2020年02月23日

港区高輪図書館の生活セミナーが22日(土)、「四百年の歴史を伝える江戸東京野菜」として開催された。


港区高輪図書館から依頼されていた生活セミナーの「四百年の歴史を伝える江戸東京野菜」は、前日(21日)秋田からの帰りの新幹線の中で担当の竹田泉さんから電話をいただいた。

予定通り実施するのでレジュメがあれば送ってほしいとの云うものだった。
明日のセミナーは実施するのかと云う問い合わせもあり、30名の募集のところ33名が来ているという状況だった。

当日は、資料を持って、図書館のある高輪コミュニティーぷらざ に1時間前に着いたので、 2階のレストランでランチをと店に入ったら、手を振る人がいて、よく見たら、大船の江戸東京野菜コンシェルジュ・木梨峰夫さん。何かお手伝いをすることがあればと云ってくれた。





1-1.JPG

講演の時間は2時間だが、中程で10分の休憩をとってくれと云う。

上の画像をタツプする

港区にお住まいですと、東京の農業についてはご存じない方もいらっしゃるかもしれないので、まずは、東京の農業について説明を行った。
都市農業としての23区内、北多摩、南多摩の農業、
中山間農業の西多摩奥多摩では奥多摩ワサビ、五日市ののらぼう菜、
洋上1千キロの小笠原諸島では、亜熱帯の作物も栽培されている。

東京都中央卸売市場に入荷する野菜の殆どが、東京で栽培されている。

また東京の農業には歴史もある。
大政奉還により、大名たちは国元に戻ってしまった明治の初期、
空き家になった大名屋敷は牧場になり、
イギリス大使館(千代田区)のところ坂川當晴の牛乳舗があった。

千代田区には14、中央区には15、そして港区には29の牧場があった。

皆さんがお住いの港区にこんなにあったことに驚かれた反応があった。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2020年02月22日

3月15日(日)刊行に向け、「江戸東京野菜の物語」平凡社新書は1か月を切った。


平凡社新書として「江戸東京野菜の物語」を刊行するとご案内しましたが、

その後、初稿著者、著者校正と校閲を終えて、3月15日(日)、各書店に並んだ。

立川まで出る用があったのでの、立川のオリオン書房各店に積んであったが、ノルテ店の新書新刊コーナーを撮った。イトーヨーカドー昭島店のくまざわ書店にも平置きしてあった。


1-1-b.JPG

上の画像をタップする
お読みになった方々が早速、メディアで紹介していただいた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2020年02月21日

日々の「ベネッセおうちごはん」は、地産地消の東京食材で好評。


先日、NEWS TOKYOの.編集などを行っている津久井美智江さんから電話を貰った。
津久井さんには、トップインタビューでは紹介もしてもらった。
普及を始めた頃には江戸東京野菜の連載をしてもらっている。

東京の食材を使ったお弁当を提供している、ベネッセパレットの方をお連れするから、江戸東京野菜の話をしてほしいというので、立川のJA東京中央会で、水口均さんにも加わってもらった。

ベネッセおうちごはんについては2016年に、津久井さんが情報を提供し協力されていることは伺っているが、同社の方を紹介したいということ。




1-1.JPG

上の画像をタップする

経営企画部の藤原隆行部長と制作担当の中村香織さんがお見えになった。江戸東京野菜をはじめ、東京の食材を使った地産地消の「おうちごはん」は好評のようで、

今後江戸東京野菜の生産者の拡大に向けて、中央会の水口さんも取り組んでいるだけに、日々のお弁当に使っていただけることは、ありがたいことで、今後、生産者の栽培状況なども提供していくことになる。

追録
配達エリア【東京都】世田谷区、目黒区、品川区、大田区、
杉並区、渋谷区、中野区、練馬区、板橋区、北区、文京区、
豊島区、新宿区、調布市、狛江市、三鷹市、武蔵野市、
【埼玉県】さいたま市南区・浦和区・中央区・桜区(一部除く)、
川口市(一部除く)、蕨市、戸田市
【神奈川県】川崎市中原区、川崎市幸区、川崎市宮前区

2020年02月20日

江戸東京野菜講座の日程が決定!!。コンシェルジュとして活動しませんか


江戸東京野菜コンシェルジュ協会では
入門講座と資格取得の総合コースを実施しています。

皆さんお仕事に生かしたり、ライフワークの一つとして、
生産者や仲間との交流を楽しんでいます。
今年度の、総合コースでは、
参加しやすく、内容充実の講座にいたしました。



1-1.JPG

上の画像をタップして、詳細をご覧いただきご参加ください。

ベテラン農家に聞くは、檜原村で復活普及活動に取り組む
鈴木留次郎さんです。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2020年02月19日

駅弁の大増が、東京駅で江戸東京野菜も使った「東京野菜のいろどり寿司」を販売している。


エヌアールイー大増様からのご注文で東京の野菜を使った「東京野菜のいろどり寿司」のお弁当を1月20日から販売しています。」と果菜里屋の高橋芳江さんからメールをもらった。

大増は東京駅を中心に、駅弁を製造販売をしていて、昨年、同社商品開発部の白木克彦部長にお会いしていて、江戸東京野菜のお話しさせていただいた。

練馬の渡戸秀行さんの練馬大根、滝野川大長ニンジン、江戸川の木村重佳さんの亀戸大根、を使っています。他に東京産の小松菜の漬物、東京ウド、奥多摩わさび、しんとり菜、小坂良夫さんの谷中ショウガを果菜里屋で甘酢漬けにして、また練馬大根、亀戸大根を使った福神漬けを果菜里屋が作って納品しています。





1-1.JPG

「お店は東京駅八重洲口の改札を入ったところにあるんです。
機会がありましたらいらして下さい。
」とあった。


続きを読む

2020年02月18日

2月22日(土)放送 テレビ朝日「ごはんジャパン」18時〜1時間スペシャル「江戸東京野菜 & 静岡海の幸」


テレビ朝日の取材は12月から始まっていて、当ブログでも紹介していたが、このほど番組放送日が決定したので紹介する

主役は、江戸東京野菜を栽培する都立瑞穂農芸高校の女学生たち。




1-1.JPG

上の画像をタップする

生徒たちが栽培した江戸東京野菜は、下山千歳白菜、馬込三寸ニンジン、伝統大蔵ダイコン、雑司ヶ谷カボチャ、内藤トウガラシ、高倉大根の切り干し、で、

これに、井之口喜實夫さんが栽培した、伝統小松菜、千住ネギ、練馬大根を使って、和食の料理人 堀内さやかさんが、お料理にしたというから、番組が楽しみだ。

追録「練馬大根」

同番組では2019年1月19日に練馬大根が放送されている。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2020年02月17日

2020全国伝統野菜サミット in 秋田湯沢 〜発酵文化を彩る伝統野菜〜が来週に迫った。


2020全国伝統野菜サミット in 秋田湯沢 〜発酵文化を彩る伝統野菜〜 が2月20日(木)、21日(金) 秋田県の湯沢グランドホテル等で開催されることは、ご案内している。

この時期、三関セリのシーズンだそうで、
20日の2部では 発酵食文化を彩る伝統野菜 試食交流会(参加費 5000 円) が予定されていて、「三関セリ味噌かやき」「仙台セリ鍋」等が試食できる。





1-1-2-3.JPG

また、翌日の3部では 湯沢市 雪中の三関セリとひろっこの圃場の現地見学会(参加費あり)もあり、三関セリのお土産も買えそうだ。

上の画像をタッブすると、当日のプログラム
結構、東京からも参加されるようだ。

あきた郷土作物研究会の吉尾聖子副会長から、当日ホテルで江戸東京野菜を展示することもできますと云うので、流通を担ってくれている果菜里屋の高橋芳江さんと相談すると、練馬大根、亀戸大根、東京ウド、千住一本ネギ、早稲田ミョウガタケ、伝統小松菜(ごせき晩生小松菜)などを、送ってくれるという。
ご自身も同志の皆さんと参加するという。心強い!!
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2020年02月16日

鎌倉福来鳥の女将佐藤祐実那さんがBE-PAL 3月号の田舎賢人に掲載された。


第10回 高円寺演芸まつりの「うおこう寄席」で、江戸東京野菜講談の真打田辺一乃師匠が講じたが、鎌倉福来鳥の女将佐藤祐実那さんは遅れて、講談が終わったところで店に来られた。

鎌倉の佐助稲荷神社に伝わる伝説の大根を鎌倉大根として、復活普及を行っているが、うおこうの女将つるみさんが、応援していて、昨年11月に開催された「鎌倉大根収穫祭」では

料理関係のリーダーをされたことから、今回お誘いしたようだ。




1-1.JPG

上の画像をタップするとうおこう寄席

懇親会では、皆さんに鎌倉大根の謂われについて紹介されていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2020年02月15日

浅草葱膳では2月15日(土)、16時から浅草神社境内で千住ネギが配られる。


浅草葱膳(田中庸浩社長)では、2月12日(水)に、江戸東京野菜の千住ネギ「江戸千住」を、地元の浅草神社で、五穀豊穣、商売繁盛を祈願していただいた。

今回の、江戸千住ネギは、足立の内田宏之さんと、練馬の井之口喜實夫さんが栽培したもので、地元墨田区立の千束小学校と浅草小学校で取り組んでいる食育授業で栽培されたネギ数本も加えられている。




1-1.JPG

上の画像をタップする

祈願された千住ネギは、15日(土)、浅草神社境内のトラック前で、浅草葱膳の袋に入れてお配りいたします。お立ち寄りください。

浅草神社は、浅草寺の雷門を進んだ先にあり、境内の植え込みの中には、江戸東京の農業説明板「檜前の馬牧」が建立されているのでお近くに寄ってお読みください。

追録

16日(日)には、練馬の井之口さんの畑で千住ネギの野焼きパーティが開催される予定だ。

2020年02月14日

高円寺演芸まつりの「うおこう寄席」は江戸東京野菜講談の田辺一乃師匠を迎えて行われた。


高円寺演芸まつりが開催されていることは、ご案内をしていたが、
先日、高円寺のうおこう寄席で、江戸東京野菜をご紹介した。

毎回、前日に生産者のお宅を回って、野菜を集めてくるが、
金町コカブ、亀戸大根、品川カブ、東京ウド、江戸城濠大根、
練馬大根、伝統小松菜、千住ネギを集めてきた。

直接農家を回って集荷することは、農家のご苦労を伺ったり、
他の江戸東京野菜の栽培を依頼することもあり、
生産者に会う機会を増やすことは重要だ。






1-1.JPG

上の画像をタップする
14時からというので早めに伺ったが、庚申道り商店街のチラシには、
各席亭の案内が掲載され、なんと大竹道茂の似顔絵が描かれ、
亀戸大根、下山千歳白菜、馬込三寸ニンジン、
馬込半白キュウリ、伝統小松菜、内藤カボチャも描かれていた。

この似顔絵、日本落画家協会の湯沢ひとし先生が描いてくれた。

演芸は、松井つるみ女将が、
新調した江戸落語研究会の法被を着てのあいさつで、始まつた。
松井女将は、江戸東京野菜コンシェルジュ1期だから、
早くから演芸まつりに江戸東京野菜を取り入れてくれていた。

会場には、同じコンシェルジュの
佐々木昭理事と、9期の渡邉和嘉さんと亀島由美子さんが来ていた。
また、荻久保保健センター健康づくり自主グループ連絡会
渡辺修也代表
も来てくれていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | イベントの紹介