2017年09月16日

第8回 和食アドバイザー検定 実技講習会「東京会場」の講師陣が発表された。


農文協で、10数年ぶりに群馬県の澁谷襄さんにお会いしたことは、当ブログで紹介したが、いただいた名刺には和食アドバイザー検定協会会長とあった。

2013年、ユネスコの無形文化遺産に「和食」が登録されたが、同年「和食アドバイザー検定協会」が設立されている。

同協会では、これまでジュニア和食アドバイザーを育成して来たが、ジュニア和食アドバイザー検定有資格者を対象に和食アドバイザー検定実技講習会を受けて、和食アドバイザーになると云うもので、今回は、会場を東京に移して開催される。



キewweチャ.JPG


前回お会いした時に、渋谷会長には、「お手伝いができることがあれば遠慮なく!」と云っていたが、その後協会事務局の林希巳与さんと、メールのやり取りをさせていただいていて、

第8回 和食アドバイザー検定 実技講習会「東京会場」の講師が発表された。

上の画像をタツプする
「東京の食材を知る」として、「江戸東京野菜と郷土料理」をテーマにご指名をいただいたが、講師陣についても相談を受けたので・・・・

「食の伝統を受け継ぐ」は、柳橋の佃煮屋「小松屋」の秋元治社長。
秋元社長には、内藤トウガラシの商品開発でお会いしていて、柳橋に伝わる江戸の味とて紹介したが、直接お会いし、味わい、講師にお願いしたと云う。

「食材力を引き出す」は、押上よしかつの佐藤勝彦さんで、東京の食材を都内農家に直接伺って買い求めてくることから、東京の農業・農家の情報をお料理と共にお客様に伝えていて、江戸東京野菜コンシェルジュ協会では講師をお願いしている

会場は、京王線千歳烏山下車5分、調理実習が可能な、ファーマーズマーケット千歳烏山の2階で行われる。

posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2017年09月15日

昭島市立拝島第二小学校(前田元校長) の3年生に昭島市の農業・農家・伝統野菜を伝えた。


地元昭島市の拝島第二小学校には孫娘が3年生の時に、杉本幸司先生が担任で昭島の農業を勉強するから、お話ししてほしいと依頼された。

孫が、うちのおじいちゃんは農業に詳しいとかなんか言ったらしい。そんな孫も来年は高校だ。

杉本先生から、今年もお願いしますと、早くからメールをいただいていたので、農家見学としてお願いしている美堀町の岩田英雄さんのお宅にも伺って、畑の様子も伺って、写真も撮ってきた。





1-1.JPG

3年生は3クラスで112名 体育館に全員が椅子を持って集まってきた。

杉本先生が事前に私のことを話してくれていたようで、大竹さんだ!、大竹さんだ!、と呼びかけてくる生徒もいた。

上の画像をタツプする
保護者の方も聞きに来てくれた。

最近は、耳が遠くなって時々生徒の質問が聞こえづらいとことがあるので、質問した後は生徒の中に入っていって聞いた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2017年09月14日

和食のブックレッド8巻の「ふるさとの食べもの」が発刊された。


和食のブックレッド(思文閣) が全10回で7回まで発刊されれたことは5月に当ブログで紹介した。
8巻は、今田節子先生(ノートルダム清心女子大名誉教授)と、清絢(食文化研究家)が執筆した「ふるさとの食べもの」。



1-1-5チャ.JPG

上の画像をタップする


11月には和菓子と日本茶(刊行予定)
2月には和食と日本酒(刊行予定)である。





posted by 大竹道茂 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2017年09月13日

秋葉原の東京都青果商業協同組合で実施された野菜塾で本部青年会に江戸東京野菜をレクチャー


先月、東京都青果商業協同組合本部青年会の吉野元さんにお会いしたが、から、同青年会が毎年行っている秋のイベント、今年は11月12日(日)に、秋葉原で実施する「やっちゃばマルシェ」で、江戸東京野菜を紹介し、販売も行いたいという話をいただいた。

それはありがたいことだが、今後東京の農業を支える青果小売店の皆さんに頼まれる都度、お手つだをしてるようではだめで、青果小売店の皆さんに江戸東京野菜を学んで自らの口で普及ができるようでなければ、一過性で終わってしまう。

東京の青果小売店の勉強会としては八百屋塾がある。2011年に講師として依頼されたこともあるが、本部青年会の皆さんにはまだだ。





1-1.JPG

同塾では、基本理念としている新鮮で美味しい野菜を地域住民に提供し、その地域の健康を保つと云う考えに基づき、青果小売業従業員等が集い学ぶために開催しているので、八百屋塾を開催することを吉野さんに提案していた。
上の画像をタップする

10日(日) 13時を過ぎたころ、秋葉原にあるビルの8階、東京都青果商業協同組合の部屋に皆さんが集まってきた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2017年09月12日

練馬大根の歴史文化を光が丘秋の陽小学校の6年生の授業で伝えた。


練馬区立光が丘秋の陽小学校(関川健校長) では毎年3年生が大根を栽培している。
1昨年から練馬区から配布を受けた伝来種(固定種)を栽培しているが、今年の6年生は3年生の時には青首大根を栽培したと云う。

10年前の練馬区独立60周年記念として、練馬の子どもたちに練馬大根を食べさせようと、練馬大根引っこ抜き競技大会を企画した。
給食で使われるようになったことから10年前から練馬の区立小中学校生は食べている。

しかし、練馬大根について特別に学んでいる学校があるとは聞いていない。

佐藤綾子栄養教諭が同校に着任した昨年から、理解力のある6年生に、練馬大根の文化と歴史の話をするようになった





1-1.JPG

6年生だと、消費者の皆さんにお話ししているレベルで十分理解してくれるから気遣う必要はない。

五代将軍徳川綱吉が、まだ右馬頭(うまのかみ)だった時代に、尾張から大根のタネを取り寄せて、練馬の農民に蒔かせた。 

大きなもので1メートルにもなる練馬大根を見て、江戸に来た大名はじめ旅人たちは驚き、こんな大根があったら、国元は生活が豊かになると、そのタネを欲しがった。

巣鴨から板橋の間に、種屋が集まり、タネや街道と云われるまでになった。
練馬大根のタネは全国に持ち帰られ、全国に練馬系大根が伝わっている。

練馬大根のものがたりを全員が真剣なまなざしで聞いてくれた。

また、練馬大根引っこ抜き競技会があることを知っている生徒も少なかった。

練馬大根を抜いてみたいという大人に協力してもらい、それを区の職員やJAの職員が洗って学校別に分けて送り届け、月曜日に給食で調理される。

大勢の人たちの協力があって、給食で食べられることを伝えたが、初めて聞く話しで真相がわかったようだった。

縦割り行政の中で、同区の都市農業課と教育委員会の情報の共有化が不十分なために、最終需要者の生徒や保護者に伝わっていない。

これらは重要なことで、練馬区の全小中校で同校のような取り組みが必要だとつくづく思った。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2017年09月11日

タネはあるけど栽培されなくなった「つまみ菜」の経緯を江戸川の農家に伺った。


8月11日に販売されたポテトサラダを食べた客から腸管出血性大腸菌O157が検出された、というニュースが全国を駆け巡った。
ポテトサラダが感染源としていたが、8月26日に調べたサンプルは、陰性と確認され、いまだに原因は究明されていない。

実は20年前にもO157事件が発生して、大きな事件となった。
あれは、大阪市堺市で発生したもので、時の厚生大臣は感染源を「カイワレ大根」とする記者会見を早々と行った。

これにより、カイワレ大根を生産する全国の生産者は大きな被害を受けたが、原因は判明しなかった。

先日、第五砂町小学校で行われた、砂村一本ネギの栽培指導で、江戸川にお住いの関口隆雄さんにお会いした。




2-1.JPG

関口さんは先代から引き継いだ「つまみ菜」栽培をしていた37歳の時、農業後継者として1974年日本農業賞東京都代表に選ばれた。
当時、畑の南側には東西線が南砂、葛西間の高架を作っていた。(写真は現在の小島町2丁目)

上の画像をタップする
そもそも「つまみ菜」は、江戸時代、深川の百姓、細川市右衛門が、蕎麦屋から何か青味がないかと頼まれた。
思いついて、油菜のタネを水に浸してから畑に厚蒔きし、葉が数枚出たところで、摘まんで収穫して持って行ったことが始まり。

その後、明治になって双葉が大きい雪白体菜が中国から入ってきた事からこれに切り替わった。
葉の形が「杓子(しゃくし)」に似ていることから「しゃくし菜」とも呼ばれている。

「つまみ菜」は、タネを蒔いて2週間、葉が2〜3枚出たところを朝採りで、片手で摘まんで専門の包丁で土がつかないように刈っていくからその名がある。

鮮度を重視するから消費地に近い深川で始まったが、都市化が進むと栽培地は東の砂村に移り、その後、関口さんのお宅が江戸川区西葛西に移転すると、お祖父さんやお父さんが栽培面積を広めていった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2017年09月10日

東京都市大学付属小学校の4年生が実施するミクニレツスン、9月は料理実習用の「秋野菜の種まき」。


東京都市大学付属小学校(重永睦夫校長) の4年生が実施しているミクニレツスン、9月は「秋の種まき、調理実習でつかう野菜を育てよう!」を実施すると、プロデュースしている松木直也さん(豆豆社)からメールをいただいた。

今回は、11月13日に行うミクニレツスンで「調理実習」を行うが、そのメニューのサラダに使う食材として野菜を使うことから、種まきを行うと云うものだ。





1-1-1-2チャ.JPG

10時45分から桐組(担任宇敷先生)、11時35分から桜組(今井先生)と2回に分けて、教室と教室の間の踊り場にブルーシートを敷いて実施した。

上の画像をタツプす。
三國清三シェフのトークで授業は始まった。
僕はアメリカの西海岸、ナパバレーに行って来ました!、皆さんは夏休みにどこに行ってきましたかと生徒に問いかけると、三國シェフと同じように外国に行ってきた生徒も大勢いた。

今回講師として招かれたが、栽培指導は小平で江戸東京野菜を栽培している宮寺光政さん、助手としては江戸東京・伝統野菜研究会の由井和也さん、そして、世田谷でイタリアンレストラン「ジータ」を経営している福田耕二シェフが加わった。

丁度、教育実習をしている東京都市大学の学生も参観していた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2017年09月09日

新宿区立柏木小学校の4年生が鳴子ウリの栽培授業の最後にみんなで食べた。


新宿区立柏木小学校(佐藤郁子校長)の4年生は地元柏木の伝統野菜「鳴子ウリ」の栽培を毎年行っている。

今年も梶谷正義先生が、何度も夏休み中の学校に足を運んで、栽培指導をされていた。
今年の天候は同校が2013年から始めて5年目になるが、こんな天候ははじめてだった。

梅雨は7月までは雨が残ることがあっても、8月になると暑い日が続くと云うのが例年だが、

今年は、7月が暑い日々が続き、8月になると20日間も雨が降り続くという状況で、東京でも果菜類の生産現場では花が咲かないので実がつかないなどの被害が出ていた。

柏木小学校の鳴子ウリも、幾つも実を付けたものの、8月に入って雨が降って、陽が出なかったことや、温度が上がらなかったことから、実が大きくならずに落ちてしまった。





1-1.JPG

例年4年生全員が授業で食べる分の鳴子ウリは、府中市西府の石川孝治さんにお願いして、8月末頃に収穫してもらっているが、今年の天候は作りなれた石川さんでも苦労され、8月中下旬に実になる雌花が咲かなかったことから、上旬に実ったものを提供してもらって同校の冷蔵庫で管理していた。

当ブログで紹介したが、練馬区三原台の酒井利博さん(JA東京あおば副組合長) が作ってくれていて、授業当日10数個の鳴子ウリを持参してくれた。

上の画像をタップする
写真上、右から酒井利博さん、新宿区立戸山図書館の大城澄子館長、企画広報担当の福田梓さん、予約・雑誌・システム担当の伊藤司浩さん。

写真中段左の左から、NPO法人ジャパンハーブソサエティーの岡田和子さん(イベント委員)は、都庁の食堂で実施した江戸東京野菜を食べようのイベントに来られていたので、お誘いしたもので、塚本有子さん(イベント委員長)を誘って参観されていた。

写真右下は梶谷先生。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2017年09月08日

鎌倉大根を栽培する、鎌倉市立御成中学校の生徒たちが、新たな研究テーマを模索!!


鎌倉大根の普及活動は、鎌倉皆さんを中心に鎌倉大根未来研究クラブが活動を展開しているが、このほど鎌倉市立御成中学校の生徒たちへのプレゼンテーションに出かけた。

同校では、昨年から科学部栽培班によって栽培を始めているが、今年は、顧問の先生が変わられたことや新入生か多く入ったことから、プレゼンテーションを実施したもの。




1-1.JPG

そこで、パワーポイントでは、鎌倉大根の発見から普及までのお話をした。

鎌倉市長にも要請したのを始め、
鎌倉の農家山森さんが栽培し、鎌倉市農協連即売所で販売したことから鎌倉野菜に加わった。

全国紙の農業共済新聞が一面トップで扱ってくれたことで、全国的に知られるようになった。

最近では、渡邉公子先生が染色に取り組んでくれ、鎌倉大根の活用が新たに開けたが・・・・・。

上の画像をタツプする
同校では女生徒を中心に、鎌倉大根による染色工芸に注目し、取り組みたいとの、希望が寄せられてた。





2-1.JPG

鎌倉大根未来研究クラブでは今年も、
第3回 鎌倉大根収穫祭が開催される日程が決定した。

上の画像をタツプする
今回から、鎌倉大根応援団を募集すると云う。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉大根

2017年09月07日

第五砂町小学校の近くに砂村新田の開拓者 砂村新左衛門の顕彰碑を見つけた。


先日、江東区立第五砂町小学校で砂村一本ネギのタネを5年生が4年生に伝達し、そのタネを蒔く授業が行われたことは、当ブログで紹介した。

遠くから行くものだから遅れてはいけないとの思いから、時間を間違えて1時間も早く着いてしまった。
折角、時間が出来たので、砂村の情報を収集しようと付近を歩いてみた。

五砂小から北に少し歩いた交番の裏に、富賀岡八幡宮があったので寄ってみた。

夏祭りが行われているのか、幟の他、テントが張られたままになっていたが、鳥居をくぐった左側に、砂村新田開拓者 砂村新左衛門顕彰碑が建立されていた。

砂村が、江戸の農業先進地になっていった、基盤を作った人物だ。





a-1チャ.JPG

上の画像をタップする

碑文を読むと

福井県鯖江市出身の砂村新左衛門と、その一族が宝六嶋を拠点として、湿原や浮州を干拓と埋立てによって、砂村新田を万治二年(1659)に造成しました。その範囲は現在の南砂一丁目から七丁目までと東砂八丁目を含むほぼ全域に当ると伝えられています。

私達が住む砂町の基礎を築いた偉大な開拓者、砂村新左衛門の遺徳を偲び、後世に永くその功績を顕彰するため、心ある人々の協力を得て同氏にゆかりの深い元八幡宮境内に記念碑の完成を見ることができました。
平成十一年十一月二十一日建立 室橋昭謹書

第五砂町小学校は東砂八丁目にある。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報