷先生の事前のメールによる指導で、肥料は、腐葉土15L、堆肥20L、化成石灰400g、苦土石灰600gを入れて耕したとあった。

また、12日の授業については、5、6時間目を使って、座学と定植授業を2クラス交互に行うことで打ち合わせは済んでいた。
5時間目・・・1組教室、2組校庭、6時間目・・・1組校庭、2組教室






1-1.PNG

授業で使う「鳴子ウリの苗」をいただきに、10日に石川さんのハウスを訪ねた。
前日、お湿りがあったので、作物は生き返ったようだった。
今年は、播種を遅くしたからまだ、苗は小さいと云っていたが、夏休み明けぐらいに収穫となると決して遅くはない。

上の画像をタップする
ハーブを主に栽培している石川さんだが、内藤トウガラシの栽培農家として新宿のまち興しにもかかわっている。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2017年05月14日

5月14日(日)BS日テレで三國清三シェフが人生を語る。

mikuni.PNG

5月14日(日)BS日テレ「MY STORY」に三國清三シェフが人生を語ります。
posted by 大竹道茂 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

八王子産の江戸東京野菜「川口エンドウ」のイベントに先駆けて、栽培地を視察した。


5月14日(日) ” 八王子の江戸東京野菜 「川口エンドウ」を知る講座&ランチ会” が10時から開催されるほか、

5月22日(月)から、26日まで江戸東京野菜コンシェルジュ協会が協力して、都庁第一庁舎32階南側の職員食堂で実施する 〜江戸東京野菜を食べよう !〜 シリーズ、は、「川口エンドウ」となった。

職員食堂を運営し 〜江戸東京野菜を食べよう !〜 シリーズ〜 を主催する西洋フードコンパスグループの森川洋一部長と斎藤和彦部長、同食堂の長谷川亜未管理栄養士は、毎回、開催前の産地を視察しているが、

今回は、多摩・八王子江戸東京野菜研究会の福島秀史代表の案内で、先日各生産者の圃場を巡った。





1-1.PNG

今年は、花が咲く頃になって、干ばつ状態で、生育が心配されていたが、4人の畑を見ると生産が早い方から、遅く定植した方まで、バランスがとれていて、均等に6月初めまでは収穫されるのではと思われた。

上の写真をタップする
森川部長たちご一行は、八王子駅から福島さんの車でJA八王子経済センター川口に、そこからご一緒して同JAの内山賢一センター長にも同行してもらい、川口エンドウ栽培普及プロジェクトリーダーの高野重春さんの圃場へ

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子の伝統野菜各種