2021年12月17日

昭島市立中神小学校の4年生に江戸東京野菜の拝島ねぎの歴史文化を伝えた。


昭島市立中神小学校((松井茂校長)での江戸東京野菜の授業は、
まず3年生の授業を行っている。
4年生は、江戸東京野菜の拝島ネギ栽培授業を、2月に実施予定だが、
それ以前に拝島ネギの給食が出ることから、
その一日前に拝島ネギの授業が計画されていた。

4年生は2クラスあることから授業は、体育館で行われた。






1-1-8.JPG

授業では、パワーポイントをステージ上のスクリーンに写して
説明を行った。

初代保存会会長の鈴木勇作さん。

上の画像をタップする
拝島ネギは、昭和の初めに水戸から拝島にやってきたネギで、
拝島の気候風土にマッチして、長年の栽培の中で、拝島ネギとなった。

肉質は柔らかく、生では辛味が強く、加熱するととても甘い
しかし、病気や風に弱く、しだいに栽培されなくなった。
昭島の農業の未来のために、拝島ネギの復活に取り組んでいる。



続きを読む

2021年12月16日

東京女子学院高等学校、フードカルチャー(FC)コースの授業に練馬大根を持ち込む。


クリスマスも間近、東京女子学院高等学校の玄関脇のコーナーには
クリスマスツリーが飾られていて
電飾の星が輝いていた。

同校では、江戸東京野菜を学校近くの菜園で栽培しているが、
11月末に霜が降ったというので、菜園の様子は報告している。

また、牛乳パック栽培の小松菜で、
お雑煮がつくられたことも紹介してきたが

この日は、フードカルチャー(FC)コースの授業が予定されていた。






1-1.JPG

毎回そうだか゛、準備もあるので少し早めに行って、
渡邉和嘉さんとは9時に校門で待ち合わせた。

上の画像をタップする
食堂脇の展示スペースに、練馬大根が展示された。

この日の予定は、菜園で栽培している、練馬大根、亀戸大根、
品川カブ、伝統小松菜の間引きと手作業で害虫駆除。

その後、教室に戻って、練馬大根で「すずしろ汁」の調理を行う。

練馬大根は、村田農園で栽培したのを、運んできていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根

2021年12月15日

第一亀戸小学校の3年生に、亀戸福分けまつりや、亀戸大根のお話をしてきました。


亀戸香取神社で毎年3月に執り行われる福分けまつりには、
地元の小学校や幼稚園で栽培した亀戸大根が奉納されるが、
地元亀戸での、亀戸大根の様子は第一亀戸幼稚園をはじめ、
企業の取り組みも紹介している。

第一亀戸小学校の3年生も栽培しているが、現状では亀戸大根の
播種はしているものの、亀戸大根の授業が行われていないようで、

栽培する3年生を対象とした授業はいかがかと、担任の先生に相談、
地域の事を学ぶ授業として実施が決まった。





1-1.JPG

亀戸香取神社に近い同校では、神社の近くを通ってくる児童も
いるようで、授業に集中させるように知っているところから入った。

上の画像をタップする
亀戸大根の福分けまつりが始まったのは、香取神社の境内に、
亀戸大根の農業説明板を立てたことからで、第1回が1999年11月に
地元の第一亀戸小学校でも、亀戸大根の種まきが行われ、2000年から
福分けまつりが行われている。

第一亀戸小での栽培は21年も続いている事をお話した。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2021年12月14日

牛乳パック栽培の伝統小松菜で、美味しい江戸前のお雑煮が出来上がった。


東京女子学院高等学校のフードカルチャ―(FC)コースでは、
江戸東京野菜の栽培をしている。
寺島ナスの栽培と共に、伝統小松菜の牛乳パック栽培を行っていたが、
水やりなど馴れない作業もあったようだ。

このような中で、江戸東京野菜の菜園が近くに出来、
ここにも余っていた伝統小松菜の種を蒔いた。





1-1.JPG

牛乳パック栽培には、生育に限度があることから、
食べられる状態となったところで、調理授業でお雑煮を作って
食べたとの報告と写真を保積栄理教諭に送って頂いた。

上の画像をタップする



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2021年12月13日

2年ぶりの開催となった「更科堀井 冬の会」更科蕎麦と江戸東京野菜を久しぶりに頂いた。


更科堀井 四季の会、は昨年の2月に開催して以降、新型コロナウイルスの感染拡大となったことから中止を余儀なくされていた。

この間、「蕎麦屋さん&生産者産を支援する会」が結成され、「新・江戸蕎麦ごちそう帳」が始まり、これまで3回実施されている。

四季の会の再開は、19回の冬の会で、実施に当たっては、11月に林幸子先生のアトリエグーで、打ち合わせを行っていて、12月6日(月)、7日(火)に実施することが決まった。




1-1.JPG

「常陸秋そば」を使用している他。「とうきょう特産食材使用店」

上の画像をタップする
江戸ソバリエ協会のほしひかる会長の司会進行で始まった。

総本家更科堀井の堀井良教社長が挨拶
更科堀井四季の会は、年4回の実施で、今回が19回です。
クイーンエリザベスがニュースになっていたころから、
1年と10か月を経て再開で、店としても大変うれしく思っています。
これからは、新型コロナの様子を見ながら注意をしてまいります。

今回は、林先生のエネルギーが伝わってくるメニューは、
ストレートな味わいで、皆さんに元気になって頂ける料理です。
お楽しみください。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ

2021年12月12日

都庁32階の食堂「ユーレストジャパン」の、伝統大蔵大根で「ぶり大根」300食完売!!


東京都庁食堂階・32階南側の食堂「ユーレストジャパン」の
長谷川亜未管理栄養士が、世田谷の大塚信美さんの伝統大蔵大根で、

1月18日「東京X豚と大蔵大根の煮物」と
25日「大蔵大根の菜飯
」を販売したが、

大好評で、12月8日には、ブリ大根で大蔵大根を使いたいと、
大塚さんに注文したようだった。




1-1.JPG

8日に、長谷川管理栄養士から写真が送られてきた。旨そう!

上の画像をタップする
本日実施しましたぶり大根の写真をお送りいたします。
40`発注で300食完売いたしました。」

「亀戸大根については教えていただいた生産者と連絡がとれまして、
1月に100本お願いしました。
納品の日程については1月入りましたらすぐに
調整ということになりました。
」とのこと。

楽しみだ。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根

2021年12月11日

12月6日の学校給食に、JA東京あおは石神井支店の洗い場では練馬大根の配送作業に忙しい。


練馬大根引っこ抜き競技大会は、今年は、石神井地区で、
南田中の榎本多良さんの畑で開催されている。

抜かれた大根は、月曜日の学校給食として98校の区立小中学校で、
練馬大根の料理が出される。

大会途中だったが、洗い場に向かうために
練馬大根を摘んだトラックに乗せてもらった。
運転手は、早稲田ミョウガの井之口喜實夫さんの甥に当たる
井之口拓夫さん(写真中央)だった。





1-1.JPG

上の画像をタップする
JA東京あおばの駐車場には、洗い場が三つと。
洗った大根を学校別に袋詰めを行う作業に分かれていた。
JA東京あおばの職員と、教育委員会の職員が対応していた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根

2021年12月10日

第15回練馬大根引っこ抜き競技大会が、今年は南田中の榎本さんの畑で開催された。


練馬大根引っこ抜き競技大会は、練馬の小中学生に地元の伝統野菜「練馬大根」を食べる機会を作ろうと15年前の2007年に始まった。

当時、練馬区の人口は70数万人、しかし、栽培している練馬大根は12千本程度だったことから、名前は聞いたことがあるけど、食べたことが無いという区民が多かった。
しかし、農家の方に栽培を依頼すると「抜いてくれるなら」と条件が付く。

長い大根は抜くのが大変で、交配種の青首大根が普及していたことから、改めて栽培することに躊躇する生産者が多かった。
そこで、区民の皆さんに手伝って頂こうと、競技大会が始まった。





1-1-9.JPG

大会は、大泉地区、石神井地区、練馬地区の畑を回って開催しているもので、榎本さんは第9回で開催しているから、2回目の開催となった。

榎本さんは、練馬大根の抜き方の指導を行った。

榎本さんには、雑司ヶ谷ナスの栽培をお願いしている。
続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根

2021年12月09日

江戸東京野菜コンシェルジュ限定「旬の江戸東京野菜を深堀する!」をZoomで配信


コンシェルジュ協会では、新型コロナウィルスの感染拡大の中で、計画されていた活動は中止など自粛をしてきたが、今年度からは、理事会や総会は、Zoomによって実施して来た。

活動の新たな展開として、Zoomによる活動を検討してきたが、このほど事業の実施にむけて、理事が担当を分担して、コンシェルジュの皆さんにも協力をいただき、今回の企画を実施したもの。

10時半からの実施に当たって、理事は10時からZoomにより、担当の確認を行った。





1-1.JPG

川並三也理事は開始の挨拶として、
この度の企画実施に至る経過と主旨について語った。

上の画像をタップする。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2021年12月08日

上原恭子の江戸東京野菜の美味しい食べ方。練馬大根・高倉大根料理編


江戸東京野菜コンシェルジュ協会の上原恭子理事が送る
江戸東京野菜の美味しい食べ方。練馬大根・高倉大根料理編

高倉だいこんは、練馬系大根の一つ。



0-1.JPG

Zoom講座の様子
パワーポイント資料と作ったダイコン料理を2台のカメラで
皆様にご覧いただきました。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業